10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

    鳥料理専門 金丸本店 

    本宮市の『鳥料理専門 金丸本店』さんです。 お店の前はそれこそ数え切れない程通っていますが、久しぶりの訪問になります。

    kanemaru2098.jpg

    店前の道路拡張で店舗は新しく建て替えられていますが、大正時代から3代続くと言われますからその歴史は90年以上にものぼる老舗中の老舗です。 近年では塩仕立てのラーメンが人気を博していて、県外からも大勢のお客様が来店されるようで、ラーメンファンからも注目されるお店として繁盛されています。

    品揃えは、麺類は醤油、塩、味噌の3系統。 鶏肉料理では定番の親子丼や唐揚定食をはじめ、カツ系メニューは全て鶏肉か豚肉をチョイスすることが可能です。 鶏料理をメインにされるお店ではありますが、鶏肉を得意とされない方のための受け皿も用意して下さっているようです。


    らーめんセット (中華そば+ミニチキンカツ丼)
    850円

    kanemaru2094.jpg

    お得なセットはこれ以外に、半チャーハン、半カレーをセットにした3種類がラインナップされています。 その日の気分で選べるのも嬉しいところですよね。 

    ラーメンフリークからも評価の高い先述の塩仕立てのラーメン、「鶏塩らーめん」がまだ未食で気にはなっていますが、お店のウリでもある鶏料理も一品添えてみようかと♪( *´艸`) 

    kanemaru2095.jpg

    ミニチキンカツ丼はソースカツ仕立て。 鶏肉は胸肉を用いていて、ミニサイズにしてはなかなかの大きさです。 鶏胸肉なので肉汁したたるようなジューシーさは望むべくもありませんが、鶏肉自体はふっくらと柔らかく仕上げられています。 自家調整と思われるソースは甘み・酸味ともにほどよく、サラッとしているのでクドさも感じません。 油っぽさもなく、千切りキャベツも敷かれるので、サクサクっと軽快に食べ進められますね。

    kanemaru2096.jpg

    創業当時の味を今に伝える中華そばは、丸鶏を炊いているそうです。 豊富に張られた鶏油がそれっぽさを思わせるものの、旨味そのものはすっきりしていますね。 醤油ダレはわずかにエッジを感じさせる主張があって、ベーススープとのバランスもよく、老若男女から親しまれるようなクラシカルさに伝統の趣きを感じました。

    チャーシュー代わりには味付けされた鶏肉がトッピングされます。 どの部位のお肉なのか分かりませんが、コリコリとした小気味良い歯応えでした。 その他の載せモノはお馴染みの顔ぶれがあしらわれますが、ややオイリーなスープを青菜の瑞々しさが中和してくれます。 ちなみにチャーシュー麺にすると豚チャーシューがトッピングされるみたいです。

    kanemaru2097.jpg

    麺は『富多屋生麺』さんの多加水中細麺を合わせています。 王道スタイルの中華そばにビシッとフィットする、まさにテッパンの組み合わせですね。 麺量もなかなかに豊かで、食べ応えもあります。 

    以前の自分がそうだったのですが、 “ 鳥料理専門 ” って肩書や立派な店構から、どことなく敷居を高く感じてしまう方もいるかもしれませんが、肩ひじ張らずに普段使いで楽しめる食堂として親しまれています。

    スポンサーサイト

    category: 中通り

    Posted on 2016/03/01 Tue. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 4  

    旨いらーめん屋 壱麺 

    この日は毎年8月最終の土日に開催される『川俣シャモまつり』に合わせて、川俣町在住の知人を訪ねました。 その前に町内でランチを済ませようと何軒かリサーチをしていたのですが、町を挙げての一大イベントの関係でことごとく臨時休業にぶち当たってしまいました。

    そんなランチ難民と化した私を救ってくれたのが『旨いラーメン屋 壱麺』さんでした。 今回で3度目の訪問になりますが、前回お邪魔したのはもうずいぶん昔のことです。

    ithimen1344.jpg

    もともと地元では名の知れた人気店ですが、先述した通り町内飲食店の多くがお休みを取られていたお陰で、このエリアのランチを一手に引き受けてるのではってくらい異様な混み具合でした。 

    店内はカウンター席にテーブル席、お子様連れでもゆったりくつろげる小上がりも完備される大箱スタイル。 初代と二代目らしき男性が厨房を仕切られ、女性陣がホール係として対応されています。 

    メニューの方は、いつの間にやら “ 自慢の新発売 ” として「札幌こく味噌らーめん」なるものがお目見えしていて、その看板メニューの他に、味噌豚骨、醤油、塩、つけ麺と幅広いバリエーションを展開しています。 もちろんチャーハンや餃子なども取り揃えられ、サイドメニューもなかなか充実していますね。 

    何故に札幌味噌ラー推しなのかは分かりかねますが、ここはとりあえずヨシとしましょうw



    札幌から味噌らーめん
    780円

    ithimen1345.jpg

    何となく辛いものが食べたくて、お勧めの一杯に辛味噌をトッピングしたものを頂くことにしました。 白湯スープに北海道産の味噌を合わせているとのことで、味噌の風味はシャープで塩気も強めです。  赤味噌をベースとする味は濃いめですが、ラードなどの油膜はあまり見られないので、味噌ラーメンとしてはそれほど重厚なタイプではないでしょう。 

