03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

    アルカディア 

    家内と出掛けた南会津プチ旅行の二日目です。 
    前日は南会津町のホテルに宿泊させて頂いていましたが、朝食もそこそこに宿泊先を出立して、秘湯として名高い木賊温泉や桧枝岐村方面にも足を延ばし、帰りしなに昼食を摂ろうと初めて立ち寄らせて頂いたのが『アルカディア』さんです

    alkadhia1480.jpg

    ちょっとした山小屋風の大きな店舗が特徴的ですが、以前は田島の街中で営業されていて、震災以降に現在の場所に移転されたそうです。 数キロ先には会津鉄道の会津高原尾瀬口駅があるものの、それ以外にはこれといって何もない人里離れた郊外のロードサイド店ですね。

    品揃えは麺類中心ですが、中華丼やチャーハンなどのご飯ものも幾つか取り揃えられます。 季節限定品にはなりますが、「しいたけラーメン」や「なめこラーメン」なんてレアなメニューもありましたねw( ̄▽ ̄;)w  品数豊富でどれにするか決め兼ねたので、店員さんお勧めのメニューをオーダーしてみることにしました。


    タンタンメン
    750円

    alkadhia1481.jpg

    いわゆる本格中華のそれとは仕立て方の異なる、お野菜たっぷり担々麺です。 スープはピリッとした辣油の辛味が感じられます。 胡麻風味はことのほか軽めなのですが、挽き肉や野菜の旨味と、それらを炒めた香ばしさが食欲を掻き立ててくれます。

    alkadhia1476.jpg

    四川山椒は用いられていないようで、独特のシビレや爽やかな香りはありません。 濃厚な白胡麻ペーストにがっちり麻辣を効かせたヘビーデューティー仕様にあらず、担々麺としては端麗な部類に属する一杯と言えるでしょう。

    お勧め頂いた店員さんからは「なかなか辛いですよ」とオーダー前に念押しされましたが、辣油の辛味さえ苦手としなければ敷居はそれほど高くはないと思います。

    alkadhia1479.jpg

    こちらは自家製麺を使用されています。 なんでも、小麦粉、米粉、片栗粉、山芋、海草、蜂蜜、玉子を使って製麺されるそうで、ややソフトな食感ではありますが、シルキーな舌触りともちもちっとした食感が楽しめました。 色々な食材をブレンドしているので小麦の風味は控えめですが、一般的な中華麺とは少し違った歯応えが印象的でした。 

    普通盛りでも麺量は多めに思えましたが、大盛も無料だそうなので更なるボリュームをお望みでしたら大盛りコールをお勧めいたします。


    ミニヒレソースかつ丼(スープ無し)
    400円

    alkadhia1477.jpg

    前日に引き続き、またしても豚カツです♪ 実は前日の夕飯も宿泊先でソースかつ丼を頂いていまして、これで3杯目だったりしますw( ̄▽ ̄;)w 箸休めのたくあん以外に、後掛けの追加ソースや和辛子もた~っぷりと添えて頂き、まさに至れり尽くせり♪

    alkadhia1478.jpg

    ヒレカツはもちろん注文を受けてから揚げられる一点仕上げ。 衣はサクッとしていて、ヒレ肉は文句なしの柔らかさで、400円という価格設定が信じられない素晴らしいクオリティです。 白飯と豚カツの間に千切りキャベツがたっぷり敷き詰められているところも良心的です。 50円プラスのスープ付きを頼んだら、これ一品で充分に満足できる食事が楽しめてしまいますよ(; ・`д・´)

    店先の国道352号線を時折り車が通過するくらいで、いたって静かで、長閑で、アットホームで、こういっては失礼ですが、このような辺鄙な場所にもかかわらず待ちが出来るほど賑わっているのも納得です。 




