03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

    春木屋 郡山分店 

    郡山市桑野の『春木屋 郡山分店』さんを訪問しました。 図らずも前回の訪問から一年半ものインターバルが空いてしまいました(汗)


    P1010370b.jpg


    そんな長いブランクを引っ提げてお馴染の白い暖簾を潜りますと、先頃行われた「ふくしまラーメンショー2012 郡山一麺会 試食会」でもお世話になった店長の須賀一成さんが、わざわざお仕事の手を止めて丁寧に出迎えて下さいました。 

    既に午後1時半も過ぎていると言うのに多くの客席が埋め尽くされ、その後も県内屈指の人気店が誇る唯一無二の味を求め、途絶えることなくお客さんが来店されておりました。




    つけ麺(あつもり 1.5玉)
    850円

    P1010373.jpg


    基本の中華そばにも惹かれつつ、久しぶりにつけ麺を頼んでみました。 ちなみに、デフォの麺2玉だとちょびっと手に余るようなお年頃になってきたので、1.5玉にボリュームダウン(笑) 


    P1010371a.jpg


    まずはつけダレですが、こちらの真骨頂とも言える魚介風味をベースに、酸味と辛味をアクセントととして重ね合わせます。 魚介出汁、酸味、辛味のいずれもがエッヂを効かせながら自己主張を見せ、鮮明な味のディテールを描いていた以前のテイストと比較しますと、それぞれが協調し合うようなマイルド方向に変化しているように感じられます。 決してインパクトが薄らいだとかではなく、時代と共にソフィスティケイトされた味わいへの「進化」と捉えるべきところでしょう。

    つけダレの中には、麺量少なめでオーダーした代わりにサービスして下さる味玉をはじめ、メンマ、ブロックチャーシューがゴロゴロっと潜んでいますが、上に載せられているスライスチャーシューは須賀さんからのご好意です。


    P1010372a.jpg


    荻窪本店の創業者が蕎麦屋さんで修業された名残とも言われる独特の色味を映す自家製麺は、4種類の小麦をブレンドした中太縮れタイプ。 あつもりはベーススープに浸されているので、解れやすく冷め難いというメリットも享受出来ます。


    P1010375a.jpg


    「もちっ」とした噛み応えと共に、低加水麺であることを窺わせる「もそもそ」した食感が特徴的。 丁寧な手揉みで付けられた強縮れがつけダレをしっかり掴み上げ、その旨味を余すところなく伝えてくれます。 店舗二階の製麺室で作られる打ち立てフレッシュな中華麺ですから、小麦の香り高い風味も実に秀逸です。

    麺は全て食べ切ってしまわず少しだけ残しておいて、スープ割りしてもらったつけダレに投下すれば「中華そば」として一度で二度も美味しく楽しめてしまうという優れ物。 宜しければお試し下さい。


    出来る事なら須賀店長といろいろお話させて頂きたいところでしたが、午後二時を迎えても一向に客足が途絶えることはなく、厨房内で手際良く立ち振舞っておられる姿を拝見し、ご挨拶だけしてお店を後にしました。

    時代と共に舌が肥えていくお客さんに ” 変わらぬ味 ” と評価してもらうには、つねに進化の手を緩めてはならないというのが「春木屋哲学」。 昭和24年創業の本店のイデオロギーは、ここ郡山分店にも脈々と受け継がれています。

      
    スポンサーサイト

    category: 郡山市

    Posted on 2012/04/29 Sun. 00:24  edit  |  tb: 0   cm: 6  

    ふくしまラーメンショー2012 出店社 スポットCM 

    開催まで秒読み段階へと突入した『ふくしまラーメンショー2012』
    このイベントに懸けるご店主様方の熱いメッセージと、その魅力的な一杯を動画でご紹介します。



    ふくしまラーメンショー2012 【郡山一麺会】





    ふくしまラーメンショー2012 【蟹専門 けいすけ 北の章】





    ふくしまラーメンショー2012 【せたが屋】





    ふくしまラーメンショー2012 【麺家いろは】





    ふくしまラーメンショー2012 【真武咲弥】





    ふくしまラーメンショー2012 【博多だるま】





    ふくしまラーメンショー2012 【麺屋宗】





    ふくしまラーメンショー2012 【さいころ】





    ふくしまラーメンショー2012 【ラーメン凪】





    ふくしまラーメンショー2012 【気むずかし家】





    どちらのお店も魅力的で目移りしてしまいますよね。 どことどこのラーメンにしようか迷ってしまわれた方は、フルコンプリートにチャレンジしてみては如何でしょう! 

