07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    花カツミ 

    大槻町の『花カツミ』さんを3ヵ月ぶりに訪問しました。
    暫く伺わないでいると必ず禁断症状に苛まれ、自然にお店へと足が向いてしまうのは私だけではないハズ・・・(笑)


    P1000962.jpg


    そんな訳で逸る気持ちを抑えつつ暖簾に吸い込まれるように入店、マスターの真正面に位置するカウンター席をゲットします。 普段であれば平日でもお昼時の賑わいは相当なものですが、この日はテーブル席に二組の先客様がおられるのみ。 その後、この先客様達が帰られた後も暫くお客さんはお見えにならず、流石のマスターも首を傾げていらっしゃいました(笑)




    とんこつ もやし+味付玉子
    680円+100円

    P1000956.jpg


    久しぶりの ”もやし” に味付玉子を載せてみました。 丼の上に盛られたもやしの山はあくまで氷山の一角で、スープの中にも相当な量が沈んでいます。 そんな大量もやしの水っぽさを予め考慮し「味濃いめ」でオーダしてみました。 花カツミスープのいつもの円やかさが影を潜めた代わりに、醤油タレの風味が前面に押し出され、輪郭のキリっとした端正な味わいへと変化しています。 バランス的にはデフォの状態がベストと思われるものの、いつもと違った表情を楽しんでみるのも大いにアリでしょう。 


    P1000957.jpg


    マスターの職人技が仕立てるチャーシューは、箸で持ち上げようとすればホロっと崩れるほど柔らか。 そのままでも充分美味ですが、スープに浸して豚骨の旨味を存分に吸わせて頬張れば、至福の一時が訪れます。


    P1000958.jpg


    こちらの味玉はちょい柔らかめのタイプ。 程良い味の浸み込み加減、黄身の濃厚な風味、共に満足のいく出来栄え。 これでもう少しだけ黄身が固まっていれば文句無しですが、然したる問題はありません。  


    P1000960.jpg


    今回は中太麺をチョイス。 コキコキっとした小気味良い硬質的な噛み応えは、この麺の特筆すべき店に挙げられます。 豊かな小麦の風味では「ユキチカラ」を使用している細麺に一歩譲るとしても、麺自体の太さにも由来するのか、スープの持ち上げの良さではこちらが一枚上手に感じます。 強烈な個性を放つタイプではありませんが、どちらも甲乙付け難い魅力を持つ二種類の麺をその日の気分でセレクト出来るのは嬉しいところ。


    P1000961.jpg


    どのようなのシロモノなのか事前に伺ってはいたものの、今まで頑なに封印してきた壺を開けてみました。 小さじ一杯ほどスープに溶かしただけでも唐辛子の強力な辛味が容赦なく襲ってきます。 味を一変させてしまうほどのアイテムなので使用される際は注意が必要と思われるも、一度知ってしまったらクセになりそうな気が・・・(笑)


    余所ではお目に掛かれない一杯が持つ絶大な吸引力も然ることながら、個人的にはマスターご夫妻とのお喋りタイムも大きな楽しみの一つでして、お店へ自然に足が向いてしまうのはご夫妻のホスピタリティに心を鷲掴みされているせいもありそうです(笑)




    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2011/11/08 Tue. 18:41  edit  |  tb: 0   cm: 6  

    コメント

    No title

    私は今日食べてきたのに、この時間に画像を見ていたら、「明日も行こうかな。」なんて思ってしまうのが花かつみ力の不思議です

    フォワードサークル #- | URL
    2011/11/08 20:35 * edit *

    No title

    本当に好い写麺です!

    自分はいつも大盛を細麺・中太麺で交互に
    +胡麻風味の4パターンで食べてます。

    で・・・後半・・・禁断の一味を・・・
    過去、もっさり入れて超~咳き込み、苦しみました(大笑)
    以来・・・ちょこっとが定番に!
    そろそろ自分も、行ってきます

    maxmax #nirwQam2 | URL
    2011/11/09 07:52 * edit *

    フォワードさん

    ホント、仰る通りですね(^^)
    十分に満足した筈なのに、気付けばまた自然に体が欲しているという・・・(笑)

    一体、あの中毒性は何に由来するものなんでしょうねww

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2011/11/09 21:19 * edit *

    maxmaxさん

    通い込まれているご常連様ほど、自分の好みのパターンをしっかり持っていらっしゃいますよね(^^)

    私はまだその域に達していないようで、毎回目移りして品定めに時間が掛かってしまいますww

    あの壺の中身はビックリ箱よりも驚きますね(^^;)
    次回も色々試してみます。

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2011/11/09 21:32 * edit *

    No title

    なるほど、この店の魅力がわかってきました。
    花カツミ=ユキチカラの解釈を撤廃し、野菜が多いラーメンは味濃い目でオーダーすればよろしいんですね。
    今年の8月頃初めておじゃましましたが、時代の強豪店とは?と疑問を感じましたが、オーダーのし方ですね。

    それにしても郡山はスゴイ!みなそれぞれ個性があるため、何処の店をチョイスするかわからなくなりますよね。
    その点仙台は郡山ではやった味を強調してるだけ、または郡山の店が出店しているだけ、これを考えると恐ろしきラーメン天国ですね。

    sachs #- | URL
    2011/11/10 22:14 * edit *

    sachsさん

    味覚や味の好みは千差万別なので難しいところかと思いますが、何かもう一押しが欲しいのでしたら、 ”味濃いめ” オーダーはその有効的手段の一つになってくれるかもしれません。

    「中太麺」「ユキチカラ麺」の二種類の麺は其々に個性を持っているものの、やはりバランス重視の一杯にしっくり収まるようなタイプかと思います。 この辺りは、何度か通われて風味の違いを食べ比べされることをお勧め致します(^^)

    仙台にも訪問してみたい魅力的なお店はありますが、郡山市はバリエーションに富んだオリジナリティ溢れるお店が沢山存在していますよね。

    食べ歩けど食べ歩けど、課題店は減るどころか増える一方ですww

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2011/11/11 16:47 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/102-5bcdfdab
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)