09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

    マルフジ食堂 

    車でお店の前を偶然通りがかった時に、ガラス戸の奥に仕舞われた赤い暖簾がちらりと目に飛び込んで気になっていたお店です。 大変失礼ながら、既に閉店されたお店なのかとも思いましたが、数ヵ月後に再びお店の前を通った際「本日臨時休業」の貼り紙がされているのを発見。 現在もちゃんとご商売されていることを突きとめ、今年4月から3度目の訪問でやっと入店が叶いました。  


    P1000947.jpg


    お店を構えられるのは郡山市逢瀬町多田野の湖南線沿い、以前は某百貨店の社員寮に使われていた建物のすぐ傍です。

    暖簾を潜るとすぐに4席ほどのカウンター席、右手奥にはコタツが用意されたお座敷も控えるものの、見た目通りのこじんまりとした造り。 カウンター越しにはお店に見合ったコンパクトな厨房があり、大女将と若女将のお二人が切り盛りされます。 調理のイニシアティブは大女将が握られ、若女将はそのサポートに徹しているようにお見掛けしましたが、実の親子ということで息の合ったお二人の掛け合いがほのぼのとした雰囲気を作り上げています。

    お品書きは中華麺系と定食類が幾つかラインナップされていますが、まずは基本の味を探るべくこの品を頼みました。  




    ラーメン
    550円

    P1000948.jpg


    定番の具材をあしらったオーソドックスな一杯ながら、カラフルな丼に彩られどことなくゴージャスにも感じられます。 


    P1000950.jpg


    スープは、鶏ガラに豚足、そして数種類の野菜から出汁を取ります。 何かが突出して主張する訳でなく、素材の持つ自然な旨味が調和する素朴な味わいで、組み合わされるタレも醤油の風味をグッと抑え込んだようなマイルドな効かせ方。 僅かな油浮きを感じつつも、全体を通しておとなしめの印象を持ちますが、毎日食べても飽きの来ないホッとするような美味さがご贔屓様の心を掴んでおられるのかもしれません。 


    P1000951.jpg


    小ぶりながらチャーシューは二枚トッピングされます。 創業当時からずっと取引をされていた麓山の精肉店が被災閉店され、お肉の仕入れにはなかなかご苦労なさったとのこと。 ややジューシーさには欠けるものの、昔ながらの仕立てを感じさせるチャーシューです。


    P1000952.jpg


    この道40年にもなられる大女将が茹で上げる多加水の中細縮れ麺。 こちらもオーソドックスなタイプながらシコシコした食感と滑らかな喉越しを楽しめます。 スープとの相性も良く、誰もが安心して頂く事の出来るバランスの取れた一杯と言えます。


    P1000949.jpg


    低廉な価格設定にもかかわらず、こんな嬉しいサービスもあります。 サービスしてくれるだけでもありがたいのに、ライスのお代わりまで勧めてくれます(笑) 


    来年7月、飲食店の営業許可期間の満了を迎えたら、更新手続きはせずそのまま店仕舞いしようかと思っている、なんて冗談混じりに仰られていました(※追記:あくまでもご冗談だと思われます。 このようなご時世ですから、つい愚痴混じりの冗談を口走ってしまっただけかとw)が、そんなことは地域の方や永年足繁く通われる常連さんが絶対に許してはくれないでしょう。 私のような新参者がふらっと立ち寄っても、ご常連さん方と何ら変わらぬ温かい持て成しをしてくれる魅力的なお店なのですから・・・。


    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2011/11/03 Thu. 19:42  edit  |  tb: 0   cm: 10  

    コメント

    No title

    >来年7月、飲食店の営業許可期間の満了を迎えたら、更新手続きはせずそのまま店仕舞いしようかと思っている

    「福島県庁が面倒な手続きを要求し、こういう店を閉店に追込む姿勢が真に気入らん。会津でも馬刺しをおけなくなった店もあるんです。
    裏腹にキタネ~屋台なんか福島市に認めている。
    あいつ等の仕事は会津、郡山、いわきの店を潰すことしか頭に浮かばないだね。挙句の果て福島の業者と宴会やってしまいには収賄だ。」