    前売券の発売は開催日前日の5月1日(火)迄となっております。
    全国にその名を轟かす名店の渾身の一杯をご賞味下さい。



    category: ふくしまラーメンショー2012

    Posted on 2012/04/27 Fri. 10:04  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    ふくしまラーメンショー 郡山一麺会 試食会 

    昨日、『ふくしまラーメンショー2012』に出店される郡山一麺会さんの試食会が開催されまして、光栄なことに我々インターネット応援団もお招きに預かり、応援団長の無芸大食さん、「徒然なるままに・・・。」のよはんさん、私の3名が参加させて頂きました。 会場となりましたのは同会に加盟しておられる朝日の『らーめん胆振』さんです。 


    P1010346.jpg


    会場にはこの試食会の様子を収めるべく、福島中央テレビさんの取材クルーがカメラが据えてスタンバっております。 一麺会からは『ますや本店』の柴原さん、『春木屋郡山分店』の須賀さん、『らーめん胆振』の野崎さん、『お食事処 三八太』の三瓶さん、そして『トクちゃんらーめん』の小島さんらが一堂に会し、この試食会の準備に当たって下さいました。


    P1010347.jpg

    P1010350.jpg


    試食に先立ち、一麺会の会長を務められる柴原さんより、このラーメンについての説明がありました。 一つのお店としてではなく、個性的なお店が連なる一麺会の「夢のコラボレーション」を具現化されるまでのご苦労は、並々ならぬものがあったことでしょう。 


    P1010359.jpg


    その「夢のコラボレーション」を具体的に見ていくことにしましょう。 まず、醤油タレは『ますや本店』、『トクちゃんらーめん』、『らーめん 幸司』、『春木屋』さんの四種類をブレンド。 


    P1010361.jpg


    麺はご存知「大地の麺」を使用されます。 「あさか舞」の米粉や地酒をブレンドした一麺会オリジナルの中華麺です。 


    P1010364.jpg


    チャーシューは『胆振』さんと『三八太』さんのものが載せられるとのこと。 こんなスペシャルコラボが醸し出す味わいが如何なるものになるのか、想像すら付きません。 






    大地の麺・絆
    (試作品)

    P1010352.jpg


    一麺会職人達の一致協力のもとに創り上げられた一杯は、『大地の麺・絆』と命名されました。


    スープは『ますや本店』さんの軟骨豚ガラ、『春木屋』さんの鰹節、『トクちゃんらーめん』さんの土佐鰹節、『らーめん幸司』さんの会津地鶏ガラを使用されているとのこと。 ほのかに甘いニュアンスを纏ったスープからは前述の、豚、鶏、魚介の存在がきっちりと感じられ、たっぷりめに張られた油層がふくよかなコクを伝えてきます。 4店舗ブレンドの醤油タレは際立つような風味は抑え込まれ、角の取れた口当たり柔らかなテイストで出汁の旨味に馴染んでおります。 

    各店のアイデンティティとも言えるアイテムをミックスし、ここまで纏め上げるのが至難の業であったことは、素人の私でも容易に想像出来ます。 


    P1010353.jpg

    P1010357a.jpg


    『三八太』さんと『胆振』さんのチャーシューは、ジューシー且つしっとりとした柔らかな食感で、味の染み渡り加減も素晴らしい逸品中の逸品。 チャーシューに定評のある両店だからこそ為し得る、贅沢なコラボチャーシューにきっとご満足頂けることでしょう。  


    P1010368.jpg


    喜多方や白河といったご当地ラーメンにも負けないラーメンを作ろうと、平成15年に開発された一麺会オリジナル『大地の麺』。 開発に際しては米粉の配合率にご苦労なさったとのことですが、このスープとの相性や如何に。


    P1010355a.jpg


    加水率高めの中細フォルムの麺はシルキータッチの滑らかな喉越しと、米粉に由来する「もっちり」したコシのある食感が特徴です。 私に供された一杯はやや茹で時間が長かったようで、この弾力ある食感が少しだけ希薄に感じられましたが、そのポテンシャルの高さは無芸大食さんも絶賛されております。 この麺が持つ魅力を生かし切る為のスープ作りにより一層の改良が加えられるとも伺っておりますので、お披露目の日を楽しみに待つことにしましょう。


    プロトタイプではありますが、贅沢感漂うラーメンに試食された皆様の顔も自然に綻んでいたのが印象的でした。 
     

    P1010366.jpg


    深い「絆」のもとに集結した ” 頑固おやじ達 ” の心意気が詰まったラーメンが味わえるのは、5月2日~6日の5日間のみ。 この機会を逸することなく、究極の一杯をご賞味頂きたいと思います。


    category: ふくしまラーメンショー2012

    Posted on 2012/04/19 Thu. 22:23  edit  |  tb: 0   cm: 16  

    麺創研かなで・改 

    4月とは思えぬ真冬のような風雪が吹き荒れるなか、高速バスを利用して東京に出掛けてきました。 お連れの方々は銘々にお目当てがあるとのことで、これは好機到来とばかりに一人ラーメン行脚を決め込みます。 


    P1010319.jpg


    ” 爆弾低気圧 ” の通過で大荒れの福島とは打って変わり東京は穏やかな天気で、既に桜も五分咲き程度まで開花しておりました。 そんな桜の花もそこそこに京王線に乗り換え、目指す先はと言えば府中駅。 とくれば当然、お目当てのお店はこちらになります。


