06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

    吉田食堂 

    この日は平日休みを利用して天栄村の二岐温泉まで足を延ばし、両親と共に日帰り入浴を楽しんできました。 渓流沿いの露天風呂に浸かり身も心もリフレッシュしたところでお昼時を迎えたので、そのまま会津方面へと抜け、選択肢の多い会津若松市内でランチ場所を物色することにしました。
     
    両親の異なるリクエストにも品数豊富なメニューで応えてくそうな大衆食堂が適しているであろうことと、私的に再訪する機会をずっと狙っていたのが一致しまして、相生町の『吉田食堂』さんを4年ぶりにリピートしてみました。

    yoshida2490.jpg

    知る人ぞ知る老舗食堂だけあってお客は地元のご常連さんばかりですが、特にアウェイ感を覚えることなくレトロな風情に浸れる貴重なお店です♪ レンガ造りの壁に据え付けられる本棚の膨大なコミック本を読み耽るもヨシ、遠慮することなしに煙草を燻らせるもヨシ(個人的には禁煙が望ましいですがww)、思い思いにゆったりと寛げるところも大きな魅力でしょう。

    メニューはラーメン類を筆頭に、そば、うどん、定食と、お馴染みの顔ぶれが揃えられます。 実は、再訪した時の楽しみとしていた課題メニューが2つ残されていて、迷いに迷ってようやく照準を定めたのがこちらです。


    カレー焼きそば
    650円

    yoshida2491.jpg

    知名度ではソースかつ丼に軍配が上がりますが、会津のご当地グルメとしても知られるカレー焼きそばです。 会津若松市内にはこのスタイルの焼きそばを提供される飲食店が何軒もあるそうですが、カレー味の焼きそばではなくて、ソース味の焼きそばにカレールーを掛け回しているところがミソ♪( *´艸`)

    yoshida2492.jpg

    まずは焼きそばですが、焼きそば用の蒸し麺とはちょっと食感が異なります。 ツルツルとした滑らかさがあって、多加水麺らしいもっちりとした弾力が感じられます。 ラーメン用の中華麺を流用しているように思います。 味付けは焼きそばにはちょいと珍しい甘さが際立つ仕立てで、ソースの酸味やスパイシー感はあまり感じられないですね。 カレー焼きそば用にソースを自家調整しているのかもしれません。 豚バラ肉やキャベツなど具材も豊富で、食べ応えでも満足させてくれます。

    カレーは、昭和世代なら感涙モノの食堂カレーの真髄を堪能できます。 辛味や香辛料のスパイシーさは穏やかながら、旨味を凝縮させたコクがあって実に奥深い。 味のオリジナリティは感じませんが、老若男女どなたからでも受け入られそうな、まさに王道的な美味しさに魅了されました。

    yoshida2493.jpg

    共添えのわかめスープはラーメン用のスープをベースにしていると思いますが、何に由来するのかやや酸味のあるさっぱりとした仕立てで口直しにうってつけです。 

    yoshida2494.jpg

    焼きそば+カレーの掛け合わされた濃厚な味わいは、もう絶品というほかありません。 ただ単に焼きそばとカレーを合わせても、これほど完成度の高い美味しさにはならないでしょう。 より良いマッチングを求め、試行錯誤もあったのではないでしょうか。 ともあれ、カレー好きなら一度はお試しして頂きたい逸品としてお勧め致します。

    消費税率の引き上げに伴ってか、4年前からわずかばかり値上げされているようですが、未だもってラーメン1杯450円、かけうどん・そばにいたっては350円という驚愕の低価格を維持されています!(; ・`д・´) 家族経営される老舗だからこそ成せる技ですよね。

    ちょっとだけ勇気を出して入り口のドアを開ければ、約束された楽園がそこにあります。 


    スポンサーサイト

    category: 会津若松市

    Posted on 2016/07/31 Sun. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    ラーメン きく屋 

    多くのラー仲間さんから超絶オススメをされていた課題店、『ラーメン きく屋』さんをようやく訪問することが出来ました。

    お店のある宮城県丸森町は、福島県中通りからだとなかなかアクセスし難いエリアになりますでしょうか・・・。 阿武隈川沿いで曲がりくねっているうえに、対向車とのすれ違いに気を使うような細い国道を慎重に走って、ようやくお店に到着しましたよっと(; ・`д・´)

    kikuya2489.jpg

    繁華街でも商店街でもない町外れの住宅街にありますが、駐車場を見ればその人気ぶりは一目瞭然。 小雨降る生憎の天気でも店先で順番待ちされるお客さんもいらっしゃたりして、自ずと期待が高まってしまうってもんです。

