08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

    福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊 in らーめんフェスタ・イオンレイクタウン 

    9月18日から27日までの10日間、埼玉県越谷市のイオンレイクタウンで『らーめんフェスタ in イオンレイクタウン』が開催されています。 第一幕が18日~22日まで、23日~27日を第二幕とする入れ替え制で、合計30ブースが出店される大きなイベントですね。

    本イベントの第一幕に我らが『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』が出店されるということで、ブログ仲間と共に陣中見舞いに駆け付けて参りました。

    aeonlake1445.jpg

    今回の出店メンバーは『麺屋 信成』さん、『たなつものSHOKUDOU』さん、『麺処 若武者』さんの3店です。 獅子奮迅隊の幹部メンバーにして、結成から数々の大舞台で実績を上げてきた百戦錬磨の猛者たちです(`・ω・´)

    aeonlake1446.jpg

    私達が訪問したのは夕刻前で客足も落ち着いた頃でしたので、ブース内のメンバーにも余裕が見られ、和気あいあいとラーメン作りされていました。 


    福島鶏白湯
    共通チケット(850円)

    aeonlake1447.jpg

    川俣シャモ、会津地鶏、伊達鶏の福島三大鶏を贅沢に炊く鶏白湯スープは従来通り。 ぎゅっと凝縮された鶏の旨味は濃厚で、軽く舌に纏わり付くようなとろみも感じられますが、濃厚ではあってもクドさや重たさを感じさせないところは鶏白湯の大きな魅力ですね。 今回はスープ濃度がかなり高められていて、口当たりの柔らかな味わいの中にもグッと力強さが感じられました。 

    aeonlake1450.jpg

    大ぶりなエゴマ豚のバラ肉チャーシューは口の中でとろけるように柔らかく、脂身は上質な甘みを感じさせます。 川俣シャモ100%の鶏団子はオプションになりますが、甘辛い味付けがシャモ肉の旨味をさらに押し上げています。

    ブライドオニオンは香ばしい風味で軽い味のアクセントを与えてくれ、その他、メンマ、刻みネギなど、このラーメンには欠かせないアイテムも自身の役割をしっかり果たし、充実した美味しさで満足度を高めてくれました。

    aeonlake1449.jpg

    低加水タイプの中細ストレート麺はほんのりと小麦の風味も感じられ、ぷつぷつっと硬質的な歯応えを伝えます。 濃厚スープと小気味良い食感の麺が緻密なバランスでマッチして、今回も盤石の美味しさで魅了してくれました。

    『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』が参戦中の第一幕は明日22日が最終日となりますが、行楽で近くにお出掛けする機会がありましたら、どうぞ足をお運びください♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ

    スポンサーサイト

    category: 福島ラーメン組っ!

    Posted on 2015/09/21 Mon. 09:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊 in 東京ラーメンショー2014 

    日本最大のラーメンイベント、『東京ラーメンショー2014』が10月24日から開催されております。

    昨年に引き続き、2年連続出場を果たした『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』の活躍を見届けるべく、イベント3日目を迎える駒沢オリンピック公園を目指しました。

    torasyo20140124.jpg

    今年は3名のブログ仲間にご同行して頂きました。 移動中の車内も何かと話題に尽きることはなく、およそ3時間の移動もあっという間に感じられました。 会場入りからラーメン販売開始まで1時間ほど余裕があったので、まずは獅子奮迅隊メンバーにご挨拶です。

    torasyo20140136.jpg

    こちらが今年の福島ブースですヽ( ̄▽ ̄)ノ  厨房ではメンバーが開店準備を進められていましたが、お手隙のメンバーから前日までの状況を詳しく聞かせて頂きました。

    torasyo20140137.jpg

    実は私達の訪問前日に自己ベスト更新となる売上杯数を記録していたようで、日曜日だったこの日は、更にそれを上回る販売数が期待されていました。 この時点で既にお客さんが並び始めていましたが、臨戦態勢の整ったところでメンバーの集合写真を1枚(*^^)v 

    torasyo20140131.jpg

    破竹の快進撃を続けていることは事前に伺っていましたが、まだ販売開始前にもかかわらず行列はダントツ1位。 この時点でも、ざっと100人ほど並んでいた筈です。 

    torasyo20140127.jpg

    定刻を迎え、いよいよラーメンの販売が始まりました。 メンバー間の親密さが鉄壁のフォーメーションを築き上げているのは言うまでもありませんが、数々のイベント出店で研究を重ねたオペレーションは、トラショー常連チームにも負けていませんでした(`・ω・´)

    それにしても寸胴の鶏白湯スープが美味しそうですね~(〃▽〃)


