12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

    麺処 中華惣菜 若武者 

    ある日の夕方のこと、『麺処 中華惣菜 若武者』さんで、杯数限定のラーメンが提供されるとの情報を傍受しました。 時折、ゲリラ的に限定メニューを繰り出しておられることは以前から存じ上げていたものの、なかなかタイミングを合わせることが出来ずに涙を飲んでおりました。 この日は、図らずも二本松市内へ出掛ける予定がありましたので、こんな好機をみすみす逃してたまるかと、取るものもとりあえず現地へ急行いたしました。


    wakamusya0256.jpg


    折しも、数日前の積雪に追い打ちをかけるかのように、深々と雪が降りしきる生憎の夜でしたが、途絶えることなくお客様が来店されています。 この時テーブル席にいらしたお若い女性二人組は、こんな悪天候にもかかわらず栃木県からお見えになられたのだとか。 「栃木から週イチで通っちゃいます~♪」なんて頼もしい一言まで飛び出すほど、こちらの一杯をいたくお気に召したようでした。




    俺流特濃長浜ラーメン(限定につき提供は終了しています)
    850円

    wakamusya0257.jpg



    ででーんとゴージャスなビジュアルを引っ提げて登場。 博多ご当地の長浜ラーメンを謳ってはおりますが、あくまでもご店主山本さんの ” 俺流 ” アレンジ。 

    色彩も豊かなトッピング達は、チャーシュー、半玉、紅生姜、白髪ネギ、キクラゲ、高菜、更にスープの中には粒状の背脂とボイルされたモヤシまで潜んでいます。


    wakamusya0258.jpg


    そんな多彩な載せ物も然ることながら、泡立つほどクリーミーなスープに目を惹かれることでしょう。 
    もはやペーストに近いほどの粘性を感じる特濃スープは、豚足やカシラといったお肉が付いている部位をふんだんに使用しているとのことで、ゲンコツなどの骨を大量に炊き上げて作る豚骨スープとは、若干ニュアンスの異なる味わいに仕上がるのだそうです。

    コラーゲン質をふんだんに含んだそれは、コク味を凝縮させたような濃厚な舌触りながら、後味に諄さやしつこさは残しません。 もちろん臭みなども一切感じさせることはなく、豊潤な豚骨テイストを存分に堪能出来る仕立て上がりになっています。 

    ただ濃厚なだけではない、巧みな旨味の引き出し方にご店主のセンスをうかがわせ、まさに ” 俺流 ” の真骨頂と言えるオリジナリティ溢れる豚骨ラーを完成させています。


    wakamusya0259.jpg


    厚さ2センチはあろうかという大ぶりなチャーシューは、炙りの一手間が加えられます。 表面にはカエシが掛けられているのか、炙られた香ばしさに醤油の風味が相まって、丼の中でもひときわ主張の強いお味に誂えられておりました。 柔らかな食感に於いても文句無しの出来栄えで、もともとチャーシューには定評のあるお店の面目躍如です。

    キクラゲは食感のアクセントとして、モヤシと白髪ネギの瑞々しさは、口の中に残るこってり感をリフレッシュしてくれるツールとして、その役割を発揮しておりました。 紅生姜も見た目の彩りに留まらず、豚骨ラーメンには欠かす事の出来ない具材の一つです。


    wakamusya0265.jpg


    低加水の細ストレート麺は、この12月・1月の限定として好評を博しておられる「極上上湯麺」に使われるものと同じ麺かと思われます。 ざっくりとした硬めの歯応えが特徴的で、スレンダーなプロポーションながらにがっちりとスープを纏い上げてくれます。 豚骨スープとこのタイプの麺は定番の組合せかと思いますが、その美味さはまさしくテッパンと呼べるものでした。 あえて載せ物をシンプルにして、ストイックに麺を楽しんでみるのも面白そうです。 

    食べ進んでいきますと、適量掛けられているマー油や、高菜、紅生姜といったものから染み出る塩気や風味が豚骨テイストと渾然一体となり、益々味わい深いものへと昇華していきます。 さすがにスープの完飲までは無理だろうと踏んでいたのに、気付けばもう少しで飲み干す寸前だったことに自分でも驚きました。