    店舗はご実家のお寿司屋さんを改装しているそうですが、純和風な佇まいにクリント・イーストウッドやゴッド・ファーザーなど洋画のポスターが所狭しと飾られていて、ちょっと・・・いや、かなりカオスですw( ̄▽ ̄;)w 厨房はご店主が一人で回されていて、奥方様と思しき美人店員さんが明朗な接客で持て成して下さいます。 あぁ、とっても好印象ですなぁ♪

    ラーメンは醤油味のみと至ってシンプルな品揃え。 煮玉子+鶏団子+チャーシュー増しの豪華版もラインアップされてましたが、今回は初訪の定石に則って基本の一杯を頂いてみることにしました。


    ラーメン
    650円

    kikuya2486.jpg

    数々の大御所ラヲタを唸らせてきたラーメンは、いかにも正統派で端正なビジュアルを引っ提げて登場。 澄んだ琥珀色の清湯スープは、丸鶏と香味野菜を炊いたものでしょうか。 ふっくらとした旨味には滋味が溢れ、ほんのりと甘いニュアンスも感じられます。 醤油ダレのアタリは穏やかですが、醤油の風味と旨味もちゃんと活かしていますね。

    kikuya2487.jpg

    盛り付けの美しさも特筆すべき載せモノ群は、ピンク色に縁取られたチャーシュー、メンマ、海苔、ナルト、そして刻みネギ。 チャーシューはモモ肉だと思うのですが、適度に柔らかくて噛み締めることで肉汁もしっかりと味わえます。 メンマはジャクジャクっとした柔らかな噛み応え、刻みネギは水に晒して辛み抜きされ、載せモノへのこだわりをうかがわせます。 そうそう、海苔はお寿司屋さんで使われている高級品でしょうか。 かなり香り立ちの良い逸品でした。

    kikuya2488.jpg

    麺は自家製麺らしいですが、今どきのトレンドからすれば麺線は若干太めかもしれません。 小麦の風味もしっかりと感じられ、何といっても独特の張りのある噛み応えが特徴的です。 誤解を恐れずに言わせもらうなら、アルデンテのパスタにも似たような特異なテンションがありますね。 スープの持ち上げにも優れる秀逸な麺ですね。 これはかなり気に入りました♪


    肉ごはん
    150円

    kikuya2485.jpg

    かなり空腹だったので唯一のサイドメニューにも手を染めてしまいました( *´艸`) 細かく刻んだチャーシューをたっぷり使い、チャーシューの煮汁で炊いた炊き込みご飯ですね。 搾菜が添えられていたり、たっぷりと盛られた刻み海苔の風味も好く、ラーメン同様に品の良さを感じさせる仕立てです。 ラーメンスープとの相性が抜群に良くて、ラーメンおじやにして頂いたら思わず言葉を失う美味しさでした(〃▽〃)

    ラーメンのスープは無化調でほぼ間違いないかと思います。 鶏油のコク味を付加してもなお繊細かつ端麗で、自然派仕立てらしいスッキリとした上品さです。 ファーストインパクトは穏やかながら、食材の旨味を高次元でバランスさせたセンシティブな味わいにすっかり魅せられてしまいました。 

    先述の通り、福島側からだと道路事情に難ありといったところかもしませんが、そんなハードルを乗り越えてでも訪問する価値はあると思います。 噂に違わぬ素晴らしい一杯に大満足でした。

    category: 宮城県

    Posted on 2016/07/26 Tue. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    麺処 若武者 

    いつになくインターバルが空いてしまいましたが、祝日で通し営業されてるってことで、客足が落ち着いたであろう時間帯を狙い撃ちした『麺処 若武者』さんです。

    wakamusya2484.jpg

    梅雨明けを思わせるようなこんな暑い日にゃ、やっぱり冷やしだべ!ってことで、先日Facebookでも告知されてた期間限定の冷やしメニューを頂くつもりだったのですが、私が入店するほんのちょっと前に完売してしまったようで・・・Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

    気を取り直して一旦はレギュラーメニューをオーダーしたのですが、未食だった限定メニューがもう一品残されてたのを思い出し、オーダー変更をお頼みしました。


    夏の海老香るスパイスつけ麺 (並盛り)
    900円

    wakamusya2479.jpg

    東北6県のサークルKサンクスで発売されていた、麺処 若武者監修「海老香る冷やし味噌ラーメン」の販売に合わせてリリースされた期間限の海老コラボメニューですよ。

    wakamusya2480.jpg

    ややトロみのあるつけ汁は、動物系スープを底支えとして、大量の甘海老から抽出した海老出汁、海老オイル、追い打ちを掛けるように干し海老もどっさりとあしらわれます。 海老の旨味と香ばしさはさすがに力強く、強めに効かされた塩気が味わいにメリハリをもたらしています。 底の方に沈んだブラックペッパーのスパイシー感が徐々に高まってくる頃が、美味しさのハイライトでしょうか。

