09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

    福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊 in 東京ラーメンショー2014 

    日本最大のラーメンイベント、『東京ラーメンショー2014』が10月24日から開催されております。

    昨年に引き続き、2年連続出場を果たした『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』の活躍を見届けるべく、イベント3日目を迎える駒沢オリンピック公園を目指しました。

    torasyo20140124.jpg

    今年は3名のブログ仲間にご同行して頂きました。 移動中の車内も何かと話題に尽きることはなく、およそ3時間の移動もあっという間に感じられました。 会場入りからラーメン販売開始まで1時間ほど余裕があったので、まずは獅子奮迅隊メンバーにご挨拶です。

    torasyo20140136.jpg

    こちらが今年の福島ブースですヽ( ̄▽ ̄)ノ  厨房ではメンバーが開店準備を進められていましたが、お手隙のメンバーから前日までの状況を詳しく聞かせて頂きました。

    torasyo20140137.jpg

    実は私達の訪問前日に自己ベスト更新となる売上杯数を記録していたようで、日曜日だったこの日は、更にそれを上回る販売数が期待されていました。 この時点で既にお客さんが並び始めていましたが、臨戦態勢の整ったところでメンバーの集合写真を1枚(*^^)v 

    torasyo20140131.jpg

    破竹の快進撃を続けていることは事前に伺っていましたが、まだ販売開始前にもかかわらず行列はダントツ1位。 この時点でも、ざっと100人ほど並んでいた筈です。 

    torasyo20140127.jpg

    定刻を迎え、いよいよラーメンの販売が始まりました。 メンバー間の親密さが鉄壁のフォーメーションを築き上げているのは言うまでもありませんが、数々のイベント出店で研究を重ねたオペレーションは、トラショー常連チームにも負けていませんでした(`・ω・´)

    それにしても寸胴の鶏白湯スープが美味しそうですね~(〃▽〃)


    特製鶏白湯
    850円(イベント共通チケット)+300円

    torasyo20140128.jpg

    『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』オリジナルの「福島鶏白湯」に、鶏団子、味玉、チャーシュー増しの3点セットを載せた豪華版です。 トップクラスのスピードを誇りつつ、盛り付けの美しさが損なわれていないところにもご注目♪

    torasyo20140129.jpg

    地鶏の旨味を引き出したスープは、鶏油の厚い油膜を配しながらも、重たさを感じさせないサラッとした仕上がり。 旨味の凝縮感と軽快感が絶妙バランスで成り立つ美味しさが大きな魅力です♪

    大ぶりなバラ肉チャーシューは蕩けるように柔らかく、川俣シャモ100%の鶏団子はぷりっとした食感とシャモの旨味を堪能させてくれました。 フライドオニオンや2種の刻みネギなど、味へのこだわりは細部にまで亘ります。

    torasyo20140130.jpg

    麺は『羽田製麺』さんの低加水ストレート中細麺。 しなやかさの中にもしっかりとした歯応えを残し、ほのかな小麦の香り立ちにスペックの上質さを感じ取ることが出来ます。 スープとのバランスも言うことなし。 

    本作はこの春の『ふくしまラーメンショー2014』でも何杯か頂いてますが、改めてその美味しさを実感させられたのでした。

    torasyo20140132.jpg

    行列のピークを迎えた午後2時頃の福島ブース前の様子ですが、あまりにも列が長くなり過ぎて通路が確保出来なくなるほどで、この時約300人ほどのお客さんが並ばれていたようですΣ(・ω・ノ)ノ!

    torasyo20140133.jpg

    夜になっても列が途切れることはなく、他のブースを圧倒する人気ぶりは続いていました。 その人気の高さを裏付けるかのように、獅子奮迅隊ブース裏にある取材カメラが入りました。 日本テレビの朝の情報エンターテイメント番組『ZIP』に山本代表がご出演されるようで、10月31日(金)午前7時15分頃に放映予定とのことです。 どうぞご覧になってみて下さい( *´艸`)

    『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』が出店された第一幕は本日午後6時をもって閉幕いたしますが、きっと素晴らしい結果を携えて凱旋されることでしょうヽ( ̄▽ ̄)ノ 


    スポンサーサイト

    category: 福島ラーメン組っ!

