08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

    和風レストラン まほろば 

    休日を利用して会津ドライブに出かけてきました。 『道の駅 尾瀬街道みしま宿』や『大塩温泉共同浴場』に立ち寄り、いっそここまで来たら一昨年フラれてた課題店まで足を延ばしてみようと只見町を目指しました。

    只見町に入り目的地に到着したまではよかったのですが、どうしたことか店舗が見当たりません。 ご近所さんがちょうど目の前を歩いていたのでお訪ねてしみたところ、なんと数か月前に火災に遭われ店舗が焼失してしまったようです。

    ただいま再建中の新店舗は、あと数か月ほどで営業再開出来る見込みとのこと。 そのまま廃業なんてことにならなっかったのは不幸中の幸いでしたが、まさかの事態にただただ驚くばかりでした。 二度もお預けを喰らってしまいましが、一日も早い復活を心待ちにしております。

    そんな事情がありましたが代替候補として迷わず選ばせてもらったのは『和風レストラン まほろば』さんです。 実は一昨年もランチ難民になりかけてたところを助けて頂いた経緯のある有難いお店です♪

    mahoroba2809.jpg

    和風レストランの名に相応しくお寿司な天ぷら料理なども充実していますが、何せこの日は大衆食堂でランチするつもりでいたので、ちょっとそれらしい品がラインナップされていたのは嬉しかったです。


    カツカレー丼
    900円

    mahoroba2810.jpg

    和風レストランの仕立てるカツカレーって何だか気になります。  一般的なカツカレーならお皿に盛られるところが多いと思うのですが、敢えて丼スタイルってのが興味深いところかも。 豚カツとご飯の間に千切りキャベツが敷かれてたりして、ちゃんと一手間加えられていますね。

    mahoroba2811.jpg

    カレーは人参、ジャガイモ、タマネギ、豚肉といった具材が煮溶けていて、日本人に馴染みの深いスタンダードなカレーですが、香辛料も適度に効いていてスパイシーさもあります。 辛味は控えめなのでお子様でも難なく召し上がることが出来るでしょう。 ルーの粘度はやや低めで、サラッと食べ進められるところが私的にも好みのカレーでした。

    mahoroba2812.jpg

    汁物は豆腐と三つ葉のお味噌汁。 出汁は鰹出汁がしっかりと効かされ、味噌テイストの押しの強さも感じさせる味濃いめな仕立てですね。 

    mahoroba2813.jpg

    豚カツは注文を受けてから揚げる一点仕上げ。 スッと噛み切れる肉の柔らかさに肉質の良さを感じます。 細目のパン粉を使っていることでサクッと軽快な口当たりに仕上げているのも料理人のこだわりでしょう。 豚カツ自体のクオリティはかなりのものです。 先述した千切りキャベツの瑞々しい食感も良い仕事しています。 

    ボリューム感もほどよく、食後に胃袋が重たくならずに済んだのは、胃力の衰えた世代にとって有難く感じるかもしれません。 夜は酒処としても利用出来るようですし、飲食店の少ないエリアでちょっと贅沢な食事が楽しめるお店として重宝されているハズです。 

    スポンサーサイト

    category: 会津地方

    Posted on 2017/07/01 Sat. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    やまか食堂 

    ゴールデンウイーク真っ只中だったこの日、開成山公園では『ふくしまラーメンショー2017』が開催されていましたが、家族サービスという大義名分のもと家内を連れて久しぶりに会津に出掛け出来ました。

    ちょうど見頃を迎えていた猪苗代町の観音寺川の桜や、三島町のカタクリの花の群生地などを巡った後、金山町経由で昭和村に抜けました。 そろそろどこかでお昼を食べようと思いながら国道400号線沿いを走っていたところ、「自家製手揉み麺」の看板が目に飛び込んできました。

    看板はあるものの店舗を見付けることが出来ず一旦はスルーしたのですが、どうしても気になって数キロ先の『からむし織の郷』まで行ったところでUターンして戻ってきました。 国道から奥まったところに暖簾が掲げられた店舗を発見。