    ただし、田舎杓子に載せられた辛味噌を溶けば、それ相応にパンチ力が増しますね。 本場・札幌のお店は未訪ながら、ラーメンショーで体験させて頂いた札幌系を彷彿とさせる雰囲気は感じられました。 

    ithimen1346.jpg

    載せモノがスープに沈んでしまっていますが、バラチャーシュー、半味玉、モヤシなどの野菜がトッピングされています。 チャーシューは繊維が崩れるような柔らかさでなかなかの美味♪

    もう少しだけ盛り付けに気を配ってもらえれば見た目の印象も良くなるハズですが、味には無関係なのでこれもヨシとしましょうww

    ithimen1348.jpg

    麺は多加水縮れ麺ですが、もともとこういう麺なのか、それとも茹で時間の長さが関係しているのか、ゴワっとしたかなり硬めの食感です。 麺量はちょっと控えめに思えましたが、味噌スープも良く絡んでくれました。  


    半五目石焼チャーハン
    190円

    ithimen1347.jpg

    石焼き鍋の中に、白飯、玉子そぼろ、ほぐしチャーシュー、ハム、モヤシなどが載せられコンロで熱々に焼かれて登場です。 火傷しないよう気を付けながら白飯と具材を良くまぜまぜして頂きましょう。

    ithimen1349.jpg

    ご飯の量はお茶碗一杯分ほどで、もうちょっと食べたいって気がしないでもありませんw( ̄▽ ̄;)w お値段相応といったところでしょうか。  

    先述の通り、暫くお邪魔しない間に大幅にメニューが刷新されていてちょっと驚きましたが、なくてはならないお店として地域に愛されていところは昔と変わっていないようです♪

    category: 中通り

    Posted on 2015/09/09 Wed. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    ラーメン類専門店 味よし(みよし) 

    今年初の冷し中華は、本宮市の『ラーメン類専門店 味よし(みよし)』さんで頂いてみました。 本宮駅近くの裏通りにひっそりと店を構えますが、創業30年を超えるそうですからもう老舗の域ですね。 

    miyoshi1142.jpg

    以前にも書いたことがあったと思いましたが、若かりし頃はちょくちょくお邪魔させてもらってたお店で、夏の風物詩と言えばこちらの味噌味の冷し中華がそれでした。


    冷し中華ミソ味
    700円

    miyoshi1139.jpg

    おそらくこちらの冷し中華を頂くのは、20年ぶりくらいになるかもしれません( ̄▽ ̄ⅰ)ゝ 以前のビジュアルはもう忘却の彼方ですが、たぶんここまで彩り鮮やかな載せモノは配されていなかったように思います。 冷や中だって時代と共に進化してるんですね♪ 

    miyoshi1140.jpg

    まず目を惹いたのがご覧の厚焼き玉子w( ̄▽ ̄;)w 同じ卵焼きでも定番はやっぱり錦糸卵だと思われ、これは従来のものには載ってなかった筈ですが、如何にも手作り感が伝わってきて良いじゃないですか♪(〃▽〃)

    miyoshi1141.jpg

    その他は、細切りされたチャーシューや、瑞々しい種々のお野菜、缶詰ミカン、和辛子載せナルト、そしてマヨネーズも標準搭載。 麺を引っ張り出すのに一苦労するほどたくさんの載せモノで彩られています。

    miyoshi1143.jpg

    『味よし』さんは味噌ラーメンには特にこだわりをお持ちで、冷や中スープも味噌味ってところがミソ♪(・ω・)ノ 酸味もマイルですし、白味噌ベースの味噌テイストと和辛子&マヨネーズのコラボも実に良く会います。 あ~、懐かしやこのお味( *´艸`)

    麺は二本松市の国道4号下り線沿い『二本松ドライブイン』さんとご関係があるらしく、同じ敷地内の『高橋製麺所』さんから取り寄せておられるそうです。 細すぎず太すぎずの多加水平打ちストレート麺は、つるっとした滑らかな喉越しがなんとも心地よいですが、昔よく食べていたころのものとは別なものに代わっているようです。

    従来の麺は喜多方ラーメンを彷彿とさせるような、存在感のある太縮れ麺だったのですが、震災で製麺機が損壊して稼働不能となりその麺を使うことが出来なくなってしまったようです。 当時の麺を懐かしむご常連さんも少なくないらしく、正直に申せば私もその一人ってことになりますが、これは如何ともし難いところです(´・ω・`) 

    昔から変わらぬ味を守り続けることの難しさに改めて気づかされました。 昔の面影はちょびっとだけ薄くなってしまいましたが、それでも若かりし頃の記憶がふっと蘇ってくる思い出の一皿です。

    category: 中通り

    Posted on 2015/07/24 Fri. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    日の出家 本宮店 