    Posted on 2014/10/29 Wed. 11:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    みたか食堂 

    突然ですが、無性にカツ丼が食べたくなる時ってありませんか?
    ラーメンの食べ歩きを始めてからというもの、丼モノに食指を伸ばすことが少なくなりましたが、このところカツ丼が食べたくて仕方ありませんw( ̄▽ ̄;)w

    鬼リピされているご常連さんから、「ここのカツ丼もウマいよ~♪」とおススメされていたこともあって、昼食にはまだ早い時間だったのですが、ランチ目当てのサラリーマン方のお邪魔にならぬよう、開店直後の『みたか食堂』さんを狙い撃ち訪問しました。

    mitaka0111.jpg

    そんな訳で、今回は番外編になりますが、よかったらお付き合いくださいませ( ̄▽ ̄ⅰ)ゞ


    カツ丼
    950円

    mitaka0114.jpg

    食堂の定番メニューの一つに数えられる品ですが、ここ『みたか食堂』さんのカツ丼は、味、ボリュームともに一級品とのことでロックオンしていました。

    mitaka0113.jpg

    時間差で到着した汁物はわかめスープでした。 ワカメの風味とお出汁の旨味が絶妙なバランスで、とても脇役とは思えぬ充実した美味しさに “ みたかクオリティ ” を見せつけられました。 スープに沈んでしまってますが、ナルトまで添えられていましたよΣ(・ω・ノ)ノ!

    mitaka0112.jpg

    これが巷で噂の “ ハミ丼 ” です♪ 画像では幾度となく拝見していましたが、こうして目の当たりにすると、嬉しくてつい笑ってしまいます( *´艸`)

    mitaka0115.jpg

    丼ツユは醤油テイストとほんのりした甘さが見事に調和していて、古くからファンを魅了してきたであろう正統的な味わいを楽しませてくれます。 わりとツユだく仕立てなので、ご飯にも味が染みて良いカンジ♪

    カツの衣はツユを吸ってしっとりと、卵は半熟系ではありませんが、ふわっとした食感の柔らかさは損なわれていません。

    mitaka0116.jpg

    ご飯の盛りの良さはさすがですが、カツの大きさは標準レベルでしょうか。 筋っぽさなども一切なくて、ロースカツの魅力でもある脂身の美味しさも格別でした。 

    何を頂いても期待を裏切らないところは、まさに老舗食堂の底力でしょう。

    そういえば、私が食事しているときに、出前用の中華丼を作っておられましたが、とんでもないボリュームでしたΣ(;゚Д゚) タンメンなどにも使われる特大サイズの丼に、思わず目を疑うほどのライスを盛って、そこに溢れんばかりの中華餡が掛け回されていたのですが、いったいどんな方が召し上がられたのでしょうねw( ̄▽ ̄;)w


    category: 郡山市

    Posted on 2014/10/25 Sat. 17:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    つけめん まさはる 

    この日はあるイベントを見学するため、福島市荒井に出掛けていました。 様々な催しを見ているうちに昼食のタイミングが遅くなってしまったのですが、車で5分ほどのところに『つけめん まさはる』さんがあったことを思い出し、初訪してみることにしました。

    masaharu0076.jpg

    こちらは専用駐車場を持たないため、お隣の観光案内所前に駐車するしかなさそうですが、すぐ傍の足湯に訪れる方々の車で全て塞がっていて、適当な場所を見つけるのに難儀しました(´・ω・`)  ネットで拾った情報では温泉街の駐車場が利用可能とされていますが、どちらかに適当な場所があるんでしょうか(・・∂) ?
        