    昭和村下中津川の『やまか食堂』さんです。

    yamaka2782.jpg

    民家を改築したようなローカルなお店ですが創業50年超えの老舗食堂とのことで、二代目ご夫婦らしき方が切り盛りされているようです。 メニューは麺類、丼モノ、定食など、お馴染みの顔ぶれが揃えられていますが、醤油ラーメンはワンコインというリーズナブルさ。 

    自家製麺使用のラーメンも頂いてみたかったのですが、創業当時から根強い人気ということでこちらをオーダーしてみました。


    煮込みカツ丼+お味噌汁
    800円+50円

    yamaka2784.jpg

    トンカツは注文を受けてから揚げる一点仕上げ。ちょっと小振りの可愛らしい丼に見えて、トンカツは160gほどはあると思われ結構なボリューム。 筋切りもきちんとされていて適度に柔らかく、肉質もなかなかのものです。 以前はお肉屋さんだったとのことで、納得のクオリティと言えます。

    yamaka2785.jpg

    味付けはおそらくラーメンスープで煮込んでいると思うのですが、しょっぱさ控えめのあっさりとした優しいお味。 ツユダクって訳でもなく、創業から変わらぬ味が地本の方々に好評のようですね。 

    メリハリのある濃いめの味付けが好みならば、ソースカツ丼をチョイスするのもアリでしょう。

    yamaka2786.jpg

    汁物は別料金になってしまいますが、味噌汁かスープが選べるようです。 今回は味噌汁を頼みましたが、一般家庭の食卓にも出てきそうな親しみやすさがあります。 塩味も控えめでほのぼのとした田舎風情の感じられるお味噌汁でした。

    yamaka2783.jpg

    家内が注文した「タンメン」も少しだけ味見させてもらいました。 スープはややニゴリが見受けられますが、鶏ガラや香味野菜などがメインに炊かれたものかと思います。 摺り胡麻の風味がアクセントになっていますが、かつ丼やお味噌汁と同様にあっさりとした味で、塩気が極力控えめにされている辺りは共通する味と言えますね。 多分ですが、化学調味料などもほとんど使っていないのではないでしょうか。

    自家製麵は会津エリアでは一般的な多加水中太縮れ麺で、当然の如くラーメン専業店さんで提供されるような主張してくるタイプではありません。 うっすらと透き通るような艶やかさがあって、シルキーな舌触りが楽しめました。 柔和で素朴でシンプルな美味しさがあります。

    地域密着型の老舗食堂に違いはないのですが、お店の営業や昭和村近辺の情報も発信されているツイッターのアカウントもお持ちだったりして、ちょっとビックリ・・・。

    また近くに行った折にはリピートしてみようと思います♪

    category: 会津地方

    Posted on 2017/05/13 Sat. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    アルカディア 

    家内と出掛けた南会津プチ旅行の二日目です。 
    前日は南会津町のホテルに宿泊させて頂いていましたが、朝食もそこそこに宿泊先を出立して、秘湯として名高い木賊温泉や桧枝岐村方面にも足を延ばし、帰りしなに昼食を摂ろうと初めて立ち寄らせて頂いたのが『アルカディア』さんです

    alkadhia1480.jpg

    ちょっとした山小屋風の大きな店舗が特徴的ですが、以前は田島の街中で営業されていて、震災以降に現在の場所に移転されたそうです。 数キロ先には会津鉄道の会津高原尾瀬口駅があるものの、それ以外にはこれといって何もない人里離れた郊外のロードサイド店ですね。

    品揃えは麺類中心ですが、中華丼やチャーハンなどのご飯ものも幾つか取り揃えられます。 季節限定品にはなりますが、「しいたけラーメン」や「なめこラーメン」なんてレアなメニューもありましたねw( ̄▽ ̄;)w  品数豊富でどれにするか決め兼ねたので、店員さんお勧めのメニューをオーダーしてみることにしました。