    月替わりでリリースされている限定麺とはいささか趣旨が異なり、杯数限定だからこそ提供可能な ” 一点豪華主義 ” とも取れる一品です。 ご店主の遊び心も満載した ” リミテッドエディション ” は、どなたにでもお勧め出来るものではないかもしれませんが、このようなチャレンジングな創作意欲こそが、新たな一杯への試金石になっていることは疑う余地のないことでしょう。

    昨年辺りからお店側がネットを活用して、限定情報を流すという手法が活発化しているのだそうですが、今時のアプローチにも取り組まれ、一般のお客さんのみならずフリークの心も鷲掴みにしておられるのです。 



    ようやくありつけた一杯に大満足しながら帰宅しましたが、寄る年波には勝てないのか、その日の夜中に少しだけ胃もたれを感じたのはここだけの話です(笑)




    category: 二本松市

    Posted on 2013/01/27 Sun. 10:47  edit  |  tb: 0   cm: 8  

    麺家 はなまる 

    今回が初めての訪問になります郡山市堤の『麺家 はなまる』さんです。 まだまだ未訪の課題店が残されているこのエリアでも、一番気になっていたお店になります。


    hanamaru0243.jpg


    この日は、前々日に降った大雪のせいで路面状況がとても悪く、車の運転には気を使わされましたが、無事にお店に辿り着いてほっと胸を撫で下ろします。 店先に用意される駐車スペースにも、ちょうど1台分の空きがあり、タイミング良く滑り込ませることに成功。 意気揚々と純白の暖簾を潜ってみることにしました。 

    カウンター席に着かせてもらいお品書きに目を通しますと、ラーメンは、鶏出汁、鶏出汁+煮干し、塩ラーメンの3系統に分けられるようです。 それぞれにチャーシューやワンタン載せのバリエーションがあります。 ラーメン以外にも、ご飯物やサイドメニューも取り揃えられ、なかなか充実したラインナップと言えましょう。

    事前に予習をしてこなかったので、豊富なメニューのどれからエントリーしたら良いか迷いながらも、偶然目の前に貼られていたPOPに惹かれ、こちらを注文いたしまいた。




    特製中華そば+味玉
    750円+100円

    hanamaru0248.jpg


    美しい琥珀色のスープは、鰹節と昆布を仕込んだ、特別誂えの醤油ダレが使用されているとのこと。 節のテイストはあくまでも柔らかなもので、鶏ベースと思しき動物出汁とバランス良くブレンドされています。 一見すると、脂浮き多めのこってり系にも見えるのですが、脂っこいような印象は全く感じさせず、均整の取れた軽やかなスープに仕立てられております。

    そんなさっぱりした味わいの中において、キラリと光る個性を放っていたのが、独特の節系のニュアンスです。 前述しました通り、全てを支配するような強烈さはないものの、技ありとも思える効かせ方にこちらのアイデンティティを感じさせられました。 


    hanamaru0249.jpg


    やや大ぶりなチャーシューは適度な柔らかさで、お肉ならではの「むっちり」とした食感も堪能出来ます。 ほど良い味の浸み込みも含めて、確実に平均レベルを上回る出来栄えでしょう。


    hanamaru0251.jpg


    ちょっと変わったところでは、ごぼうを鶏肉で巻いたものが載せられていました。 ラーメンにごぼうって組合せは初めてでしたが、とても柔らかく煮込まれていて、箸休めとしてもなかなかの一品でした。 


    hanamaru0250.jpg


    メンマはコリコリした小気味よい歯応えは希薄で、これもまた柔らかな食感を伝えてきます。 「中華そば」にしっくりと馴染むような、クラシカルタイプのメンマと言えるかもしれません。 

