01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

    野田町食堂 

    今回は福島市に足を延ばしてみました。
    野田町の須川診療所の真向かいにあります。


    P1000215(1).jpg


    緑のテントの下に掲げられた、比較的新しめの赤い暖簾が食堂であることを主張していますが、以前はこの暖簾すら無かったとか。どこか奥ゆかしさを漂わせつつも、永らくこの土地に根差し営業され続けてきた事を誇らしげに物語っているような佇まい。

    店内に目を移せば、昭和中期頃のノスタルジーさを色濃く残した素朴で飾り気のない造り。小上がりもカウンター席もないコンパクトさで、5人掛けのテーブルが2つのみ。先客のご常連さんに相席を許してもらい、そのテーブル席に着座するや否や女将さんに注文を聞かれ思わずたじろぐ(笑)  お目当ての品を告げると、女将さんはテーブル上に置かれていた新聞や雑誌を物色し、『これでも読んで待ってて下さいね』と「シティ情報福島」を私に手渡してくれました。客に合わせて暇つぶしのアイテムを女将さん自ら見立ててくれるのです。奇しくもその雑誌の中身はラーメン屋の特集が組まれており、一瞥して私の素性を見抜かれる鋭い洞察力に再びたじろぐ(笑)





    半チャンラーメン
    660円

    P1000218(1).jpg


    どこぞで見覚えのあるような漆黒色のスープが目を惹きます。ちなみにこちらのラーメンですが、このビジュアルにして単品だと衝撃の380円。



    P1000219(1).jpg


    濃い目でありながら刺々しさを全く感じない、円やかなコクと仄かな甘味を含んだ醤油スープは、遠く離れた郡山市内で継承されてきた漆黒系のラーメンと、そのルーツがどこかでオーバーラップしているのではないかと思うほどの共通点を感じます。丼の左側に載っている黒い物体は、柔らかく煮込まれた牛スジ・・ではなくてメンマです(笑)一体どれだけ煮込まれていたのか、繊維は完全に解れメンマ特有のコリコリした食感など皆無に等しく、歯の必要性を感じないほどトロトロです。



    P1000221(1).jpg


    ナチュラルウェーブの掛けられた中細麺は、噛み応えよりもしっとりとした食感を楽しむもの。食べ進むうちに濃いめのスープを吸って良い感じに味が染みてきます。勿論、チャーシューや蒲鉾と言ったトッピング類も全てこのスープの支配下に置かれ、どこまでもその旨味が纏わり付いてきます。



    P1000220(1).jpg


    玉子焼き、グリーンピ-ス、紅生姜、彩りのバランスも鮮やかで、賽の目切りにされたチャーシューがふんだんに使用された、ちょっとだけ贅沢にも思える半チャーハン。若干オイリーでパラっとしたタイプではありませんが、もともとセットで供されているだけありラーメンとの食べ合わせは最強。


    店主さんは厨房に入ったきりで言葉を交わす事が出来ませんでしたが、帰り際に女将さんから味はどうだったかと尋ねられ、大変満足し必ず再訪する旨を伝えた所、次回来る時の為に駐車場の案内までして下さいました。
    この女将さん、思わず微笑んでしまうほどチャーミングな方で、料理の写真撮影を願い出たら『ど~ぞ、ど~ぞ、じゃんじゃん撮っていっぱい宣伝してね~』と・・(笑)


    こんな女将さんも、店構えが醸し出す雰囲気も全部ひっくるめて、かなーり気に入りました♪




    スポンサーサイト

    category: 福島市

    Posted on 2011/02/28 Mon. 11:51  edit  |  tb: 0   cm: 6  

    ミーコック 

    二本松市松岡の「ミーコック」です。
    以前、無芸大食さんのブログ「今夜も無芸大食」にコメントさせて頂いた時のことですが、無芸さんから「二本松市のミーコックは全国区レベルですけど・・」とのご返信を賜りました。何となく遠まわしに、「行ってみるべし」とオススメされたような気がして訪問しました(笑)



    P1000213(1).jpg


    ここからすぐの某有名店には何度も通っていますが、こんな場所にお店があったとは気付きませんでした。暖簾を潜るとすぐにカウンター席があり、その奥にテーブル席、最奥には小上がり席と、細長い間取りの店内にはご常連さんが数名いらっしゃいました。

