05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

    中華料理 東々亭 

    郡山市の国道4号線から共に西へと伸びる ”麓山通り” と ”文化通り” を南北に結ぶ堂前の ”みどり通り” は、未だ昭和の趣きを色濃く残す通りで、かつてはパチンコ店や映画館、キャバレー等も軒を連ね、昼夜を問わず人の集まる歓楽街を形成していたと言います。 


    P1010075.jpg


    上の写真がその ”みどり通り” になりますが、この写真の奥側に向かって進むとすぐ右手には震災後大槻町へと移転された『らーめん・お食事処 三八太』さん、更に数百メートル行った左手には、富久山町の国道4号線沿いで営業される『中国飯店なるき』さんの本店だった建物が今現在も残され、当時の面影を忍ばせております。


    P1010073.jpg


    今回初めてお邪魔した『中華料理 東々亭』さんは、そんな二軒の老舗のちょうど中間地点辺りに店を構えられております。 実は、先日記事挙げさせて頂いた『中華料理 すいらん亭』さんのコメントに、ご店主のご実弟に当たる方が営まれるお店があるとの情報をお寄せ頂き、それを確かめるべく足を運んだ次第です。 


    P1010063.jpg


    手入れの行き届いた白いカウンターが特徴的な店内は 間口は狭いものの奥に細長い造りになっており、客席数は12~13席といったところ。 「どうぞ、ストーブの前の温かい席に・・」と、兄上様より少し優しげな面持ちのご店主に身も心も温まるお出迎えを頂きます。

    こちらのお店、それほど古めかしい雰囲気は漂っていないものの、5年ほど先に創業された兄上様のお店で料理の教えを乞うて、この地に独立されてからは40年ほどになられると仰います。  ”中華料理” を看板に掲げながらも「煮込みカツ丼」や「カツカレー」などを取り揃えられる辺りは兄上様のお店と共通しているようで、これは兄弟店の ”味筋” と呼べるものなのかもしれません。

    お店の名前を冠したオリジナルメニュー「東々麺」は、タンメンに加えた熱々のトロミが寒い時期にうってつけの一品だそうで、そちらも大変気になりつつ選ばせて頂いたのはこちらになります。 






    半チャンラーメン
    750円 

    P1010067a.jpg


    前記事と完全に被ってしまってますが、最近何故かこの組合せに心惹かれるものがありまして・・(笑) 単品では500円と言うリーズナブルなラーメンは、随所にこだわりが感じられる一杯。 豚ゲンコツと鶏ガラをミックスした動物出汁の芳醇な旨味を携えるスープに一口で魅了されます。 やや豚ゲンコツが前面に出ている印象で、シンプルさの中にも明確な味の方向性を示してくる辺りに味作りの巧みさを感じさせられます。 


    P1010065.jpg

     
    半チャーハンは塩ベースのシンプルな味付け。 具材はやや大きめにカットされた角切りチャーシュー、薄焼き玉子、更にキャベツではなく食感重視のレタスを使用されるところが創業当時からのご店主のこだわり。 強火力でパラパラに炒められたご飯に生姜の爽やかな風味も加わって、プロフェッショナルの手仕事を堪能出来る一品に仕上がっています。 勿論、ラーメンとの取り合わせの良さは言わずもがな。
      

    P1010068.jpg


    再びラーメンに戻りまして、具材の方に目を向けてみます。 チャーシューは「ムチムチっ」とした柔らかな食感、醤油タレの絶妙な味の染み渡り具合も素晴らしく、その陰にはベテランならではの丁寧な下拵えが存在していることを窺わせます。 どことなく師匠の仕立てるチャーシューに面影が重なるような気もしました。



    P1010067b.jpg


    大ぶりなメンマは筋っぽさも一切無く、コリコリの食感も実に小気味良いもので、近年のラーメン専門店などで見られるタイプとは違い、”支那チク” と表現したくなる昔ながらの味わいを楽しませてくれます。 


    P1010069.jpg


    以前は「すいらん亭」さんで使用される麺もこちらで麺打ちされていたとのことですが、店舗の4階の製麺室が震災で崩壊して製麺作業が出来なくなってしまった為、現在は製麺所の麺を使用されておられるようで、「すいらん亭」さんの麺とはスペックも全く異なります。

    だからと言ってこの一杯のクオリティの足を引っ張るようなことは無く、ご店主の目利きでチョイスされた中細の多加水麺がスープと抜群の馴染みを見せます。 所謂、定番タイプの麺になるものの、プリプリした食感と滑らかな喉越しを堪能する事が出来ます。 以前の麺を存ぜぬ方は、昔からこの麺だったと言われても何ら不思議に思わないでしょう。 素朴さの中にも味への深いこだわりをきっちり感じさせる一杯に、見事心を鷲掴みされました。 

     
    P1010072.jpg


    開店直後で他にお客さんもおられなかったことから、ご店主に色々昔話を聞かせてもらいました。 「三八太」さんの移転のこと、「なるき」さんが以前は磐梯熱海にも分店(※正確には「なるき」さんから独立された方が開かれたお店だそうです)を出されていたこと、そして、この記事の冒頭で書かせて頂いた、”みどり通り” に活気があった頃のこと。 

    震災の影響で体調まで崩され、店仕舞いすることも考えられたそうですが、この地にこだわってご商売される道を選ばれたのは「堂前」とこの通りへの深い愛着の証しでしょう。 あの時店仕舞いしなくて良かった、ご店主が心の底からそう思える日が訪れる事を切に願って止みません。


    ひっそり佇む ”隠れた名店” の魅力に触れてみたくなりましたら、どうぞ ”みどり通り” を訪ねてみて下さい。   

      