    余談になりますが、宿泊したホテルは旧舘岩村のホテルになるのですが、私達が訪問する10日ほど前に降った集中豪雨の爪痕が至る所に残されていました。 そのホテルの従業員に伺ったところでは、50年に一度とも言われた大雨は同地区を流れる舘岩川を氾濫させ、家屋や田畑に大きな浸水被害をもたらしました。 また、土砂崩れによって交通網が寸断され、電気や電話などのインフラも使用不能となり、一時的に完全孤立してしまったそうです。 

    懸命な復旧工事が行われてはいますが、崩れ落ちた大量の土砂や流木を取り除いたり、新たな河川の護岸工事が完了するまでには大きな時間を要するものと思われます。 人的被害が無かったのは不幸中の幸いだったと思いますが、被害に遭われた方をはじめ、この地区が少しでも早く従来の姿を取り戻せることを願ってやみません。 



    category: 会津地方

    Posted on 2015/09/30 Wed. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    和風レストラン まほろば 

    先頃のシルバーウィークを利用して、家内と南会津方面に一泊旅行に出掛けてきました。 
    磐越自動車道・会津坂下ICで降りて国道252号線に入り、柳津町の福満虚空蔵尊圓蔵寺をはじめ、国道沿いをあちこち散策しながら南下して、この日のランチは只見町のとある食堂で頂くことに決めていました。

    ほぼ予定通りの時刻にそのお店前に到着しましたが、事前リサーチを怠ったせいで思いっ切り定休日にぶち当たってしまいました。 こんなこともあろうかと数年前に訪問済みのお店を第二候補としてキープしていたのですが、そちらに向かってみたら店舗ごとまるっと消えて無くなっていたという・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

    選択肢の少ないエリアでまごついて、旅の楽しみの一つでもあったランチそのものを摂り損ねてしまうことだけは避けたく、周辺調査しようと車を走らせた直後に偶然見つけだしたのが、『和風レストラン まほろば』さんです。

    mahoroba1465.jpg

    場所は只見駅からもほど近い駅前エリアで、役場や銀行、スーパーなどが揃う町の中心地に構えられています。 立派な店構えがやや敷居を高く感じさせますが、店先の駐車場が満車になるほどの盛況ぶりなので、まず大きくハズレるようなことはなかろうと思い切って飛び込んでみました。

    店内は小上がりや座敷席があって、お寿司屋さんを彷彿とさせるカウンター席も設けられた純和風な造りです。 創業40年を迎えられる老舗料理屋として、食事はもとより各種宴会や仕出しなども手掛けられているようで、地元のお子様連れから観光目当てのシニア層まで幅広い客層で賑わっていました。 

    メニューのほうは、おおよそ一般的な和風料理店でもお馴染みの顔ぶれが揃いますが、築地や気仙沼から直送される魚介を使った魚料理も豊富にラインナップされててちょっとビックリ。 只見産の蕎麦粉で打った十割蕎麦も人気のようですね。

    分厚いお品書きを見てあれこれ迷いはましたが、町の老舗食堂でがっつりいく筈だったオナカを満足させてくれそうなものを見つけちゃいました♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ


    ソース煮込みかつ重
    900円

    mahoroba1466.jpg

    会津に来たら “ ソース煮込み ” でしょ!ってことで、家内ともども同じ品を頼みました。 食堂風情とは異なる重箱スタイルがお上品ですが、この如何にも濃ゆそうな煮込み具合が期待感を持ち上げてくれます♪

    mahoroba1471.jpg

    味噌汁は豆腐と三つ葉のシンプルなものですが出汁は鯖節でしょうか。 節の旨味がしっかりと効かされつつ、品の良い繊細さもあって、これもまた食堂テイストとは趣を異にする仕立てです。 キュウリとキャベツの香物は塩加減もほど良く、良い塩梅に漬かっています。 さっぱりとして箸休めにもってこいでした。