    ※ちなみにこちらのお店は、テレビ局のも含め取材は全てお断りしているそうで、写真を撮りたい場合は事前にお店の方の承諾を得て欲しいとの事でした。







    ラーメン
    480円

    P1000214(1).jpg


    藍色に縁取られた丼のせいもあってか、顔つきがどことなく締まって見えます。値段を考慮すれば、大ぶりと言っても何ら差し支えないほどのチャーシューがトッピングされ、油分少なめの鶏ガラベースと思しきあっさり系スープがやや多めに注がれています。若干湯切りの甘さは見られるものの、多加水の中細麺は滑らかな舌触りで、硬めに茹で上げられた歯応えも申し分ありません。チャーシューは醤油タレで煮込まれ味付けが施されたものではありませんが、適度な柔らかさとムチっとした弾力ある食感。スープには化調に由来する旨味成分もあったような気がしますが、この旨味こそが私的に懐かしいと思わせるポイントだったりもします。
    この値段にして、食後にアイスコーヒーのサービスもあります。


    完全に街並みに溶け込んでいるこちらの店舗に気付かれる方はそう多くないと思いますが、この店構えから発せられる一種のオーラのようなものを嗅ぎ取れる嗅覚をお持ちの方には、その存在が堪らなく魅力的に映ることでしょう。店内はほぼ100%ご常連さんで、一見さんは何となくアウェー感を抱かれるかもしれませんが(笑)ご主人も女将さんもとても気さくな方でした。
    この次は有名なカツ丼狙いで♪






    category: 二本松市

    Posted on 2011/02/23 Wed. 15:17  edit  |  tb: 0   cm: 4  

    麺屋 助六 

    郡山駅前の「麺屋 助六」です。
    昨年の春以来、10ヵ月ぶりの再訪になります。



    P1000210a(1).jpg


    駅前という立地もあってか、中年のサラリーマン、カップル、ご年配の女性同士など幅広い客層から支持を得ているようで、お昼時を過ぎても絶えずお客さんがいらっしゃるようです。以前は女性スタッフのみだったように記憶していますが、男性スタッフも厨房に立たれていました。






    支那そばチャーシュー
    850円

    P1000207(1).jpg


    お店の顔とも言うべき「助六ラーメン」は前回頂いているので、支那そばをチャーシュー増しでオーダーしてみました。「支那そば」と言いつつも、このバラロールチャーシューが大量に鎮座しているお陰で郷愁感とは無縁のゴージャスなビジュアル。画像には写ってませんが、これに無料で供される茹で玉子もセルフトッピングしてるので更にボリュームアップ。スープは鶏や豚の動物系の出汁に、煮干しなどの魚介も感じられるシンプルな味わいですが、ぷりぷりの柔らかチャーシューから染み出る脂がスープのコク増しにも貢献しているようです。



    P1000209(1).jpg


    加水率高めの中太ストレート麺は奇をてらわないスタンダードタイプ。王道的組み合わせとも言えますが、懐かしいと思わせるツボを押さえた味わいながら、古臭さを感じさせない辺りはさすが。



    もちろん、御大の計り知れないほど大きな後ろ楯は無視出来ないものの「トクちゃん姉妹店」を掲げられ、本店とは異なるアプローチでオリジナルメニューを展開されている実力を侮る事は出来ません。付け加えて、穏やかで丁寧な接客が醸し出す店内の居心地の良さも高ポイント。









    category: 郡山市

    Posted on 2011/02/18 Fri. 16:36  edit  |  tb: 0   cm: 6  

    麺菜房 櫻喜 

    先月「なるき」さんでタンメンの美味しさに開眼し、郡山三大タンメンを制覇すべく、その第2弾としてこちらに伺ってみました。



    P1000201(1).jpg


    11時30分頃に一番客として入店しましたが、その後20分でほぼ満席となりました。カウンター席の頭上には、「赤坂璃宮」の譚彦彬氏、「四川飯店」の陳健一氏と、こちらの店主が一緒に写られた大きな写真が飾られています。このお二方のお店で修業されたということなのでしょうか。