    つい条件反射的に追加トッピングしてしまった味玉は、黄身の半熟加減も素晴らしく、しっかりと味の浸み込んだ絶品の味玉でした。


    hanamaru0254.jpg


    やや加水率低めの中細麺は、硬めに茹で上げられるお陰で噛み応え抜群。 縮れがスープを丁寧に纏い上げ、啜り心地も上々です。 刮目するような特徴は見当たらないかもしれませんが、バランス重視の一杯に相応しい麺であることに違いはありません。


    インパクトは控えめながらも、麺、スープ、具材といった個々のレベルはどれも高水準にあって、修業先で培われたであろう高いスキルが遺憾なく発揮されております。 

    今時のお店らしいモダンなテイストも散りばめつつ、独自の味の方向性をしっかり見定めておられる辺りは、並のラーメン屋さんとは一線を画するものがあると言えるでしょう。

    再訪の機会が今から楽しみです。


    hanamaru0244.jpg




    category: 郡山市

    Posted on 2013/01/19 Sat. 13:39  edit  |  tb: 0   cm: 6  

    らーめんHOME 

    前回から2年以上ぶりでお邪魔しましたのは、福島市岡島の『らーめんHOME』さんです。 福島県内はもとより、県外にも多くのリピーターを排出しておられる屈指の人気店です。


    home0217.jpg


    お昼時ともなりますと、そんな人気を証明するかのように、続々とお客様が来店されます。 近年では、平日ですら店外に順番待ちが出来るほどの大賑わいで、お店西側にある第二駐車場にすら入れないこともしばしばだとか・・。 

    事前にそのようなお話を伺っていたので、混雑のピークは外して訪問したつもりでしたが、それでもかなりの数のお客さんで賑わっておりました。     

    さて、今回訪問の最大の目的は、この1月末までの期間限定の品を頂くことにあります。 既に召し上がられたブロガー様も絶賛される一杯のお味や如何に。 



    冬のらぁ麺 ~柚子香る 塩仕立て~ +会津地鶏の味玉
    800円+100円

    home0218.jpg


    美しく洗練されたビジュアルは、ご店主の非凡なセンスをそのまま映し出しているかのようです。 箸休めとして共添えされる小鉢は、大根と油揚げの炊き合わせになります。


    home0220.jpg


    ご覧いただければお分かりになるかと思いますが、細かく刻まれた柚子皮がたっぷりとあしらわれているので、丼から立ち昇ってくる柚子の香りは驚くほど鮮烈です。 

    スープは会津地鶏を炊いた動物出汁と、干し貝柱、羅臼、利尻昆布から取った和風出汁を合わせるダブルスープ。 鶏出汁の豊潤な旨味は、力強いながらも雑味を感じさせないクリアなもので、それを和風出汁が優しく支えます。 このラーメンを特徴付ける柚子の風味が、ダブルスープと上品に組み合わされ、一際爽やかなアクセントになっておりました。

    じわっと円やかに効かされる塩ダレは、塩気やインパクトはやや控えめに感じられるのですが、全てが融合した時のバランスの巧みさは、さすがと言うほかありません。




    home0223.jpg


    ぶ厚いチャーシュは驚くほどに柔らかです。 箸で持ち上げたところを写そうとしたら、「ホロホロっ」と繊維が解れてしまいました。 味付けは薄味に仕立てられているお陰で、スープのテイストに自然に馴染み、且つお肉の美味さもしっかり味わえます。 ご自慢のチャーシューを擁するラーメン屋さんは沢山ありますが、これほどの逸品はなかなかお目に掛かれないかもしれません。   


    home0221.jpg


    黄身の濃厚さが特徴的な会津地鶏の味玉は、前述のチャーシュー同様、スープに逆らうような濃いめの味付けはされておりません。 あくまでもトータルバランスの良さを重視した、絶妙の調和が一つのキーポイントになっています。   


    home0222.jpg


    スクウェア断面の中細ストレート麺は、この品の専用スペックなのでしょうか。 以前に頂いた時の麺は「ぷつっ」とした低加水特有の食感だったように記憶しているのですが、この麺はあくまでもしなやかで、この上なく滑らかな舌触りが持ち味のようです。 更に鼻腔に届く小麦の風味は特筆するほど豊かなもので、スープの個性にも埋もれないほどのポテンシャルを持った秀逸な麺でした。 


