04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

    麺屋 信成 

    イベント出店のため長期休業されていた『麺屋 信成』さんが営業再開されたってことで、3ヵ月ぶりに訪問してきました。

    shinsei2803.jpg

    入店してすぐにいつもと変わらぬ明るいご挨拶を頂きましたが、おやおや?っと思われる方がサポートスタッフとして助ておられたりして、いつにも増して賑やかな店内なのでした。

    期間限定のラーメンがまだ提供されていたので、迷わずそちらを頂くことにしました。


    会津地鶏塩らーめん
    850円

    shinsei2799.jpg

    またもやおニューの丼がお目見えしてますね。 見慣れない器のせいもあって、パッと見は信成さんのラーメンに見えないかもしれません。 丼径がやや小振りなのでぎゅっと凝縮されたように載せモノが配置されています。 立体的で色彩も華やかで、ちょっと見惚れてしまうような絢爛たる美しさ。

    shinsei2801.jpg

    綺麗なロゼ色が目を惹く豚肩ロースの低温調理チャーシューは、肉の旨味を見事に引き出しつつ、ふわりと口どけるような食感。 鶏胸肉チャーシューはふっくらとした柔らかさで、ほんのり効いたハーブの風味も爽やか。 つくづく贅沢な載せモノです。

    shinsei2800.jpg

    レッドキャベツスプラウト、水菜、ネギなどの葉物系は、お馴染みかと思いますが、ちっちゃい粒々はなんっでっしゃろ? どっかで食べたことのある味なんですが、何だったか思い出せいないので女将にお尋ねしたら、お茶漬けなどに入っている “ あられ ” だそうです。 ぷちぷちっとした食感も楽しいのですが、あられの風味がスープに染みたところもなかなかに美味しい。 

    残ったスープにライス投入したらホントにお茶漬けみたいに楽しめそう。

    shinsei2802.jpg

    麺は『ふくしまラーメンショー2017』の出品作にも使用されていた多加水の平打ち縮れ麺。 ひらひらの啜り心地も躍動感があって、スープもよく持ち上げてくれます。 焙煎されたユキチカラが練り込まれた小麦の香り立ちの良さは格別。 時間の経過と共にグルテンが溶け出してスープを濁すようなこともありませんでした。 

    スープは会津地鶏の丸鶏を清湯で炊いています。 旨味には地鶏ならではの底力があって、合わされる塩ダレがこれまた秀逸。 す~っと染み入るようなクリアな旨味で、その余韻にはキレの良さがありました。 『信成』さんの既存の清湯スープとはまた趣きの異なるシンプルさが魅力的ですね。 

    麺も載せモノも納得の美味しさなんですが、私的にはスープがとても印象的でした。 恐らくは麺の在庫が無くなれば販売終了になるかと思われます。 まだ完売していなければ迷わず押さえておくべき一杯です。

    category: 郡山市

    Posted on 2017/05/20 Sat. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    麺屋 信成 

    この日は次女の車購入のため、郡山市安積町周辺の自動車販売店を何軒か巡っていました。 どうにも巧い具合に商談がまとまらないのでこの日は諦めることにして、次女のリクエストで『麺屋 信成』さんを訪問しました。 

    shinsei2763.jpg

    14時頃でも店内はほぼ満席に近く、いつもの指定席も先客さんが座っておられたので、珍しく小上がり席に上がり込んでみました。 次女はいつもの如く「辛玉豚骨」で即決。 私は『信成』さんツートップの一翼を担うこちらをオーダーしました。


    黒醬油 (※味玉サービス)
    800円

    shinsei2764.jpg

    言わずと知れた不動の看板メニューにして、多くの中毒者を排出している魔性の漆黒ラーメン。 醤油テイストは濃厚でも塩味は驚くほどマイルドで、動物系清湯の分厚い旨味とほんのり甘いニュアンスが味覚を席巻します。 ミル挽きブラックペッパーの風味も無くてはならないアクセントで、香辛料のスパイシーさが旨味の輪郭を明瞭に浮かび上がらせます。

    shinsei2765.jpg

    薄くスライスされた肩ロースチャーシューは、脂身の口溶けもフワッと柔らかく、旨味に品の良さがあります。 これ以外にも大ぶりなモモ肉チャーシューも敷かれ、チャーシューメン並みの食べ応えを楽しませくれます。

    shinsei2766.jpg

    極太メンマはコリっとした軽快な歯触りで、脇役らしからぬ存在感を発揮。 いつもよりもちょっと盛りの良かった刻みネギは風味と辛みでスープの味わいに奥行きをもたらしながら、フレッシュな水菜の瑞々しさとほろ苦さを伴い、味覚をリフレッシュしてくれます。

    shinsei2767.jpg

    低加水系の中細ストレート麺は、食べ始めは硬質感のある小気味良い歯応えが楽しめ、次第にスープの旨味を吸ったエクストラな美味しさへと変化。 麺そのものの美味しさも秀逸ですが、スープとの絶妙な絡みも大きな魅力の一つです。 