    お店はご店主夫妻と女性スタッフの3名で切り盛りされ、カウンター、テーブル、小上がり席が設けられています。 先述したようにランチタイムはとっくに過ぎていますが、客足が途切れない辺りははさすがの人気店ですね。 

    メニューは当然のごとくつけ麺メインで、醤油、味噌、ごま、野菜の4種類で、それぞれに辛味ver.も用意されています。 つけ麺以外では “ つけ汁ラーメン ” なる品もラインナップされているので、ラーメン党の方にも喜ばれることでしょう。



    醤油つけ麺
    750円

    masaharu0094.jpg

    辛味系に惹かれつつも、ここは初訪の定石にしたがって、お店のスタンダードを選んでみました。  

    masaharu0078.jpg

    ベーススープに豚骨、鶏ガラ、魚介を炊き合わせて軽く乳化させているようですが、クセやクドさは全く感じさせません。 ふわっと鼻腔に抜ける節系テイストもマイルドです。 酸味のアクセントはほどよく効いていても辛味は用いていないようで、比較的シンプルでバランスの良い味わいに整えられていました。

    masaharu0079.jpg

    自家製ではないようですが、小麦粉や製法にまでこだわった特注スペックのストレート麺は艶やかで、見るからに美味しそうな麺ですね(〃▽〃) ちなみに普通盛りは茹で上げ350gになりますが、思いの外スルスルっと食べ切れてしまいますので、成人男子には若干物足りなく感じるかもしれません。 500gの大盛りまで同一料金ですから、がっつりいきたい方は大盛りオーダーをおススメしておきます♪

    masaharu0080.jpg

    強烈な個性で訴えかけてくるタイプではないものの、多加水のもっちりした噛み応えと、つるんとした喉越しの良さが特徴です。 つけ汁の絡み具合も上々ですし、これといって不足感などは感じさせないでしょう。 

    つけ汁は動物系出汁の旨味をきっちりと引き出していますが、ドロポタ系のように押しの強いものではありません。 カスタマイズする余地も残されていますから、お酢や辣油などの卓上調味料で味変を楽しむのもよろしいかと♪

    足湯や日帰り入浴のついでに立ち寄られるお客さんも少なくないようで、いまやこの温泉街にはなくてはならない存在として繁盛されています。 ご店主夫妻の好接客とともに、またリピートしてみたいと思わせる魅力的なお店でしたヽ( ̄▽ ̄)ノ



    category: 福島市

    Posted on 2014/10/21 Tue. 18:30  edit  |  tb: 0   cm: 4  

    福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊 in Los Angeles 

    以前からお伝えしている通り、先週末に『ロスアンゼルス・ラーメン横丁』が開催されました。 つい先ほどのことですが、出店された『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』メンバーから嬉しい知らせが届いております。

    な、な、なんと、海外イベント初出店ながら、2位に大差を付けて堂々の売り上げ杯数1位に輝いたそうですΣ(・ω・ノ)ノ! 

    応援に馳せ参じるとは叶いませんでしたが、獅子奮迅隊メンバーから届けられた写真を拝借いたしまして、イベントの様子をさっくりとご紹介させて頂きます。

    LA-ra-syo0108.jpg

    現地に飛んだメンバーは『麺処 若武者』・山本一平氏、『たなつものSHOKUDOU』・廣田裕介氏、『麺屋 信成』・海野信一氏の3名。 現地入りしてから地元スーパーで食材などの調達にあたられ、短期決戦に臨まれました。

    LA-ra-syo0109.jpg

    ブース前は初日の朝から長蛇の列を成していたらしく、福島ラーメン組っ!のオリジナルキャラも一際目を惹く存在だったものと思われます。

    LA-ra-syo0110.jpg

    こちらが出店されたラーメンです。 代表の山本店主によれば、鶏ひき肉と豚バラ肉で出汁をとったスープに、福島県産の味噌を使った味噌ダレとオーガニック豆乳をブレンドしているとのこと。

    出汁に使用した豚バラ肉にはブラックペッパーをたっぷりと振り掛けて、載せモノとしても使用されたそうです。 ボイルもやしはチリパウダーと和えてナムル風に仕立て、たなつものブランドの県産エゴマとエゴマオイルを加えて完成となります♪

    LA-ra-syo0105.jpg
    LA-ra-syo0107.jpg

    海外のイベントでも味への妥協は一切なく、実店舗でも提供出来るような素晴らしい一杯に仕上がったとのことで、出来るものならこっちでも食べてみたいですよね~( *´艸`)

    『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』の活躍は留まるところを知りません。 次は、 “ アメリカラーメンショー1位 ” のタイトルを引っ提げ『東京ラーメンショー2014』に乗り込みます!(`・ω・´)ガンバレ!

