03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

    ふくしまラーメンショー2017 開幕迫る! 

    開幕まで一週間を切った『ふくしまラーメンショー2017』ですが、福島中央テレビの公式HPでは、出品作の詳細が公開されています。 

    画像をクリックしていただければ公式サイトに移動します。

    kanazawa.jpgtouka.jpg

    kotetu.jpgkamome.jpg

    ra-menkumi.jpgsirakami.jpg

    koganeya.jpgjiro.jpg

    ganja.jpggonokami.jpg

    今年からつけ麺が解禁となったことで今まで以上にバラエティー豊かなラインナップとなっていますが、10日間という長期開催なので何度もリピートして全制覇するのも可能ですね。

    hikomaro.jpg
    beer.jpg

    初日限定ですが今年はスペシャルゲストとして彦摩呂さんも参加されます。 さらに16時以降は生ビールが300円で楽しめてしまう「ハッピーアワー」は、ビール好きには見逃せないところでしょう♪ 

    最後にイベント期間中の会場周辺の駐車場を掲載しておきます。 
    ※郡山女子大付近の駐車スペースは日時が限定となっておりますのでご注意ください。

    map.jpg





    category: ふくしまラーメンショー2017

    Posted on 2017/04/22 Sat. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    ふくしまラーメンショー2017 開催のお知らせ 

    すっかりGWの恒例イベントとなった『ふくしまラーメンショー』が本年も開催されます。 
    第6回目になる今回は4月28日(金)~5月7日(日)の10日間という、史上最長のロングラン開催です。

    2017tuitle.jpg2017 詳細

    出店社は例年通りの全10店舗になりますが、昨年1位、2位のシード出店と地元・福島チームの3店以外はすべて福島初出店となります。
     
    出店社は以下の通りです。


    ◇金沢麺達兼六会(石川)

    ◇鯛塩そば 灯花(東京)

    ◇福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊(福島)

    ◇麺や 虎鉄(北海道)

    ◇かもめ食堂(宮城)

    ◇白神中京麺人会(岐阜)

    ◇こがね家(兵庫)

    ◇麺屋 二郎(鹿児島)

    ◇頑者(東京)

    ◇五ノ神製作所(東京)


    今年の大きな変更点は、ついにつけ麺が解禁となったことでしょう。  『頑者』さん、『五ノ神製作所』さんの二店がそれになりますが、どのような品を楽しませてくれるのか期待してしまいますね♪ 

    ちなみに、先週末開催の『中テレ祭り2017』にて先行配布されたPOPには出品作も掲載されておりましたが、主催者の正式発表がありましたら、またお知らせさせて頂きたいと思います。

    チケットは全国のセブンイレブンで本日から販売開始されています。

    category: ふくしまラーメンショー2017

    Posted on 2017/04/01 Sat. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    麺屋 信成 

    この日は次女の車購入のため、郡山市安積町周辺の自動車販売店を何軒か巡っていました。 どうにも巧い具合に商談がまとまらないのでこの日は諦めることにして、次女のリクエストで『麺屋 信成』さんを訪問しました。 

    shinsei2763.jpg

    14時頃でも店内はほぼ満席に近く、いつもの指定席も先客さんが座っておられたので、珍しく小上がり席に上がり込んでみました。 次女はいつもの如く「辛玉豚骨」で即決。 私は『信成』さんツートップの一翼を担うこちらをオーダーしました。


    黒醬油 (※味玉サービス)
    800円

    shinsei2764.jpg

    言わずと知れた不動の看板メニューにして、多くの中毒者を排出している魔性の漆黒ラーメン。 醤油テイストは濃厚でも塩味は驚くほどマイルドで、動物系清湯の分厚い旨味とほんのり甘いニュアンスが味覚を席巻します。 ミル挽きブラックペッパーの風味も無くてはならないアクセントで、香辛料のスパイシーさが旨味の輪郭を明瞭に浮かび上がらせます。

    shinsei2765.jpg

    薄くスライスされた肩ロースチャーシューは、脂身の口溶けもフワッと柔らかく、旨味に品の良さがあります。 これ以外にも大ぶりなモモ肉チャーシューも敷かれ、チャーシューメン並みの食べ応えを楽しませくれます。

    shinsei2766.jpg

    極太メンマはコリっとした軽快な歯触りで、脇役らしからぬ存在感を発揮。 いつもよりもちょっと盛りの良かった刻みネギは風味と辛みでスープの味わいに奥行きをもたらしながら、フレッシュな水菜の瑞々しさとほろ苦さを伴い、味覚をリフレッシュしてくれます。

    shinsei2767.jpg

    低加水系の中細ストレート麺は、食べ始めは硬質感のある小気味良い歯応えが楽しめ、次第にスープの旨味を吸ったエクストラな美味しさへと変化。 麺そのものの美味しさも秀逸ですが、スープとの絶妙な絡みも大きな魅力の一つです。 

    次女はとにかく『信成』さんの豚骨の大ファンで、私がいくら進めても豚骨以外には目もくれない罰当たりなヤツなのですが、この日は珍しく「黒しょうゆ」に興味を持った様子。 レンゲで何度かスープを掬って味見していましたが、「これって何で出来てるの?」と、初めて口にしたスープに少々驚いていました。 

    もしかしたら、 “ 黒しょうゆ中毒 ” の禁断の扉を開けてしまったのかも?・・・( *´艸`)


    最後にお知らせです。 来たる3月11日(土)、12日(日)の二日間にかけて、福島市の『チャンネルスクエア』にて「チャンネルスクエア2周年子ども祭」が開催されます。

    イベントの一環として有名アーティストとコラボしたスペシャルなラーメンが提供されるそうですから、どうぞお楽しみにしてください。

    category: 郡山市

    Posted on 2017/03/03 Fri. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0