    P1010320.jpg


    会津ご出身の「にゃみ」さんがご店主を務められる『麺創研 かなで・改』さんです。 ウーロンさんのブログ『ウーロンblog(福島のラーメン食べ歩き)』で度々紹介されておりまして、訪問する機会を虎視眈眈と狙っていた意中の一軒になります。

    店内はカウンター7席のみとこぢんまりしてはおりますが、一杯のラーメンを心ゆくまで堪能する為に設えられたようなモダンで落ち着いた雰囲気がどこか都会的です(←おのぼりさん状態ww)

    そして、カウンター越しの厨房には、スタッフさんとお二人で切り盛りされるにゃみさんの姿が・・。 恐れ多くてお声掛けなどは出来ませんでしたが、ラーメン界で最も権威があるとされる「ラーメン大賞」の複数部門で上位にランクインした実力店に相応しい、至極丁寧なお仕事ぶりに思わず見入ってしまいました。 
     



    かなで煮干しラーメン
    980円

    P1010323.jpg


    店内入口にある券売機の「オススメ」に従い、この一杯を所望してみました。 器も含め、やはり都会的センスを感じずにはいられません。 


    P1010324.jpg


    表層には動物出汁由来のものと思しき、ゼラチン質の膜が見て取れるかと思います。 鶏や豚骨の動物系を基本ベースとして数種類の上質な煮干しをブレンドするスープは、ニボ風味を極限まで高めていながら、生臭みやエグ味などは微塵も感じさせず、煮干しの良い所のみを丁寧に抽出したような味わい。 

    そんなニボテイストを受け止める醤油タレは、香り立つ生醤油の風味をそのまま活かす為に、生醤油と熟成醤油を丼内でミックスさせております。 「Wタレ」と呼ばれる珍しい手法のようですが、決して奇をてらうようなことはなく、スープに深みを与えてるのはこんなアプローチに因るところも大きいのかと。
     

    P1010325.jpg


    チャーシューは低温真空調理された国産豚肩ロース(写真手前側)と、鳥取県の銘柄鶏「大山鶏」の胸肉をじっくり煮込んだ二種類のチャーシューがトッピング。 どちらも手の込んだ仕込みが施されているだけあって、肉本来の旨味と同時にジューシーで柔らかな食感も存分に堪能出来ます。 個人的な好みで言えば、鶏チャーシューの方がスープとの相性も良かったように感じました。 

    メンマは長さ15センチはあろうかという柔らかい穂先メンマ、名古屋コーチンの玉子を使った味玉など、厳選された素材が惜しげもなく使用されております。


    P1010326.jpg


    100%国産小麦を使用するストレート細麺は、しっとりしなやかで「ぶつっ」という歯切れの良い食感を伴い、細身でありながらスープの旨味を一身に纏い上げてくれます。 高い品質を維持するため製麺には細やかな配慮がなされ、そんなこだわりから生み出される自家製麺が特筆すべき美味さであることは、改めて言うまでもないことでしょう。 


    スープ、麺、具材の全てが一つの丼の中で調和を ” かなで ” るような、バランス重視の洗練されたラーメンでありながら、マニアをも唸らせる力強いインパクトも併せ持つ一杯に、ただただ感服するばかり・・。 

    いつの日か故郷に錦を飾ってくれることを期待しながら、超激戦区東京での益々のご活躍をお祈りしております。   


    P1010321.jpg

    P1010328.jpg


    ちなみにこの店舗の斜向かいには、『かなで・改』さんの洗練された品とはまるで趣の異なる一杯をラインナップする二号店『麺創研かなで 紅 -KURENAI-』さんが店を構えておられます。 にゃみさんのずば抜けたラーメンセンスの虜になったお客さんが長い行列を作っていました。 





    category: 東京都

    Posted on 2012/04/15 Sun. 19:23  edit  |  tb: 0   cm: 4  

    ふくしまラーメンショー 2012 出店店舗詳細 

    titlejpg.jpg
    flier3.jpg


    『ふくしまラーメンショー2012』に出店される10店の詳細情報が、主催者である福島中央テレビさんのWEBページにて公開されております。

    福島中央テレビ イベント情報


    また4月13日(金)、4月19日(木)、4月27日(金)の、計3回に亘り、『ゴジてれchu!』番組内にて、特集を放送する予定になっております。 

    「国民食」と言われているラーメンですが、今日では国内は愚か、世界をも視野に入れたグローバルマーケットのビジネスとして成長し続けております。 どこのお店にも負けない一番美味しいラーメンを作るという信念を貫き通し、押しも押されぬ超人気店へとのし上がったビッグネームのこのイベントに懸ける強い意気込みを拝見して頂ければ、自ずと開成山に足が向いてしまうことでしょう。

    是非是非、ご覧頂きたいと思います。





    FCTさんのホームページで、本イベントのインターネット応援団のブログリンクが掲載されております。 開催に向けて今後も情報提供に努めて参りますので、ご期待下さい。

    ふくしまラーメンショー応援団



    category: ふくしまラーメンショー2012

    Posted on 2012/04/14 Sat. 10:00  edit  |  tb: 1   cm: 0  

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。