    タンタンメン
    750円

    alkadhia1481.jpg

    いわゆる本格中華のそれとは仕立て方の異なる、お野菜たっぷり担々麺です。 スープはピリッとした辣油の辛味が感じられます。 胡麻風味はことのほか軽めなのですが、挽き肉や野菜の旨味と、それらを炒めた香ばしさが食欲を掻き立ててくれます。

    alkadhia1476.jpg

    四川山椒は用いられていないようで、独特のシビレや爽やかな香りはありません。 濃厚な白胡麻ペーストにがっちり麻辣を効かせたヘビーデューティー仕様にあらず、担々麺としては端麗な部類に属する一杯と言えるでしょう。

    お勧め頂いた店員さんからは「なかなか辛いですよ」とオーダー前に念押しされましたが、辣油の辛味さえ苦手としなければ敷居はそれほど高くはないと思います。

    alkadhia1479.jpg

    こちらは自家製麺を使用されています。 なんでも、小麦粉、米粉、片栗粉、山芋、海草、蜂蜜、玉子を使って製麺されるそうで、ややソフトな食感ではありますが、シルキーな舌触りともちもちっとした食感が楽しめました。 色々な食材をブレンドしているので小麦の風味は控えめですが、一般的な中華麺とは少し違った歯応えが印象的でした。 

    普通盛りでも麺量は多めに思えましたが、大盛も無料だそうなので更なるボリュームをお望みでしたら大盛りコールをお勧めいたします。


    ミニヒレソースかつ丼(スープ無し)
    400円

    alkadhia1477.jpg

    前日に引き続き、またしても豚カツです♪ 実は前日の夕飯も宿泊先でソースかつ丼を頂いていまして、これで3杯目だったりしますw( ̄▽ ̄;)w 箸休めのたくあん以外に、後掛けの追加ソースや和辛子もた~っぷりと添えて頂き、まさに至れり尽くせり♪

    alkadhia1478.jpg

    ヒレカツはもちろん注文を受けてから揚げられる一点仕上げ。 衣はサクッとしていて、ヒレ肉は文句なしの柔らかさで、400円という価格設定が信じられない素晴らしいクオリティです。 白飯と豚カツの間に千切りキャベツがたっぷり敷き詰められているところも良心的です。 50円プラスのスープ付きを頼んだら、これ一品で充分に満足できる食事が楽しめてしまいますよ(; ・`д・´)

    店先の国道352号線を時折り車が通過するくらいで、いたって静かで、長閑で、アットホームで、こういっては失礼ですが、このような辺鄙な場所にもかかわらず待ちが出来るほど賑わっているのも納得です。 




    余談になりますが、宿泊したホテルは旧舘岩村のホテルになるのですが、私達が訪問する10日ほど前に降った集中豪雨の爪痕が至る所に残されていました。 そのホテルの従業員に伺ったところでは、50年に一度とも言われた大雨は同地区を流れる舘岩川を氾濫させ、家屋や田畑に大きな浸水被害をもたらしました。 また、土砂崩れによって交通網が寸断され、電気や電話などのインフラも使用不能となり、一時的に完全孤立してしまったそうです。 

    懸命な復旧工事が行われてはいますが、崩れ落ちた大量の土砂や流木を取り除いたり、新たな河川の護岸工事が完了するまでには大きな時間を要するものと思われます。 人的被害が無かったのは不幸中の幸いだったと思いますが、被害に遭われた方をはじめ、この地区が少しでも早く従来の姿を取り戻せることを願ってやみません。 



    category: 会津地方

    Posted on 2015/09/30 Wed. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    和風レストラン まほろば 

    先頃のシルバーウィークを利用して、家内と南会津方面に一泊旅行に出掛けてきました。 
    磐越自動車道・会津坂下ICで降りて国道252号線に入り、柳津町の福満虚空蔵尊圓蔵寺をはじめ、国道沿いをあちこち散策しながら南下して、この日のランチは只見町のとある食堂で頂くことに決めていました。

