01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

    たなつものSHOKUDOU 

    かなり久しぶりの訪問になってしまった福島市置賜町の『たなつものSHOKUDOU』さんです。
    季節ごとの新メニューが発表されるたびに「行かなくちゃっ!」て思いながら、時間が許さず足を向けられませんでした。

    tanatsumono2751.jpg

    今冬の季節メニューですが、私的に最も気になる麵メニューは全部で3種類です。 自社農園の無農薬白菜を使った「白菜中華そば」、熟成肉の挽き肉と牛蒡を特製の合せ味噌で仕立てた「牛蒡と熟成肉の味噌ラーメン」と、新鮮な旬野菜を活かしたものですね。 今回私が選んだのは、国産無農薬の生姜を用いたこちらです。


    生姜中華そば (※半熟玉子サービス)
    880円

    tanatsumono2752.jpg

    ちょっと驚いたのは、しばらくご無沙汰している間に青い雷紋入りの丼が使われるようになってたこと。 ハイカラなべジ中華とは好対照な、昭和ノスタルジーを感じさせる視覚的効果に一役買っています。 シンプルで端正な中華そばのイメージにピッタリですよね。

    tanatsumono2753.jpg

    旨味調味料に頼らないスープは、食材の持つ旨味のみで炊き上げたナチュラルさと軽やかさがあり、醤油テイストは熟成感のあるマイルドさ。 中華そばの典型とも言える懐かしい味わいながら、おろし生姜の鮮烈な風味が際立って特徴的です。 
     
    載せモノの低温調理チャーシューや穂先メンマなどはレギュラーメニュー同様ですが、食堂系ラーメンを彷彿とさせるワカメトッピングとくれば、やはり今は無きあの老舗のオマージュとして捉えて良いですよね?( *´艸`) 生姜の効能でじんわりと身体も温まりました。

    tanatsumono2754.jpg

    伝家の宝刀・『佐藤養悦本舗』さんの稲庭熟成乾麺が、生姜の効いた醤油スープにひたっと寄り添うようにマッチします。 スベスベのシルキーな啜り心地に、乾麺特有の歯応え、そして国産全粒粉ブレンドの小麦の豊かな風味が大きな魅力です。 昭和世代を虜にするようなクラシカルな一杯にも良く合いますね。

    福島市のソウルフードとも呼べる “ あの中華そば ” を彷彿とさせ、懐かしさがこみ上げてくる一杯でした♪

    category: 福島市

    Posted on 2017/02/06 Mon. 10:00  edit  |  tb: 0   cm: 0