    mahoroba1473.jpg

    メインの煮込みカツですが、これがかなりの個性派仕立てなんです。 ソースの濃い目の味付けとバランスさせるように甘みの主張もしっかりあって、たっぷり振り掛けられたブラックペッパーが溶き卵のマイルド感をも押し退けるほどスパイシーに効いています。 じわじわっとくるHOTな辛味で、ちょっと意表を突かれるほどインパクトある味に仕上げられていました。

    mahoroba1470.jpg

    厚さ1センチほどの豚カツは言うまでもなく揚げ立てです。  パン粉は細目のものが使用されているので口当たりは軽く、肉質も上々のロース肉はサクッと歯切れる柔らかさ。 女性でも難なく食べ切れてしまうくらいのボリュームなので、成人男性にはやや物足りなく感じられるかもしれませんが、和食料理店とは思えぬオリジナリティに富んだ味は、それを差し引いても余りある充実の美味しさでした。

    二時間も掛けて訪れた場所で立て続けにお目当ての店にフラれたのはショックでしたが、そのおかげで思わぬ稔りとも言える良店との出会いに恵まれたのでした♪


    category: 会津地方

    Posted on 2015/09/27 Sun. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    きっちんほっと yr 

    お盆中は来客の対応でどこにも出掛けられなかった母親が、「今日はフリーだからどこかに出掛けたい」と申しまして、それならばと日帰り温泉&ランチで気持ちばかりの母親孝行をすることにしました。 

    郡山を経由して何となく猪苗代町まで来てしまったので、以前から気になっていた『きっちんほっと yr』さんでランチを頂くことにしました。

    kicthinhot1316.jpg

    猪苗代町の川桁地区は若かりし頃は裏磐梯への通過地点としてよく来ていたエリアですが、こちらの通りは初めて足を踏み入れました。 じもぴー以外はちょっと分かり難い立地かもしれませんね。 少し離れた場所にある駐車スペースに車を置いて、この日の一番客として入店しました。

    テーブル席エリアの奥には座敷席もあって、各種宴会などにも対応して下さるようですが、ウッディでモダンな店内は洋食屋さんのそれに近いイメージです。 品揃えはオムライスやハンバーグ、事前予約をすればピザも焼いてくれるんですね♪ リサーチではカツレツがオススメとのことでしたので、そちらを単品オーダーで母親とシェアすることにして、気になるラーメンもやっぱり外せませんでしょ( *´艸`)


    カツレツ (単品)
    600円

    kicthinhot1312.jpg

    まずオススメのカツレツですが、「柔らかいのでスプーンでお召し上がりください」とのこと。 どこのお店にスプーンで豚カツを食べるお店がありましょうか!Σ(-`Д´-ノ;)ノ?!

    kicthinhot1313.jpg

    一見するとフツーのカツに見えると思いますが、これがカツレツの固定概念を大きく覆すようなシロモノ!Σ(っ゚Д゚;)っオヨヨ~ン 揚げる前にお肉の繊維が解れるほど柔らかく煮込んでいるそうで、確かにお箸でそのまま持ち上げることは不可能かもしれません。 口の中で “ ほにゃほにゃ ” っと溶けるような食感は、とてもカツレツとは思えない個性的な仕立てだと思いました。 甘味や酸味のバランスも良い自家製デミグラスソースも良く合っています。

    これはもう、常軌を逸した美味しさとしか言いようがありません(〃▽〃)


    麺 味噌
    800円

    kicthinhot1310.jpg

    なんでも二段仕立ての味わいの変化が楽しめると言うことで、味噌味を頂きました。 初めはスープの上澄みを掬ってベーススープを味わい、次に丼底に仕込まれている味噌ダレをまぜまぜして味噌スープを楽しむのがこの品を頂く作法のようです。

    スープは煮干しや節などの魚系は感じられず、かと言って動物系の強い主張がある訳でもなく、ちょっと私の味覚では明瞭には感じ取れませんでした。 たぶん鶏ガラや香味野菜、昆布などを炊いているんだと思いますが、あまり自信がありません( ̄▽ ̄ⅰ)ゝ 