    P1000202(1).jpg


    見慣れたラーメン屋さんのメニューとは異なり、中華食堂らしいメニューが並びます。カウンター席に座ると、店主が調理している様子をじっくり拝見することが出来ます。







    五目たんめん
    750円

    P1000203(1).jpg



    火の通りが早い具材と、火が通るまでにある程度の時間を要す具材を別々に炒めてから、中華鍋に投入された鶏ガラベースと思しきスープ中でミックスされます。その過程では実に様々な調味料が加えられ(←良く分かっていない・笑)中華の奥深さを垣間見たような気がします。他のお客さんがオーダーされたチャーハンの調理を眺めていましたが、右手に中華お玉を携え、左手で繰り出される豪快且つ華麗な鍋振りに思わず感嘆の声を上げてしまいました。


    さて、私がオーダーした五目たんめんですが、ただでさえ具沢山なタンメンに味玉までトッピングされてデラックス感マシマシ。野菜は大き目にカットされているせいか、しんなりよりもシャキシャキした食感。その野菜や豚肉、魚介類を炒める時に使用された油分に由来するコクが、このタンメンの一つのポイントになると思います。


    P1000205(1).jpg


    多加水のストレート中麺は、一般的な中華麺の域を越えるような個性的なタイプではありませんが、キッチンタイマーでキッチリ茹で時間を管理されていて、弾力のあるプリプリとした食感を楽しむ事が出来ます。更には、前述した油分が纏わり付き、スープの旨味も一緒に持ち上げてくれます。「タンメン=あっさり」という私の固定観念は完全に払拭されました。


    P1000206(1).jpg


    味だけではなく、見た目でも楽しませてくれる念の入った下ごしらえ。厨房内には奥様らしき方もいらっしゃいましたが、調理から盛り付けまで全てお一人でこなされる、店主の職人魂が成せる業といったところでしょうか。


    それにしても、大槻町には個性的でディープなお店がひしめき合ってるように思うのですが・・(笑)




    category: 郡山市

    Posted on 2011/02/15 Tue. 14:11  edit  |  tb: 0   cm: 6  

    平安 

    以前どなたかのブログでお見掛けして存じ上げていましたが、相当な歴史をお持ちとのことで伺ってみました。



    P1000194(1).jpg


    どことなく雅やかで、品がある店名にも思えるのですが(笑)店舗は至って普通で、昔懐かしいような雰囲気は希薄です。旧店舗から移転でもされて来たのでしょうか。






    ラーメン
    450円

    P1000195(1).jpg


    室温との差で湯気が立ち込め、曇り気味の画像になってしまいました。
    ごくシンプルなトッピングのせいもあってか、丼内にみっちりと麺が詰まっているようにも見えます。鶏出汁の香りは確認出来ましたが、醤油タレの存在がそれを大きく上回り前面に出ています。油層も少なめで、見た目通りのあっさりした味わい。



    P1000197(1).jpg


    この麺は、多加水麺のツルっとした舌触りや、モチっプリっとした弾力のある噛み応えは感じられず、かと言って低加水麺ようなモソモソ感やプツっと噛み切れる硬質な感じでもない、今まで経験したことのない不思議な食感。太さが均一ではない縮れの強い細麺でしたが、茹で上げの絶妙なタイミングは店主の長年の経験から培われたものなのでしょう。



    P1000198(1).jpg


    「タレ」と書かれた容器が気になり女将さんにお聞きしましたが、ラーメン用の醤油タレだそうで、この醤油タレやお酢、一味、胡椒等を自由に投入して自分好みに調整して味わうのが流儀のようです。某ラーメンチェーン店でも頑なにデフォで食べる事をモットーとする私にとってカスタマイズは最後の最後の手段なのですが、お店の流儀に則って何となくお酢を投入してみました・・・す、酸っぱいデス(笑)

    店主も女将さんも、話し掛けてみるととても気さくな方でした。次回は胡椒と一味をブレンドして味わってみようかと(笑)




    P1000199(1).jpg


    おまけ。
    テーブル席側の壁に掲げられていた大きなポスターですが、どなたでしょう?




    category: 郡山市

    Posted on 2011/02/14 Mon. 14:37  edit  |  tb: 0   cm: 6  

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。