07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    しょうや 

    今年に入ってから郡山市内にオープンしたお店の中でも、個人的に一番気になっていたお店『しょうや』さんを訪問しました。 国道49号線と郡女通りが交わる交差点を西側に進んだ左手にお店があります。 


    P1000995.jpg


    お蕎麦屋さんの居抜きとのことで、その名残を見せるシックで落ち着いた店構えにラーメン屋さんらしい雰囲気は感じられず、店先の駐車場に掲げられる幟がさり気無くアピールする程度。 それに全く気付かずスルーしてしまった私は、店舗を探し近隣を20分以上もウロウロする羽目に・・・。 実際のお店の場所はネットに掲載されている住所よりも100メートルほど東側に位置するようです。

    暖簾の奥に広がる店内は、樹の温もりと打放しコンクリートが融合するモダンな佇まい。 4人掛けのテーブルが整然と並び、お一人様にお誂え向きのカウンター席が数席、更に座敷も用意されます。 お店を切り盛りされる店主を始めスタッフ全員がお若い方で、特に女性スタッフのスマートな接客を拝見していると、どこかのお洒落なカフェにでもいるような気がしてきます(笑)  





    醤油ラーメン
    650円

    P1000997.jpg


    そんな小洒落た雰囲気とは真逆を行くような素朴且つ、シンプルなビジュアルの一杯。 朱の雷紋が入った丼が殊更に郷愁感を煽ります。 既にこちらを訪問された先輩方曰く、伝説の名店として未だ語り継がれる『ますや分店』さんの味に近い雰囲気をお持ちとのことで、その味を知らない私は大変に興味を惹かれていたのです。


    P1000998.jpg


    鶏ガラや豚骨などから引き出されるふくよかなコク味や、口当たり柔らかな醤油の風味は、郡山の ”地ラーメン” と言われる一杯にも共通して見られるテイスト。 素朴でありながらも一本芯の通った力強さが感じられるのは、微かに後味として残る魚介系と思しきニュアンスが加わっているせいでしょうか。 完成度の高い味作りに感心させられます。


    P1000999.jpg


    チャーシューは脂っぽさを全く感じさせないもので、とりたてて特筆すべき点は見当たらないように思います。 昔ながらのラーメンをストイックに追求され敢えてこのような仕立てにしているのか、それともチャーシューの脂が染み出しスープの風味が変化するのを嫌ってなのか、はたまた全くもって別の理由なのか・・・。 @650円という値段を考えると見直しがあっても良いような気もします(笑) 


    P1010002.jpg


    先頃、当ブログにお寄せ頂いた情報によれば、麺は「青山生麺所」のものを使用されているそうです。 低加水特有の「プツっ」とした硬質的な噛み応えはやや抑え気味ながら、しっとりしなやかな舌触りと芳醇な小麦の風味が秀逸な麺です。 郷愁感たっぷりのスープと相まってトラディショナルな一杯に仕上げられ、オープン後間もないお店が作り出すラーメンとは思えぬ堂々たる風格まで備わっているようです。

    このラーメンが『ますや分店』さんの味筋にどれだけ似ているのか、比較する術も無くなった現在に於いてそれを追い掛けても仕方のないことと思います。 しかしながら、このようなラーメンをリアルタイムで召し上がってこられたであろう団塊世代の先客様方が口々に絶賛されていたことから察しても、その方向性は決して間違ってはいないのかと。

    独学でラーメン作りを覚えたと仰る若き店主の今後の行く末も楽しみであります。    





    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2011/11/22 Tue. 20:11  edit  |  tb: 0   cm: 6  

    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    # |
    2011/11/22 22:19 * edit *

    No title

    値段?といえば高いかも知れませんが
    チャーシューとか意図的に「ああいった雰囲気」にしてるのかな?
    と思う今日この頃です。こちらは「あの雰囲気」を楽しまれるのには
    十分かと。

    maxmax #nirwQam2 | URL
    2011/11/23 23:15 * edit *

    鍵コメさん

    大変に貴重なエピソードをお聞かせ下さいましてありがとうございます(^^)

    知らずに好き勝手なことを書いてしまいましたが、私も心から応援したい一軒であることに違いはありませんし、これから新たな伝説を築き上げてくれることと期待しております。

    お会い出来る日を楽しみに、今後の食べ歩きに精進致します(^^)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2011/11/23 23:25 * edit *

    maxmaxさん

    あのチャーシューは名店の味を忠実に再現した仕立てだったのですね。そうとは知らず、失礼な記事を書いてしまいました(>_<)  

    次回は是非ともチャーシューメンを所望してみたいと思います♪

    それにしても、エポックメイキング的な面白いお店が出来ましたよね(^^) 

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2011/11/23 23:54 * edit *

    No title

    いえいえ・・・自分も忘れてますから・・・
    わざと、あの店の雰囲気を作ったのかなと。
    自己解釈して、懐かしんでいたわけです。
    まあ微妙ですが600円くらいだとリピート率上がるんですけどね。
    大盛@100円ましで・・・(笑)

    maxmax #nirwQam2 | URL
    2011/11/24 08:30 * edit *

    maxmaxさん

    値段設定はいろいろ難しいところもあるんでしょうね(^^;)
    「あの味」に想いを巡らせながら、もう一度味わってきたいと思います。

    maxmaxさんの自己解釈は正解のようですね。
    流石です!<m(__)m>

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2011/11/25 16:55 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/105-ffaa0647
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)