    味噌ダレを溶けば当然の如く味噌の風味がしっかり効いた味に変化しますが、ニンニクの風味や唐辛子の辛味などを用いない端麗でスタンダード系の食べ易い味ですね。

    kicthinhot1311.jpg

    載せモノはバーナーで焼き目の入れられた炙りバラロールチャーシューに目が行くと思いますが、炙られたバラ肉が美味しくない筈がありません( *´艸`) 味玉もまるっと一個標準装備され、載せモノの充実度は見逃せません。

    kicthinhot1315.jpg

    麺は多加水の縮れ麺で、醤油や塩ラーとも共通のようです。 個性派ではありませんが、スープとの相性は良好。 ベーススープにもう少しだけ方向性を持たせたら、格段にレベルアップする伸びシロを持った一杯だと思います。 

    洋食系メニューも揃えつつなので、仕込みなどで何かと難しい面もあるとは思いますが、期待せずにはいられないポテンシャルを秘めたお店でした。

    category: 会津地方

    Posted on 2015/08/26 Wed. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    すゞや食堂 

    5年ほど前から狙いを付けていた柳津町の『すゞや食堂』さんです。
    暖簾落ちや臨時休業に阻まれ、何度も憂き目を見てきましたが、ひょんなことから数年来の望みが叶いました♪(*ノωノ)

    suzuya0180.jpg

    福満虚空藏尊圓藏寺下の柳津温泉街に店を構えられる、創業50年以上の老舗食堂です。 初老のご夫婦が切り盛りする地域密着型の食堂なのですが、以前「秘密のケンミンSHOW」で紹介されたことがあり、それを機に県外からも大勢のお客さんが訪問されるようになったそうです。

    ご存知の方もいらっしゃると思いますが、柳津にはちょっと変わり種のソースかつ丼がありまして、これがなかなか面白い仕立てなんです(〃▽〃) 一昨年、「道の駅 会津柳津」併設のレストランで同品を実食済みですが、今回は柳津屈指の老舗で名物を楽しませてもらいましょう♪

    ってことで、今回もまたまた番外編で~す( ̄▽ ̄ⅰ)ゞ


    ソースかつ丼
    800円

    suzuya0181.jpg

    パッと見煮込みカツに見えるかも知れませんが、れっきとしたソースかつ丼です。 薄焼き卵と豚カツをドッキングさせるのが、ここ柳津の伝統スタイルですΣ(・ω・ノ)ノ!

    suzuya0182.jpg

    豚カツはロース肉で厚さはおよそ1センチほど。 ソースは上掛け方式なので衣のサクサクっとした食感はしっかり残されています。 この画像には写っていませんが、薄焼き卵の下には千切りキャベツが敷かれていまして、更にその下層に会津産のご飯が盛られるサンドウィッチ構造が特徴的です。 

    なかなか手が込んでますよね(`・ω・´)

    suzuya0183.jpg

    共添えのスープはラーメンスープそのもので、醤油ダレの効いた古典的な食堂テイストを楽しめました。 これはラーメンにも期待が持てます♪ 3種の香物も実に良いお味でした。

    suzuya0184.jpg

    豚カツは肉質も柔らかく、筋っぽさも感じません。 ジューシーな脂身の甘みも美味しゅうございます♪ ソースは豚カツソースをベースに種々の食材をブレンドした門外不出のオリジナル。 ほど良い酸味と甘味が効いた濃厚な味ながら、加熱して味を調えることで飽きの来ない絶妙の味加減に仕上げています。  

    薄焼き卵はソースのしょっぱさを、千切りキャベツは豚カツの油っぽさを中和してくれて、予想以上にさっぱりと頂けちゃうんです( *´艸`)  

    余所ではちょっとお目にかかれないソースかつ丼ですが、先述した通り柳津ではどちらのお店でもこのスタイルが一般的とのこと。 ソースかつ丼と言えば会津若松市が有名ですが、ご店主いわく「柳津の料理人が若松に行って広めた」という説もあるとかで、なかなか奥深いローカルグルメなのであります。