    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2011/12/20 Tue. 16:39  edit  |  tb: 0   cm: 10  

    コメント

    No title

    この通り、”みどり通り”と言うんですね~、知りませんでした。
    過去の「なるき」さんが営業していた頃1度、訪問しました。これを考えれば郡山の飲食店発祥の通りと言っても過言ではないでしょうね。
    できれば、三八太さんにも歴史的背景から、この地で頑張って欲しかったんですが、それはそれと・・、逆に新しい店が進出し郡山での飲食業の足がかりにして頂きたい土地だと思います。

    sachs #- | URL
    2011/12/20 21:26 * edit *

    No title

    実はこのお店のご子息とは、昔馴染みの無芸です(^▽^;)ゞ 震災を機に、色々と深慮する事態になるほどの痛手を受けられていたのは火を見るよりも明らかでした。 しかし、こうして再び暖簾が掛かったのは何よりでした。

    なるきさんの磐梯熱海支店の件ですが、正しくは独立された方の暖簾分けです。 多分、10年ほどで暖簾を降ろされたと記憶しております。 この通り沿いの歴史の語りべも、だんだん少なくなってきました。 聞き取った内容がアーカイブとしてインターネットに残されて行く事は、きっと意義のあることだと思います。

    無芸大食 #KVUpfCRI | URL
    2011/12/20 21:44 * edit *

    No title

    またまた~郡山の老舗ですね~
    渋すぎますね~でも残念ながら未訪です、、、
    近所の「なるき」さんには結構通いましたが・・・

    このオーダーは良いですね。
    麺類と飯類を確かめられますもんね♪
    自分も遅れましたが行ってきます(年内は厳しそうだな~)

    maxmax #nirwQam2 | URL
    2011/12/21 08:45 * edit *

    こんばんは!

    お店元気だったんですねー!
    って言うか凄いブロでしたね、評論家顔負けの正確かつ暖かい情報・・勝手に満点ですよ!
    麺は自家製じゃなくなったんなら麺コストは倍以上なはずなのに、ワンコインでラー提供ですか・・・頭が下がりますよね。私の友人が学生時代にこちらでアルバイトしてたんですが、その
    時に聞いた一押しメニューは焼きそばでした!
    なーんか思い出して二十数年振りに伺いたくなりました!

    babu69 #ACT9mxxA | URL
    2011/12/21 22:25 * edit *

    sachsさん

    私もご店主様に伺うまで存じませんでしたが、良~く見てみますとレトロな形した外灯にもこの通りの名前が記されているようです(^^)

    懐かしい街並みを残すが故に、このエリアも震災被害は甚大だったようで、店舗の老朽化や現代の目覚ましい車社会の発展を考慮すれば、「三八太」さんの下された決断も一つの正解なのかもしれませんね。

    「東々亭」さんには、この地に根差していつまでも暖簾を掲げ続けて頂きたいものです(^^)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2011/12/23 00:12 * edit *

    無芸大食さん

    無芸さんのご友人様のお店でしたか(驚)

    暖簾を潜ってしまえば震災の爪痕もほとんど確認することは出来ませんが、計り知れないほどのご苦労がおありだったようですね。 ご店主がお聞かせ下さったお話は大変に興味深い話ばかりで、その当時に想いを巡らせながら頂いた一杯は格別でした(^^) また折を見て訪問してみたいと思います。

    「なるき」さんの件、加筆修正させて頂きました。
    ありがとうございます♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2011/12/23 00:39 * edit *

    maxmaxさん

    私も「なるき」さん、「三八太」さんが店仕舞いされる前に訪れてみたかったものです。 三軒揃ってた頃は、”魅惑のラーメン通り”だったんでしょうね(笑)

    そうなんですよ~、半チャンラーメンを所望すれば、一挙に二枚抜き出来ちゃいますからねww 今回のようにどっちもハイレベルですと、とっても得した気分で堪りません(^^ゞ

    是非是非、maxmax先輩のレポお待ちしております♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2011/12/23 00:54 * edit *

    babu69さん

    こんばんは(^^)

    いえいえ、「堂前」「東々亭」のキーワードを提供してもらわなかったら、こんな素敵なお店には出会えなかったでしょう。 情報ありがとうございました♪

    焼きそばはお店では滅多に頼まない品なんですが、そう仰られますと興味津津です(笑)  babu69さんも、懐かしの味に浸ってみては如何でしょう?(^^)

    あ、それから、満点はこちらのご店主様かと思われますよ(*^_^*)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2011/12/23 01:13 * edit *

    No title

    弟様もお元気そうで^^
    ご兄弟と聞かなくても解るほどに似ておられますが
    弟さんの方が少し優し気な印象でした^^
    いつもバイクで配達をされている姿が印象的で
    いつまでもお元気にラーメンを作って欲しいですね☆

    いつか、私も両店をはしごしてみたいです(笑)

    懐かしく嬉しい記事をありがとうございました。

    まゆ #1wIl0x2Y | URL
    2011/12/25 23:04 * edit *

    まゆさん

    こちらこそ、魅力的なお店の存在を教えて頂きまして、ありがとうございました(^^)

    御兄さんは、”職人気質” ってカンジですけど、御弟さんは気さくで話しかけやすい雰囲気が漂ってますよねw それを良いことに、ついつい長話に興じてしまいました(笑) 

    姉妹店でのハシゴは面白そうですね(*^_^*)
    敢行されましたら、ご感想をお聞かせ下さい(笑)
    いつまでも”みどり通り”に暖簾が掲げ続けられることを願うばかりです。

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2011/12/27 22:06 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/111-20210b35
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)