    ほぼ予定通りの時刻にそのお店前に到着しましたが、事前リサーチを怠ったせいで思いっ切り定休日にぶち当たってしまいました。 こんなこともあろうかと数年前に訪問済みのお店を第二候補としてキープしていたのですが、そちらに向かってみたら店舗ごとまるっと消えて無くなっていたという・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

    選択肢の少ないエリアでまごついて、旅の楽しみの一つでもあったランチそのものを摂り損ねてしまうことだけは避けたく、周辺調査しようと車を走らせた直後に偶然見つけだしたのが、『和風レストラン まほろば』さんです。

    mahoroba1465.jpg

    場所は只見駅からもほど近い駅前エリアで、役場や銀行、スーパーなどが揃う町の中心地に構えられています。 立派な店構えがやや敷居を高く感じさせますが、店先の駐車場が満車になるほどの盛況ぶりなので、まず大きくハズレるようなことはなかろうと思い切って飛び込んでみました。

    店内は小上がりや座敷席があって、お寿司屋さんを彷彿とさせるカウンター席も設けられた純和風な造りです。 創業40年を迎えられる老舗料理屋として、食事はもとより各種宴会や仕出しなども手掛けられているようで、地元のお子様連れから観光目当てのシニア層まで幅広い客層で賑わっていました。 

    メニューのほうは、おおよそ一般的な和風料理店でもお馴染みの顔ぶれが揃いますが、築地や気仙沼から直送される魚介を使った魚料理も豊富にラインナップされててちょっとビックリ。 只見産の蕎麦粉で打った十割蕎麦も人気のようですね。

    分厚いお品書きを見てあれこれ迷いはましたが、町の老舗食堂でがっつりいく筈だったオナカを満足させてくれそうなものを見つけちゃいました♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ


    ソース煮込みかつ重
    900円

    mahoroba1466.jpg

    会津に来たら “ ソース煮込み ” でしょ!ってことで、家内ともども同じ品を頼みました。 食堂風情とは異なる重箱スタイルがお上品ですが、この如何にも濃ゆそうな煮込み具合が期待感を持ち上げてくれます♪

    mahoroba1471.jpg

    味噌汁は豆腐と三つ葉のシンプルなものですが出汁は鯖節でしょうか。 節の旨味がしっかりと効かされつつ、品の良い繊細さもあって、これもまた食堂テイストとは趣を異にする仕立てです。 キュウリとキャベツの香物は塩加減もほど良く、良い塩梅に漬かっています。 さっぱりとして箸休めにもってこいでした。

    mahoroba1473.jpg

    メインの煮込みカツですが、これがかなりの個性派仕立てなんです。 ソースの濃い目の味付けとバランスさせるように甘みの主張もしっかりあって、たっぷり振り掛けられたブラックペッパーが溶き卵のマイルド感をも押し退けるほどスパイシーに効いています。 じわじわっとくるHOTな辛味で、ちょっと意表を突かれるほどインパクトある味に仕上げられていました。

    mahoroba1470.jpg

    厚さ1センチほどの豚カツは言うまでもなく揚げ立てです。  パン粉は細目のものが使用されているので口当たりは軽く、肉質も上々のロース肉はサクッと歯切れる柔らかさ。 女性でも難なく食べ切れてしまうくらいのボリュームなので、成人男性にはやや物足りなく感じられるかもしれませんが、和食料理店とは思えぬオリジナリティに富んだ味は、それを差し引いても余りある充実の美味しさでした。

    二時間も掛けて訪れた場所で立て続けにお目当ての店にフラれたのはショックでしたが、そのおかげで思わぬ稔りとも言える良店との出会いに恵まれたのでした♪


    category: 会津地方

    Posted on 2015/09/27 Sun. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    きっちんほっと yr 