    次回は懸案のラーメンをお目当てに再訪してみようと思いますヽ( ̄▽ ̄)ノ

    category: 会津地方

    Posted on 2014/11/12 Wed. 14:05  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    若草食堂 

    今から遡ること約30数年前、国道沿いに開業されたドラインブインがお店のウリとして味噌ラーメンを提供したことが発祥と言われる ” 西会津味噌ラーメン ” 。

    古くから愛されてきた西会津伝統の味を多くの人に知ってもらう為、平成20年に『西会津野沢宿味噌ラーメン会』を発足させ、様々なPR活動に取り組んでおられます。

    記憶に新しいところでは、今年のGWに開催された『ふくしまラーメンショー2013』にも地元福島の代表としてご出店され、全国から集結した有名店にも引けを取らぬ個性で我々を楽しませてくれました。

    wakakusa1420.jpg

    「いつかは実店舗で・・・」と想いながらも、なかなか訪問する機会が得られませんでしたが、つい先日ようやく念願を叶えることが出来ました。 せっかくなのでお仲間のブロガーさんが記事挙げされていないお店を開拓しようと、『若草食堂』さんを狙い撃ち訪問いたしました( ̄▽ ̄i)ゞ

    テーブル席4つのみコンパクトな店内には昭和風情が色濃く残されていまして、古くからのご常連さんと思しき方々がお昼を求めて次々に暖簾を潜られます。

    wakakusa1421.jpg
                <↑クリックで拡大↑>

    お品書きを拝見すれば、おおよそ一般的な食堂でラインナップされるお馴染の顔ぶれが揃います。 そのどれもがリーズナブルな価格設定であるのは、地域密着の老舗食堂の良心を映し出しているかのようでした。




    みそラーメン+半チャンセット
    600円+200円

    wakakusa1422.jpg

    実は、お品書きには記載されていない「白味噌ラーメン」という品も存在していました∑( ̄ロ ̄|||)!? そちらにも惹かれはしたのですが、今回は初訪らしく定石を踏んで伝統の一杯を頂くことにします。

    wakakusa1423.jpg

    赤味噌をベースとしたスープは、とにかく味噌の主張が全面に出ております。 塩味も強めではありますが、ほのかにニンニクの風味も漂う味わいは、味噌ラーメンとしては定番系と言えるものでしょう。

    キャベツやモヤシなど種々の野菜には適度にシャキシャキ感が残されていまして、厨房から響く豪快な鍋振りの金属音もなるほどと頷けるような、まさに絶妙の火通し加減で仕上げられていました。 

    wakakusa1425.jpg

    麺は会津地方で見られる多加水の平打ち太縮れ麺。 お店ごとの違いはあるのでしょうが、こちらで使用される麺はお隣の喜多方の麺よりも更に太めで、もっちりとした弾力ある噛み応えが特徴です。 味噌味濃いめのスープには、これくらい存在感のある麺の方が相性的にもグッドバランスでしょう。 


    お野菜に対して若干麺量が少ないかなって気がしないでもありませんが、勢いで頼んでしまった半チャーハンが望外の美味しさだった訳で・・・w( ̄▽ ̄;)w

    wakakusa1424.jpg

    溶き卵の分量や具材のバランスも良く、味付けはシンプルなものながら、米粒のパラパラ感も実にお見事。 大女将のベテランの手錬によるものなのか、それとも家督を継いだ二代目が拵えて下さったものなのか不明ですが、かなりのスキルをお持ちとお見受けいたしましたが・・・。


    今回頂いた味噌ラーメンは、 ” 西会津らしさ ” という点で、その個性を見出すには至りませんでしたが、地域の方々に親しまれてきた伝統の味は、これからも変わることなく継承されていくことでしょう。






    category: 会津地方

    Posted on 2013/11/08 Fri. 19:13  edit  |  tb: 0   cm: 2