    昨年9月以来になる『日の出家 本宮店』さんです。 この日はランチを摂り損ねていたのですが、本宮エリアで貴重な通し営業(土日祝のみ)されているこちらに救ってもらいました。

    hinodeya0936.jpg

    お店に到着したのが16時半頃で、すでに空腹も限界に達していました(;´Д`) この際だから大盛りor味玉無料のクーポンを行使してがっつり頂いちゃうのもアリかなって思いつつ、数時間後に迫る晩酌の分のオナカも空けておこうと、オプションなしで月替わりの限定麺をオーダーすることにしました。


    今月の特製中華 ごま味噌
    730円 (税込789円)

    hinodeya0932.jpg

    ごま味噌ラーメン自体は決して珍しいラーメンではないと思いますが、降り積もった粉雪が如き大量の摺り胡麻を掛け回すビジュアルは、ちょっと個性的ですらありますねw( ̄▽ ̄;)w

    hinodeya0933.jpg

    スープは味噌テイストがしっかり効いていますがが、基本的にはサラッとした軽快な仕立てです。 ほんの少しニンニクの風味も感じますが、塩味もマイルドですし、味噌ラーメンのスープとしては端麗な部類に入ると思います。

    スープ自体には胡麻の風味付けはされておらず、あくまでも丼全体を覆い尽くす摺り胡麻がメインのようですね。

    hinodeya0934.jpg

    見た目ではほとんど判別不能だと思いますが、摺り胡麻の下には豚バラチャーシューやメンマが敷かれていて、スープ中にはモヤシやカットキャベツ等のお野菜も潜んでいます。

    hinodeya0935.jpg

    麺はやや平打ちタイプの多加水中細麺。 つるるんと滑らかな麺肌で、適度にコシのある食感も上々です。 麺量はさほど多くありませんが、先述のお野菜と一緒に頬張っているとそこそこ満腹感に浸れると思います。

    脂っこさや塩っ辛さも控えめな味わいは、女性やご年配の方にも受け入れてもらえそうな優しい仕立てに思えました。 このメニューも今週末で提供終了すると思いますが、次月の限定も気になりますね♪

    category: 中通り

    Posted on 2015/05/29 Fri. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    柏屋食堂 

    老舗食堂が多い本宮市内においても、恐らく最古参と思われる『柏屋食堂』さんです。
    お店の歴史を辿りますと明治時代にまで遡るそうですが、 “ 名代ソースかつ丼 ” が名物メニューとして余りにも有名ですね。 今までに何度かお邪魔していますが、当ブログは初登場です。

    kashiwaya0163.jpg

    暖簾を潜るとすぐにテーブル席があって、その奥には座敷席が幾つか設けられています。 混雑時に解放される2階の広間も含めれば、収容人数はかなりの数になる筈です。 各種宴会にも応需されていますから、忘新年会シーズンのこれからの季節は、益々大勢のお客さんで賑わうことになるのでしょう。

    品揃えの方は人気のトンカツを中心に、うどん、蕎麦、ラーメンなど、食堂でお馴染みの顔ぶれが並び、本宮市特産の本宮烏骨鶏の卵を使ったお品もラインナップされています。



    ラーメンセット
    900円

    kashiwaya0173.jpg

    未食だった醤油ラーメンも食べたくなってセットにしちゃいました・・・( ̄▽ ̄ⅰ)ゞ  ソースかつ丼とラーメンは、いわゆるハーフ&ハーフですが、サラダや香物まで一緒に付いたお得感ありのセットですね。

    kashiwaya0166.jpg

    まずはじめにソースかつ丼です♪(〃▽〃) お肉は筋っぽさもなくすっと歯切れる柔らかさで、カリッと香ばしい衣に掛けられるオリジナルの甘口ソースが食欲を覚醒させます。 お肉の柔らかさも然ることながら、長年継ぎ足しながら使っているという秘伝のソースも美味しさの決め手になっていると思います。 

    kashiwaya0167.jpg

    ソースかつ丼には千切りキャベツが敷かれていないので、生野菜サラダ添えは嬉しいところ。 シャッキシャキの瑞々しい野菜には胡麻ドレッシングが掛けられていました。 

    kashiwaya0165.jpg

    ラーメンは出汁に鶏ガラや香味野菜などを炊いていると思われますが、油浮きの少ないスッキリ系の正統派醤油ラーメンで、ハーフサイズとは言いながら、ロースチャーシュー、メンマ、青菜、海苔など、必要にして充分な載せモノが充てがわれていました。

    kashiwaya0168.jpg

    多加水系の中細麺もスープ同様にクラシカルな趣を感じさせるものです。 個性を訴えるような要素も無い代わりに、このタイプの中華麺だからこその昔ながらの食堂系スタイルで食べ手を魅了します( *´艸`)

    シンプルさの中にも、毎日でも食べたくなるような味わい深さが存在しています。


    このセットはラーメン以外にも、蕎麦、うどんを組み合わせたバリエーションも用意されていますから、好みの麺類から選んでも楽しめます( *´艸`) 

    最近マイブームの煮込みカツ丼もヒジョーに気になってきましたΨ( ̄∀ ̄)Ψ

    category: 中通り

    Posted on 2014/11/08 Sat. 12:00  edit  |  tb: 0   cm: 4  

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。