    wakamusya2482.jpg

    具材は、前述の干し海老の他、分厚くカットされた豚バラチャーシュー、有機栽培の新タマネギ、『たなつもの屋』さんから仕入れる人参とゴボウのドライべジなど、つけ汁の中からサルベージする楽しさもアリ♪ 

    wakamusya2481.jpg

    麵は『浅草開化楼』さんの特注品になるようです。 日清製粉のつけ麺専用粉「傾奇者」を使用する多加水太麵ですが、水の膜を纏って見るからに艶やかですね~。 250gの並盛りでも充分に満腹感に浸れるボリュームだと思いますが、450gの特盛までオーダー可能♪

    wakamusya2483.jpg

    もっちりとした弾力ある噛み応えは、パワフルなつけ汁にも負けない存在感を発揮。 つけ汁をどっぷりと持ち上げる様は、なかなかのインパクトがあります。 パンチの効いた濃厚な味わいながら、要所をしっかりと押さえた盤石のバランス感はお見事です。

    伺ったところでは、この品はもうそろそろ提供終了となるとのことで、未食の方はどうぞお急ぎください。 ちなみに本品と入れ替わりでまた新作がリリースされる予定だそうで、そちらも楽しみですね。 福島ラーメン界の牽引役として今後も目が離せない存在ですヽ( ̄▽ ̄)ノ

    ※本日7月19日(火)は都合により臨時休業となります。

    category: 二本松市

    Posted on 2016/07/19 Tue. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    麺処 若武者 × 中華蕎麦 こばや ×たなつものSHOKUDOU コラボ in 『ふくしまの音と食』 

    一週間ほど前のイベントですが、福島市のあづま総合運動公園内の「とうほうみんなのスタジアム」で開催された『ふくしまの音と食』を見物してきました。 

    福島ユナイテッドFCのホームゲームに合わせて催されたイベントで、福島県がマッチデースポンサーとなり、福島出身アーティストのライブや福島グルメなどを提供して、地元FCの試合と一緒に “ 音 ” も “ 食 ” も楽しんじゃおうって贅沢な催しですね♪

    ra-mengumi2468.jpg

    この手のイベントに参加したは初めてだったのですが、まぁ、訪問の目的が何だったのかは改めて言うまでもないでしょう( ̄▽ ̄i)ゝ 今年5月に限定リリースされ大反響となったラーメンが再び提供されるってことで、以前からこのイベントをロックオンしていました♪

    ra-mengumi2470.jpg

    この日の福島市はお天気にも恵まれ、福島市西外れの緑地の多い会場周辺でも30℃を超える真夏日となりました。 時折り吹き抜ける風は爽やかだったのものの、寸胴やら麺茹で器など熱源の多いテントの中はまさに蒸し風呂状態・・・w( ̄▽ ̄;)w  山本店主、廣田店主ともに滝汗を流しながらラーメンを作っておられました。

    福島円盤餃子、なみえ焼そば、いわき市のカジキメンチなどなど、数多くのご当地グルメブースがありましたが、暑さをものともせずひときわ長い行列を作っていたのが印象的でした。 


    福島豚骨
    800円

    tonkotsu2476.jpg

    福島のブランド豚・エゴマ豚100%の豚骨スープは、呼び戻しという製法で炊かれているそうです。 舌に纏わり付くようなクリーミーな舌触りを感ずる超絶濃厚仕立てが特徴で、「ラーメン=豚骨」の図式が成り立つ豚骨ラーメンの本場でもこれほど濃厚なものは希有ではないでしょうか。 

    そんな圧倒されるような濃度でありながら、清湯文化圏の東北人が苦手とする豚骨特有の獣臭を感じさせないのが特筆すべきところ。 豚骨が苦手な方でも難なく飲み干せてしまうような驚くほどクセのないテイストと、凝縮された怒涛の旨味を両立させた “ 進化系豚骨ラーメン ” ですね。

    現在は醸造不可能となってしまった幻の醤油『玉鈴醤油』さん謹製・熟成丸大豆醤油も、豚骨の濃厚さに負けない力強い醤油のインパクト。 この醤油だからこそ成立する “ 美味しい福島 ” のマリアージュです。

    tonkotsu2477.jpg

    載せモノはシンプルにチャーシューと刻みネギのみ。 チャーシューにもエゴマ豚のバラ肉が用いられています。 スープで熱せられてホロホロと柔らかい食感、適度に染み入った醤油テイストと脂質の上品な甘みのコントラスト。 ブランド豚のポテンシャルを静かに物語っていました。

    tonkotsu2478.jpg

    麺は豚骨ラーメンに相性抜群の低加水系細ストレート。 特注品ってことでしたので自家製ではないようですが、ぷつりと噛み切れる歯切れの良さとスープの持ち上げに優れ、スリムな麺線ながら食べ終えるまで熱ダレするような素振りも見せない秀逸な麺だったと思います。