    次女はとにかく『信成』さんの豚骨の大ファンで、私がいくら進めても豚骨以外には目もくれない罰当たりなヤツなのですが、この日は珍しく「黒しょうゆ」に興味を持った様子。 レンゲで何度かスープを掬って味見していましたが、「これって何で出来てるの?」と、初めて口にしたスープに少々驚いていました。 

    もしかしたら、 “ 黒しょうゆ中毒 ” の禁断の扉を開けてしまったのかも?・・・( *´艸`)


    最後にお知らせです。 来たる3月11日(土)、12日(日)の二日間にかけて、福島市の『チャンネルスクエア』にて「チャンネルスクエア2周年子ども祭」が開催されます。

    イベントの一環として有名アーティストとコラボしたスペシャルなラーメンが提供されるそうですから、どうぞお楽しみにしてください。

    category: 郡山市

    Posted on 2017/03/03 Fri. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    麺屋 信成 

    昨年9月末以来のご無沙汰だった『麺屋 信成』さんが、今年の初ラーメンとなりました。 お正月から今まで、他店に行こうと思えば行けないこともなかったのですが、何としてでも今年の一杯目はここで頂くと誓いを立ててから半ば意地になっていました。

    まる3年間にわたり月イチの訪問を欠かすことのなかった私にとって、実に長い4ヵ月でした・・・。

    shinsei2750.jpg

    久しぶりの訪問であれば、信成ファンは「黒しょうゆ」にとどめを刺すところだと思いますが、この日は何だ故か無性に豚骨を欲し、無性に辛い物を欲し、この欲求を満たしてくれるものはこれしかありませんでした♪


    辛玉豚骨
    950円

    shinsei2746.jpg

    白濁とした豚骨スープはクリーミーな舌触りさえ感じさせる本格誂え。 コラーゲン質の膜が生成されるほどの濃厚な炊き上がりでも、豚臭さやクドさを感じさせない極上品です♪ 豚骨をあまり得意とされない方も、ライト系豚骨に物足りなさを感じてしまう方も、両者を満足させてしまう絶妙な濃度加減はお見事。

    shinsei2748.jpg

    バリエーション豊富な載せモノが華やかに彩ります。 チャーシュー、極太メンマ、水菜、ボイルモヤシ、キクラゲなどなど、多種多様な味わいと食感で食べ手を飽きさせません。

    shinsei2747.jpg

    唐辛子や挽き肉で拵えた特製の「辛玉」をスープに溶いてからが本品のハイライト。 唐辛子の辛味と挽き肉の旨味が加わることで、スタイリッシュな豚骨スープが、パンチの効いたコク深い味わいへと一変します。 辛玉と言っても辛過ぎないところがミソで、ここら辺が信成スタイルの真骨頂でしょう。

    shinsei2749.jpg

    低加水の細ストレート麺はパリッとした張りがあって、適度な小麦の香りも感じられます。 スープの絡みも申し分なしで、豚骨ラーメンにはマストな相性ですね。 辛玉で味変させたり、替え玉リクエストしてみたり、載せモノを簡略化した “ シンプル仕様 ” にしてみたり、様々な楽しみ方があるのもこの豚骨ラーメンの大きな魅力です。

    美味しいラーメンを頂いて、ようやく私の2017年が始まりました♪ 今年もお世話になりますヽ( ̄▽ ̄)ノ



    category: 郡山市

    Posted on 2017/01/23 Mon. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    自家製麺 じゃじゃ。 

    昨日から年末休暇に入りましたが、朝から市役所、整形外科、歯科医を受診して、未だに手付かずだった年賀状の印刷にようやく着手( ̄▽ ̄;)ゝ バタバタと慌ただしく休暇初日が過ぎ去ってしまいましたが、時間の隙間を縫って “ 食べ納め ” も済ませてきました。 2016年もまだ3日ありますが、自由に使える時間は今日しかないんですよね・・・。

    昨日はお気に入りのお店の多くが定休日となる “ 魔の水曜日 ” ですが、切望していた『自家製麵じゃじゃ。』さんを訪問する絶好のチャンスでもありました♪

    jajamaru2681.jpg

    外待ちで身体が冷えてしまいましたし、久しぶりに中華そばも良かったのですが、以前から気になっていた限定品を頂いてみることにしました。


    豚そぼろと白湯スープのカレーつけ麺 (並・あつもり ※味玉サービス)
    850円

    jajamaru2676.jpg

    時折りゲリラ的に販売されていた「カレーつけ麺」にようやくありつくことが出来ました。 私的にはお店でカレーライスを頂くことは少ないのですが、ライスが麺に変わったら話しは別です。 好きなんですよね~、カレーラーメン系♪

    jajamaru2678.jpg

    白湯スープがベースとなる漬けダレですが、唐辛子やブラックペッパーでホット&スパイシーさが増長され、フルスロットルのカレーテイストで味覚が席巻されます。 器底ににはチャーダレで味付けされた豚そぼろが沈んでるのですが、それらも漬けダレの旨味を底上げしているんでしょうね。