    ってことで、閉店ともなれば1度味わいたいですね。

    sachs #- | URL
    2011/11/03 22:06 * edit *

    悲しいですね・・・

    御年輩の方は・・・
    手続きの 書類 書くのが面倒になってしまいますよね
    字は 小さく 読みづらいだろうし・・・

    イイ感じの お店なのに・・・

    是非 お邪魔したいですわぁ~

    merry #- | URL
    2011/11/04 13:57 * edit *

    No title

    郡山から三森に向かう左側ですね。

    存在は知っていましたが未入店です。
    情報が無いと知らないラーメン屋さんにも入れません。

    そのくせ、大した情報もないのに、横浜から福島に引っ越してきた自分は何だったのか。まあ30代でしたから・・・

    この丼とっても綺麗と思います。

    大阪屋まで行かずに、ここに寄ってみます。

    フォワードサークル #- | URL
    2011/11/04 22:44 * edit *

    No title

    以前から気になっていたお店です(^^) 確かに開店していたかと思うと、暖簾が掛かっていなかったり、結構“自由な気風”のお店なのかなぁ~と思っていましたww

    こんな丼を使っているお店は、ちょっと他に記憶がありません。 こうしてラーメンを満たした姿は、素晴らしい美的感覚と言うべきですね(^^)

    もしも叶うことならば、暖簾が引き継がれると良いですね(^^)

    無芸大食 #KVUpfCRI | URL
    2011/11/04 22:59 * edit *

    sachsさん

    最後の一文は、私の言葉足らずだったかもしれません(^^;)
    「許可期間満了と共に閉店も視野に入れている」と仰られたのは、40年という長い間ご商売されてきた店舗の老朽化や、飲食業界の厳しい現状に対しての ”愚痴” だったのではないかと捉えています。

    それにしても、sachsさんの仰られることが事実だとすれば、それは由々しき問題ですね。 食品を取り扱う商売が故に、徹底した衛星管理が求められるのは致し方ありませんが、このようなお店がこれからも変わらず商いを続けていけるような社会であって欲しいと、切に願わずにはいられません。

    機会がございましたら、sachsさんも是非♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2011/11/04 23:54 * edit *

    merryさん

    ↑ のコメントにも書いた通りでして、決して閉店が決まった訳ではないので誤解なさらないで下さいね(^^;)

    このような営業許可証にも期間が設けられていることを今回初めて知りましたが、お店を営むってホント大変なんだな~って今更ながら痛感させられました。

    私も申請とか手続きって面倒臭くて苦手です(-_-)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2011/11/05 00:11 * edit *

    フォワードさん

    フォワードさんもこちらのお店をご存じでしたか。
    実はこの日、私も「大阪屋」さんを目指していたのは内緒の話ですww

    私も全く情報の無いラーメン屋に入店するのは、やっぱりドキドキします。
    でも、殆ど知らない土地へ引っ越すとなったら、ドキドキどころではありません(笑) 

    シンプルなラーメンではありますが、大女将、若女将の接客共々ホッとするようなお店だと思います♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2011/11/05 00:47 * edit *

    無芸大食さん

    無芸さんもチェック済みでしたかww
    こちらは基本的に日曜日を休日とされているそうですが、大女将が通院されたりする日は休業されるみたいです。

    やっぱり、この丼の美しさに目が行きますよね(^^)
    今度お邪魔した時にお話し伺ってみようと思います。

    大女将は70歳を越えられていますが、若女将は無芸さんと同世代の方です。きっと暖簾を引き継いでくれることでしょう。
    そういえば、お二人以外にもキジトラのミミちゃんって看板娘さんがいらっしゃいましたよ(笑)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2011/11/05 01:17 * edit *

    そのどんぶりが・・・

    このどんぶりは懐かしいですねー。 以前福島市で営業していた米沢ラーメン「羽前」で見たのが最後です。 この三つ龍自体見られないので、もう窯元も無いのかも知れません。

    んでマルフジさん、またまた懐かしい・ ・・電話帳の飲食店欄から片っ端に喰い歩いてた頃を思いだしました。
    旨味の構築は三番目にアップされてる写真で分かる通りだけど、それだからこそ食堂のラーメンって感じです。
    Icemanさんも良い歩き方してますね!

    babu69 #- | URL
    2011/11/05 21:54 * edit *

    babu69さん

    ありがとうございます(^^) 
    懇意にして下さる先輩ブロガー様方の影響が大きいのですが、そのように仰って頂いて大変光栄です♪

    この綺麗な丼は、三体の龍が描かれるているが故に「三つ龍」と呼ばれるのですね。 なかなかお目に掛かれないレアな器となってしまったのであれば、尚の事こちらに再訪する機会を作らねばなりません(笑)

    ところで、「電話帳に掲載されている飲食店を片っ端から食べ歩いた」なんてサラッと仰られますが、それってべらぼうに途方もない軒数じゃないですか? 一体、どれほどのお店を食べ歩かれたのでしょう・・・(^◇^;)

    babu69さんの只者ではないオーラがひしひしと伝わってくるようです(笑)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2011/11/07 00:26 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/101-5b41777b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。