    スープ炊きに長い時間を要す以外にも何かと手間暇がかかるらしく、店舗での一般販売は難しいものと思われますが、また何かしらのイベントなどで再リリースされることでしょう。 チャンスがあれば是非とも召し上がって頂きたいプレミアムなラーメンです♪


    category: イベント

    Posted on 2016/07/16 Sat. 11:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    龍上海 米沢店 

    山形県米沢市の『龍上海 米沢店』さんを久々に訪問してまいりました。 
    ブログでは初登場になりますが、過去に何度も暖簾を潜らせて頂いているお気に入りのお店です(〃▽〃)

    ryuusyanhai2456.jpg

    『龍上海』さんと言えば今さら言うまでもなく赤湯に本店を置き、山形県内に幾つも支店を出されている一大勢力ですが、『新横浜ラーメン博物館』へのご出店や、カップ麺やお土産ラーメンの販売など全国区レベルの有名店ですよね。 本店は現店舗に改装される前に伺ったきりになりますが、福島から最も至近距離にあるという立地と、本店よりもグッと待ち時間が少ないってところにも魅力を感じて、こちら米沢店を贔屓にさせて頂いておりました♪

    さて、今回なぜにこちらに出向いたかと言いますと、『龍上海』さんのカップ麺で辛味噌ラーメンに目覚めた次女の兼ねてからのリクエストでした。 3食入りのお土産ラーメンも実食していますが、一度お店の味を食べてみたかったんだそうです。

    そんな訳で一も二もなく伝家の宝刀・赤湯からみそラーメンを所望するつもりだったのですが、初めて目にした夏季限定メニューにグラッと心揺らいでしまいましたΨ( ̄∀ ̄)Ψ


    からみそ冷やし中華
    950円

    ryuusyanhai2457.jpg

    醤油味の冷やし中華もありますが、やっぱり心惹かれるのは辛味噌入りでしょう♪ なかなかボリューミーかつカラフルに盛り付けられた具材も見事ですが、青海苔がパラっと振りかけられてて、ビジュアル的にも龍上海スタイルが踏襲されているのがお分かり頂けると思います。

    ryuusyanhai2458.jpg

    錦糸卵、キュウリの細切り、紅生姜など、この辺りのセクションは冷やし中華には一般的な食材が敷かれています。 

    ryuusyanhai2460.jpg

    こちら側には輪切りのパイナップルとスライスされたチャーシューが鎮座しております。 缶詰ミカンや白桃を載せるお店もあったりしますが、私的に言わせてもらえば冷やし中華にフルーツは無くても大丈夫な派ですが、幼少の頃はこのパイナップルが大好きだったよな~なんて郷愁に浸ってみたり・・・w( ̄▽ ̄;)w 

    チャーシューは通常のラーメンに載せるものと同じものでしょうか。 冷えて白く凝固した脂身の部分が気になるって方もいらっしゃるかもしれませんが、チャーシューそのもののクオリティは悪くないと思います。

    ryuusyanhai2459.jpg

    画像には写っていませんが冷やしのタレには、角氷が幾つも沈んでいるのでキンキンに冷されて冷涼感たっぷり。 やや甘めの味噌ダレに酸味のアクセントを少し効かせていて、かすかに魚介風味もあったような気もします。 

    ニンニク風味がガッチリと効いたご覧の辛味噌玉を溶いていけば、冷たいながらにもちゃんと『龍上海』の味として成立させてしまうんですから、この味変アイテムの強大なインパクトとその底力を改めて思い知らされたような気がしました。  

    ryuusyanhai2461.jpg

    麺は多加水の中太縮れ麺は、やや平打ちで喜多方を彷彿とさせるフォルムですね。 冷水で洗い締めされた麺はしっかりとコシがあって、辛味を溶いてパンチ力の増したスープにも負けない存在感です。 混雑時は1ロット10杯以上とも言われる大量生産方式は、時に物議を醸したりもしますが、こちら米沢店の麺の茹で加減は至って良好だと思います。 

    暑いなか滝のような汗を流しながら熱々のからみそラーメンを頂くのも悪くないですが、これからの茹だるような季節にはうってつけの夏季メニューでした。 

    次女も念願の実店舗のラーメンに大満足してくれたようで、遥々連れて行った甲斐がありました♪

    category: 山形県

    Posted on 2016/07/11 Mon. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。