    LA-ra-syo0106.jpg

    category: 福島ラーメン組っ!

    Posted on 2014/10/20 Mon. 17:01  edit  |  tb: 0   cm: 4  

    麺屋 信成 

    14日から長期休業に入られている『麺屋 信成』さんですが、お休み突入前に10月分の定期訪問を済ませてきましたヽ( ̄▽ ̄)ノ

    shinsei0081.jpg

    いつも通りの時刻にお店に到着すれば、なぜかお客さんの車が一台も停まっていません。 不思議に思いながら店先の看板を注視してみたところ、まさかまさかの暖簾落ち!Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン  あとから伺った話では、この日は夕方からテレビ取材の予定が入っていたらしく、それに合わせて早仕舞いされたようです。 

    車の音に気付いてくれたのか、すぐさま外に出て来られた海野店主が入店を許可して下さり、恐縮ながらお言葉に甘えさせて頂くことにしました( ̄▽ ̄ⅰ)ゞ  そんな訳で長居しては申し訳ありませんから、狙いを付けていたある品は次回に持ち越すことにして、看板メニューとして君臨し続けている “ 信成の黒 ” をオーダーすることにしました。



    黒しょうゆラーメン
    800円

    shinsei0082.jpg

    カウンター席でお品の到着を待っていると、厨房から届く醤油ダレの芳しい香気が食欲を掻き立てます( *´艸`) 私は鬼リピこそしていませんが、極めて高い中毒性を擁する美味しさに惚れ込んでいるところは、黒しょうゆ中毒症を患っている方々と同じですΨ( ̄∀ ̄)Ψ

    shinsei0083.jpg

    水菜は、もはやお店のアイデンティティーとも呼べる載せモノ。 フレッシュな葉の部分も添えられるようになったおかげで、見た目の彩りもいっそう豊かになっていますね。 ほろ苦さを感じさせながらも、決して過ぎるようなことはなく、濃潤な醤油テイストとオイリー感をさっぱりと洗い流してくれます。  

    shinsei0084.jpg

    チャーシューはご覧の肩ロース肉の他に、スープ中にモモチャーシューも敷かれる大盤振舞い。 適度に脂質の入った肩ロース肉はスープの熱で蕩けるように柔らかくなり、モモチャーシューはサクッと歯切れる軽快な歯応えを伴ってお肉の旨味を楽しませてくれました。

    shinsei0086.jpg

    羽田製麺製の低加水ストレート麺は、小麦の香り立ちの豊かさ、ザクッとした小気味良い食感、しなやかな啜り心地と、どれをとっても素晴らしいパフォーマンスで魅了♪ 豚ゲンコツ・鶏ガラ出汁の分厚い旨味や、ほのかなビターテイストと甘いニュアンスを同居させる濃厚醤油テイストも、しっかりと絡み上げてくれるんです(〃▽〃)


    替え玉
    200円

    shinsei0085.jpg

    しばらく訪問出来ないと思ったら、ついつい替え玉リクエストしちゃいました。 醤油ダレとミル挽きのブラックペッパーが振りかけられているので、一杯目とはまた違った味わいのニュアンスが楽しめます。 スープに入れずこのまま召し上がってしまうファンもおられるようで、人それぞれに楽しみ方を持っているんですねw( ̄▽ ̄;)w

    再開の日を心待ちにしながら、大舞台でのご活躍をお祈りいたしておりますヽ( ̄▽ ̄)ノ


    category: 郡山市

    Posted on 2014/10/16 Thu. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。