    特製鶏白湯
    850円(イベント共通チケット)+300円

    torasyo20140128.jpg

    『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』オリジナルの「福島鶏白湯」に、鶏団子、味玉、チャーシュー増しの3点セットを載せた豪華版です。 トップクラスのスピードを誇りつつ、盛り付けの美しさが損なわれていないところにもご注目♪

    torasyo20140129.jpg

    地鶏の旨味を引き出したスープは、鶏油の厚い油膜を配しながらも、重たさを感じさせないサラッとした仕上がり。 旨味の凝縮感と軽快感が絶妙バランスで成り立つ美味しさが大きな魅力です♪

    大ぶりなバラ肉チャーシューは蕩けるように柔らかく、川俣シャモ100%の鶏団子はぷりっとした食感とシャモの旨味を堪能させてくれました。 フライドオニオンや2種の刻みネギなど、味へのこだわりは細部にまで亘ります。

    torasyo20140130.jpg

    麺は『羽田製麺』さんの低加水ストレート中細麺。 しなやかさの中にもしっかりとした歯応えを残し、ほのかな小麦の香り立ちにスペックの上質さを感じ取ることが出来ます。 スープとのバランスも言うことなし。 

    本作はこの春の『ふくしまラーメンショー2014』でも何杯か頂いてますが、改めてその美味しさを実感させられたのでした。

    torasyo20140132.jpg

    行列のピークを迎えた午後2時頃の福島ブース前の様子ですが、あまりにも列が長くなり過ぎて通路が確保出来なくなるほどで、この時約300人ほどのお客さんが並ばれていたようですΣ(・ω・ノ)ノ!

    torasyo20140133.jpg

    夜になっても列が途切れることはなく、他のブースを圧倒する人気ぶりは続いていました。 その人気の高さを裏付けるかのように、獅子奮迅隊ブース裏にある取材カメラが入りました。 日本テレビの朝の情報エンターテイメント番組『ZIP』に山本代表がご出演されるようで、10月31日(金)午前7時15分頃に放映予定とのことです。 どうぞご覧になってみて下さい( *´艸`)

    『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』が出店された第一幕は本日午後6時をもって閉幕いたしますが、きっと素晴らしい結果を携えて凱旋されることでしょうヽ( ̄▽ ̄)ノ 


    category: 福島ラーメン組っ!

    Posted on 2014/10/29 Wed. 11:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊 in Los Angeles 

    以前からお伝えしている通り、先週末に『ロスアンゼルス・ラーメン横丁』が開催されました。 つい先ほどのことですが、出店された『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』メンバーから嬉しい知らせが届いております。

    な、な、なんと、海外イベント初出店ながら、2位に大差を付けて堂々の売り上げ杯数1位に輝いたそうですΣ(・ω・ノ)ノ! 

    応援に馳せ参じるとは叶いませんでしたが、獅子奮迅隊メンバーから届けられた写真を拝借いたしまして、イベントの様子をさっくりとご紹介させて頂きます。

    LA-ra-syo0108.jpg

    現地に飛んだメンバーは『麺処 若武者』・山本一平氏、『たなつものSHOKUDOU』・廣田裕介氏、『麺屋 信成』・海野信一氏の3名。 現地入りしてから地元スーパーで食材などの調達にあたられ、短期決戦に臨まれました。

    LA-ra-syo0109.jpg

    ブース前は初日の朝から長蛇の列を成していたらしく、福島ラーメン組っ!のオリジナルキャラも一際目を惹く存在だったものと思われます。

    LA-ra-syo0110.jpg

    こちらが出店されたラーメンです。 代表の山本店主によれば、鶏ひき肉と豚バラ肉で出汁をとったスープに、福島県産の味噌を使った味噌ダレとオーガニック豆乳をブレンドしているとのこと。

    出汁に使用した豚バラ肉にはブラックペッパーをたっぷりと振り掛けて、載せモノとしても使用されたそうです。 ボイルもやしはチリパウダーと和えてナムル風に仕立て、たなつものブランドの県産エゴマとエゴマオイルを加えて完成となります♪

    LA-ra-syo0105.jpg
    LA-ra-syo0107.jpg

    海外のイベントでも味への妥協は一切なく、実店舗でも提供出来るような素晴らしい一杯に仕上がったとのことで、出来るものならこっちでも食べてみたいですよね~( *´艸`)

    『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』の活躍は留まるところを知りません。 次は、 “ アメリカラーメンショー1位 ” のタイトルを引っ提げ『東京ラーメンショー2014』に乗り込みます!(`・ω・´)ガンバレ!

    LA-ra-syo0106.jpg

    category: 福島ラーメン組っ!