    漬けダレに散らされた刻みネギも、カレーの濃厚な味わいに微かな清涼感を添えています。

    jajamaru2677.jpg

    多加水の極太ストレート麺は、以前よりふすまの量が多くなっているようで、全粒粉のブレンド比率を変更しているんでしょうか。 漬けダレの温度低下を嫌ってあつもりオーダーしましたが、驚くほど弾力感に富んだむっちむちの噛み応えです。 冷や盛りとはまた違った噛み応えで、これもまたヨシです。

    jajamaru2680.jpg

    たっぷり注がれた漬けダレに豪快に泳がせ、カレー汁の飛沫に気を付けながら啜れば、もう説明不要の “ 華麗 ” な美味しさ( *´艸`) 後半にかけて塩気の強さが少し気になりましたが、このジャンク感が病み付きになるウマさに繋がっていると思います。

    カレーテイスト自体は個性派なものではなく、いわゆるスタンダード系なカレーですが、極太麺と組み合わせたパンチ力はなかなかのものです。 プラス150円のオプションにはなりますが、ブロックチャーシューをトッピングすることも可能ですから、更に破壊力を求められる方はそちらをオーダーしてみるのも良いでしょう。

    『自家製麵じゃじゃ。』さんは今月で開業2周年を迎えたばかりですが、特に若年層からは熱烈的な支持を集めていますね。 すっかり郡山市内でも屈指の人気店としてご成長されています。   

    category: 郡山市

    Posted on 2016/12/29 Thu. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    あたみ食堂 

    この日は家内と猪苗代町方面に紅葉狩りに出掛け、当初は家内のリクエストでどこぞのカフェでランチってプランでしたが、滅多に足を踏み入れないオシャレなお店選びに難儀してたら磐梯熱海まで戻って来てしまいました( ̄▽ ̄;)ゝ もうお昼時ですし、午後の所用前に腹ごしらえはしなくちゃいけませんし、国道49号線を走りながら思い出したのは『あたみ食堂』さんです。

    atami2581.jpg

    今回初めてお邪魔しましたが、温泉街からも少しばかり離れているうえに、幹線道路からも奥まったやや目立ち難い立地ながらも、店内は満席に近い状態で賑わっていました。 地元のご常連さんも多いようですが、会津⇔郡山の移動の途中に来店されるお客様も少なくなく、実は知る人ぞ知る隠れ家的な人気店なんでしょうね。

    メニューは麺類、定食、丼モノなど、食堂でお馴染みの顔ぶれが揃えられています。 あれこれと惹かれる品はありましたが、まずは食堂の人気メニューであろうセットメニューを頂いてみることにしました。


    半カレーらーめん
    830円

    atami2575.jpg

    老舗らしいシンプルなラーメンとちょっと濃ゆそうなカレーの組み合わせに思わずテンションも上がります♪

    ラーメンは由緒正しき食堂系の醤油ラーメンで、鶏ガラなどの動物系に香味野菜、昆布などを炊いていると思われます。 醤油ダレのアタリは穏やかな端麗仕立てながら、昆布出汁由来の甘みをしっかりと感じられますね。 旨味調味料も入っているようですが、クドさを感ずるようなことはなかったと思います。

    atami2576.jpg

    載せモノはチャーシュー、拍子木メンマ、ナルト、刻みネギ、そしてちょっと珍しいのが昆布の細切り。 出汁取りに用いたものと思われ、食感はクタっと柔らかく、昆布の風味もほのかに残っています。 無くてはならないマストアイテムではないかもしれませんが、なかなか面白いアイテムでした。 

    シンプルな布陣ではありますが、とりわけモモチャーシューがジューシーで柔らかく印象的な美味しさでした♪

    atami2578.jpg

    麺はオーソドックスな多加水系の中細ストレート麺。 シコシコした適度な歯応えがあって、老若男女を問わない安定感のある美味しさにホッとします。 麺量は150gほどはあったと思いますが、喉越しの良さも手伝ってスルスルと完食してしまいました。

    atami2577.jpg

    カレーはコクのあるビーフカレーで、粘性はやや高めでちょい辛め。 個性的ではありませんが、なかなかに奥深い味わいですね。 ボリュームも過不足はなく、ラーメンのお供としてお誂え向きでした。


    ぎょうざ
    360円

    atami2580.jpg

    テイクアウトにも応じて下さるイチオシの品のようです。 皮はやや厚めでモチモチとしていて、生姜が効いた餡はとってもジューシー♪ 自家製のこだわりがしっかりと感じられる納得の美味しさを楽しめました。 「えびぎょうざ」もあるようなので次回にでも♪( *´艸`)

    大賑わいにもかかわらず所望品の提供まで大きく待たされることもなく、ホール係の女将さん(?)の朗らかな接客にも好感が持てます。 その魅力をもっと深掘りしてみたくなるような老舗食堂でした。


    category: 郡山市

    Posted on 2016/11/05 Sat. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0