    お盆中は来客の対応でどこにも出掛けられなかった母親が、「今日はフリーだからどこかに出掛けたい」と申しまして、それならばと日帰り温泉&ランチで気持ちばかりの母親孝行をすることにしました。 

    郡山を経由して何となく猪苗代町まで来てしまったので、以前から気になっていた『きっちんほっと yr』さんでランチを頂くことにしました。

    kicthinhot1316.jpg

    猪苗代町の川桁地区は若かりし頃は裏磐梯への通過地点としてよく来ていたエリアですが、こちらの通りは初めて足を踏み入れました。 じもぴー以外はちょっと分かり難い立地かもしれませんね。 少し離れた場所にある駐車スペースに車を置いて、この日の一番客として入店しました。

    テーブル席エリアの奥には座敷席もあって、各種宴会などにも対応して下さるようですが、ウッディでモダンな店内は洋食屋さんのそれに近いイメージです。 品揃えはオムライスやハンバーグ、事前予約をすればピザも焼いてくれるんですね♪ リサーチではカツレツがオススメとのことでしたので、そちらを単品オーダーで母親とシェアすることにして、気になるラーメンもやっぱり外せませんでしょ( *´艸`)


    カツレツ (単品)
    600円

    kicthinhot1312.jpg

    まずオススメのカツレツですが、「柔らかいのでスプーンでお召し上がりください」とのこと。 どこのお店にスプーンで豚カツを食べるお店がありましょうか!Σ(-`Д´-ノ;)ノ?!

    kicthinhot1313.jpg

    一見するとフツーのカツに見えると思いますが、これがカツレツの固定概念を大きく覆すようなシロモノ!Σ(っ゚Д゚;)っオヨヨ~ン 揚げる前にお肉の繊維が解れるほど柔らかく煮込んでいるそうで、確かにお箸でそのまま持ち上げることは不可能かもしれません。 口の中で “ ほにゃほにゃ ” っと溶けるような食感は、とてもカツレツとは思えない個性的な仕立てだと思いました。 甘味や酸味のバランスも良い自家製デミグラスソースも良く合っています。

    これはもう、常軌を逸した美味しさとしか言いようがありません(〃▽〃)


    麺 味噌
    800円

    kicthinhot1310.jpg

    なんでも二段仕立ての味わいの変化が楽しめると言うことで、味噌味を頂きました。 初めはスープの上澄みを掬ってベーススープを味わい、次に丼底に仕込まれている味噌ダレをまぜまぜして味噌スープを楽しむのがこの品を頂く作法のようです。

    スープは煮干しや節などの魚系は感じられず、かと言って動物系の強い主張がある訳でもなく、ちょっと私の味覚では明瞭には感じ取れませんでした。 たぶん鶏ガラや香味野菜、昆布などを炊いているんだと思いますが、あまり自信がありません( ̄▽ ̄ⅰ)ゝ 

    味噌ダレを溶けば当然の如く味噌の風味がしっかり効いた味に変化しますが、ニンニクの風味や唐辛子の辛味などを用いない端麗でスタンダード系の食べ易い味ですね。

    kicthinhot1311.jpg

    載せモノはバーナーで焼き目の入れられた炙りバラロールチャーシューに目が行くと思いますが、炙られたバラ肉が美味しくない筈がありません( *´艸`) 味玉もまるっと一個標準装備され、載せモノの充実度は見逃せません。

    kicthinhot1315.jpg

    麺は多加水の縮れ麺で、醤油や塩ラーとも共通のようです。 個性派ではありませんが、スープとの相性は良好。 ベーススープにもう少しだけ方向性を持たせたら、格段にレベルアップする伸びシロを持った一杯だと思います。 

    洋食系メニューも揃えつつなので、仕込みなどで何かと難しい面もあるとは思いますが、期待せずにはいられないポテンシャルを秘めたお店でした。

    category: 会津地方

    Posted on 2015/08/26 Wed. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。