    前述しました通り、他のブロガーさんの記事を拝見し、相当ハードルを上げて臨んだ一杯なのですが、更にその上を行く出色の出来栄えに瞠目させられました。 今後、新たな限定がリリースされる度に、こちらを訪れるようになるのは間違いないでしょう。


    category: 福島市

    Posted on 2013/01/14 Mon. 16:42  edit  |  tb: 0   cm: 4  

    ふくしまラーメンショー2013 開催決定! 



    昨年のゴールデンウィークに開催され、予想を遥かに上回る大盛況となりました『ふくしまラーメンショー』が、今年も開成山公園で開催されることになりました。 


    frs2013_title.jpg


    開催期間は、4月30日(火)~5月6日(月)までの7日間になりまして、出店されますお店も12店舗と、昨年よりもスケールアップしております。 気になる出店社ラインナップにつきましては、昨年の同イベント総売上杯数第一位の『麺家 いろは』さんと、第二位の『麺屋 宗』さんのみ判明しておりますが、それ以外にも錚々たる顔ぶれが揃うとのことです。 今後、詳細な情報が入りましたら順次お伝えして参りますので、どうかご期待下さい。


    当ブログは、昨年に引き続きまして『ふくしまラーメンショー』の告知のお手伝いをさせて頂けることになりました。 本イベントのコンセプトでもある「ラーメンで福島を元気に!!」のスローガンに沿って、大いに盛り上げていきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。 



    主催者の福島中央テレビさんのWEBページにも開催要項が記載されております。 併せてご覧下さい。

    福島中央テレビ イベント情報


    category: ふくしまラーメンショー2013

    Posted on 2013/01/10 Thu. 21:21  edit  |  tb: 0   cm: 6  

    本格とんこつラーメン専門店 花カツミ 

    遅れ馳せながら、本年一発目のエントリーは『本格とんこつラーメン専門店 花カツミ』さんです。 今年は新年早々から何かと所用が重なり、なかなか ” ラー初め ” を迎えることが出来ずにおりましたが、正月休み最後の日になってようやく念願が叶いました。


    hanakatumi0192.jpg


    伺ったこの日は、今年の初営業日にあたりまして、年明けの ” 初カツミ ” を堪能すべく、大勢のお客様が来店されていました。 いつも変わらぬ笑顔で出迎えて下さるマスターご夫妻に、新年のご挨拶をいたしまして、席に着かせてもらいます。



    つけ麺
    600円

    hanakatumi0195.jpg


    昨年の夏、久しぶりに頂いた「二色つけ麺」が極めて好印象だったこともあって、今年初の一杯はつけ麺でスタートを切ってみることにしました。 
     

    hanakatumi0197.jpg


    つけダレは酸味や辛味は纏わず、お店のご自慢でもある、 ” 無化調とんこつ ” のテイストが存分に活かされます。 味濃いめ、脂多めに誂えられるお陰で、通常のラーメンよりも味のディテールが鮮明に感じられ、ゴマ油の香ばしさが効果的なアクセントになっております。 


    hanakatumi0196.jpg


    麺は「ゆきちから」をチョイス。 ちなみにデフォだと冬季間でも氷添えで供されますが、今回はマスターのご好意で氷抜きにしてもらいました(笑)


    hanakatumi0198.jpg


    特筆するような個性は持ち合わせていないながら、冷水締めされることで更に歯応えが増し、コキコキした小気味よい食感を楽しませてくれます。 まず初めにスープありきで語られることの多いお店かと思いますが、スープと相性抜群の麺があるからこそ成立する美味さで、切っても切り離せぬ ” 相思相愛 ” の関係を築き上げています。


    さて、今年は何回こちらの暖簾を潜ることになるのでしょうか。 




      

    category: 郡山市

    Posted on 2013/01/09 Wed. 19:01  edit  |  tb: 0   cm: 2