    Posted on 2014/10/20 Mon. 17:01  edit  |  tb: 0   cm: 4  

    ふくしま再興祭り2014 開催のお知らせ 

    すでにテレビCM等でも告知されておりますが、今週末の3月22日(土)~23日(日)の2日間にかけて、郡山市のビックパレット福島において『ふくしま再興祭り2014』が開催されます。

    saikou.jpg

    「ゆるキャラ万博」や「絆スペシャルライブ」など、楽しい催しも盛り沢山ですが、ラーメンファンなら見逃せないスペシャルなラーメンも提供されます。

    我らが『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』メンバーのコラボ作、「福島黒中華そば」と「福島鶏白湯」の2種類が会場内で販売されるのですヽ( ̄▽ ̄)ノ

    1613920_1473250326224001_1093405423_n.jpg

    ラーメンショーなどのイベントでも、同一ブースから2種類のラーメンが提供されるのは異例ですが、そのどちらもが甲乙付け難い贅沢なラーメンですから、これを見逃す手はありません。 

    特に昨年秋の東京ラーメンショーでも大好評だった「福島黒中華そば」は今後しばらく販売予定が無いそうなので、この機会に召し上がられることをお勧め致します♪ 

    ラーメン以外にも全国から取り寄せたグルメを一同に会した「全国グルメストリート」も併設されますから、食後のスイーツなどもたっぷりとお楽しみ頂けます。


    是非とも会場に足を運んでみて下さい!



    category: 福島ラーメン組っ!

    Posted on 2014/03/20 Thu. 05:51  edit  |  tb: 0   cm: 6  

    福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊 喜多方黒中華そば 

    先日当ブログでもお伝えしました『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』のイベント第二弾が、二本松市の『麺処 若武者』さんで開催されました。

    生憎の雨模様となりましたが、遠方からも大勢のお客様がご来店されまして、用意した食材が売り切れるほどの大盛況となったようです。 何を差し置いても応援に駆け付けたいところでしたが、この日はどうしても時間の調整を付けることが出来ず、参加を断念いたしました。 

    こうなってしまっては、東京ラーメンショー本番で所望する他ないと覚悟を決めておりましたところ、獅子奮迅隊メンバー様からのご厚意を賜りまして、後日あらためて ” 喜多方黒中華そば ” を食べさせて頂ける運びとなりました。

    今さらながらかもしれませんが、その感想などを・・・( ̄▽ ̄i)ゞ

    kurotyuuka1376.jpg

    頂きました一杯は、東京ラーメンショー2013では ” 復興支援盛り ” と命名されることになる筈の豪華フルトッピングヴァージョンです♪

    kurotyuuka1378.jpg

    吸い込まれそうなほど黒々としたスープは ” 福島鶏白湯 ” 同様、福島三大地鶏が出汁のベースになりますが、今回のメインキャストは三種の地鶏にあらず、組み合わされる醤油ダレがキモになっているようでした。 

    煮干しや昆布などを漬け込んだという醤油ダレは、醤油の重厚なコクに煮干しの風味が纏わせられており、舌の上に広がるニボテイストの主張は、極めて力強い印象を与えておりました。

    kurotyuuka1379.jpg

    ナルト、メンマ、刻みネギと、シンプルな載せモノが揃うなかでひと際目を惹かれたのは、ご覧のバラ肉チャーシューです。

    イベントで供されたのはエゴマ豚ともち豚の合い盛りだったと思いますが、私が頂いた一杯はエゴマ豚のストックが切れてしまった関係で、もち豚チャーシューのみを提供して頂きました。

    肉質の良さで定評のあるもち豚は、口の中でとろっと蕩けてしまう柔らかな食感や、さっぱりとしながらも甘みのある脂質など、その美味しさは特筆すべきものでした。 

    kurotyuuka1377.jpg

    味変えツールとして用意されていた温泉玉子は、塩味とニボニボ風味をマイルドにしてくれます。 これは賛否両論あったようですが、スープの風味を壊さすことなく、なおかつ温度を低下させないことがオプショントッピングの大前提となるでしょう。

    事実、私が頂いた温玉は黄身が硬めのものだったのでスープを濁すこともなく、更には少し温めて下さったお陰で熱々の状態がキープされていました。

    kurotyuuka1380.jpg

    郡山の『富多屋生麺』さんの多加水中太縮れ麺は、口の中で跳ねるようなダイナミックな啜り心地で、まさしく喜多方らしさが感じられるアイテムでした。 弾力に富んだ噛み応えも素晴らしく、スープともバランス良く合わされていたようです。


    5人の個性溢れる店主が創り上げた ” 喜多方黒中華そば ” は、あのイベントをもって一つの完成を迎えた訳ですが、ラーショー本番でのお披露目に向け更なる進化を歩んでいることでしょう。

    大舞台に臆することなく、持てるポテンシャルの全てを発揮されることを願うばかりです。




    category: 福島ラーメン組っ!

    Posted on 2013/10/27 Sun. 18:24  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。