05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

    麺処 中華惣菜 若武者 

    1年2ヵ月ぶりに訪問させて頂いたのは、二本松市本町の『麺処 中華惣菜 若武者』さんです。 


    P1010076.jpg


    県内では押しも押されぬ人気店として ”ビッグネーム入り” されておりますが、先月開催された『東京ラーメンショー2011』にも ”福島復興スペシャルコラボ” として福島市の人気店とタッグを組まれて出店されたりと、県外にもその名を轟かせつつあるようです。 


    P1010078.jpg


    今回のお目当ては決まっておりまして、先日無芸大食さんのブログ『今夜も無芸大食』で紹介されていた、「12月の限定麺」です。 ご店主のお話に因りますと、1日2食も出れば良いだろうとのお考えで、約70食分の仕込みをされていたそうですが、今月中旬には品切れとなり新たに30食分を追加されたとのこと。 1杯1000円もするラーメンを提供するにあたっては「結構ドキドキものでした」と真情を吐露されつつ、予想を遥かに超える大盛況に驚いておられました。 ちなみに現在は全て完売となりまして、残念ながら提供を終えられています。





    極上上湯麺
    1000円

    P1010080.jpg


    麺とスープのみで、ネギすらもあしらわれない一杯はまさしくシンプルの極み。 美しい純白の丼がこの一品を惹き立てます。 


    P1010084.jpg


    これ以上は何も引くものが無い、言わば究極の ”素ラーメン” とも言えますが、スープ表層を覆い尽くす黄金色の美しい油膜に思わず見惚れます。 出汁は既出の通り、伊達鶏の胸肉、厳選した上質な豚肉の赤身、そして「世界の三大ハム」の一つにも数えられる中華料理の高級食材「金華豚ハム」のみ。 スープを口にしてみますと、今までに味わったことの無いフレイバーが広がります。 金華豚ハムに由来すると思しき凝縮されたような旨味は、どっしりしていながらも諄さやしつこさなどの類とは無縁で、僅かに感じる酸味が後味を非常にクリアなものにしています。 若干塩気がシャープな印象を受けるのは、金華豚ハムから染み出る塩分が効いているのかもしれません。 上質にして優雅、繊細でありながらダイナミックさが同居するようなスープに圧倒されます。

    このスープを仕込まれるのに、ご店主はどれほどの手間暇をかけられたのでしょう。 


    P1010081.jpg


    別添えでサービスされるのは、ハーフカットの味玉、穂先メンマ、チャーシュー、ネギ。 どれも文句無しの出来栄えを誇るハイクオリティなトッピングではあるものの、ご店主のレクチャーに素直に従い丼には入れず箸休めとして頂くのがベストでしょう。 


    P1010086.jpg


    麺は多加水麺と低加水麺の二つからお好きな方を選択出来ます。 お勧めは多加水麺とのことなので、そちらをチョイス。 きめ細かい滑らかな舌触り、細身ながら弾力のある食感を併せ持つ、素晴らしい麺であることに変わりはないものの、そのような麺ですらこのスープの前に立たされては ”脇役” に回るしかないようです。  


    ともあれ、普通のラーメン屋さんで味わえるような代物でないことは明らかで、ご店主が本格中華の世界に軸足を置いた料理人であることを雄弁に物語る、まさに ”極上” の逸品と言えます。 


    P1010087.jpg


    ここまでもったいぶって、この一杯に興味を持たれた方に朗報があります(笑) 
    お店のHPを確認してみたところ、大好評につき来月もこの「極上上湯麺」を提供して頂けるようです。


    ”若きサムライ” が作り出す渾身の一杯をご堪能されたい方は、どうぞお早めに。







    関連記事

    category: 二本松市

    Posted on 2011/12/25 Sun. 22:24  edit  |  tb: 0   cm: 10  

    コメント

    No title

    あら?偶然・・・被った・・・
    でもコチラのほうが楽しいブログだと思う。
    ははは・・・でも美味かった

    maxmax #nirwQam2 | URL
    2011/12/25 23:45 * edit *

    No title

    「極上上湯麺」は、ある意味究極の拉麺を目指したものですね(^^) 山本さんにとっても、とてもチャレンジャブルな一杯だと思います。 とても滋味の深い味わいは、今でも忘れられない味の記憶です。

    総計100杯を売り切り、未だ続くリクエストに応える為に、年末ギリギリのタイミングで再び食材の落手が叶ったそうです(^^) さて、もう一度頂きに参りましょうかね♪

    無芸大食 #KVUpfCRI | URL
    2011/12/26 14:09 * edit *

    No title

    凄くやばいです!オイラのど真ん中でございますのね!
    二本松か~!
    限定で残念ですが、スタットレス購入しましたんで、行くぞ!
    ほんで食うぞ!

    おでんのさん #- | URL
    2011/12/26 22:16 * edit *

    maxmaxさん

    「無芸さんの記事に触発され・・」的な件まで被ってしまいましたねww

    maxmaxさんはご自身のブログで、「もっと麺が食べたかった」と仰っておられましたが、私も全くの同意見です。 麺とスープの量的なバランスも考慮されてらっしゃるとは思いますが、もうちょびっとだけ盛りが良かったら更に満足感もアップしたかも・・・なんて言っては、贅沢過ぎますかね(^^;)

    来月もまたお伺いしましょうww

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2011/12/27 22:26 * edit *

    無芸大食さん

    お陰様で、贅沢なクリスマスプレゼントをもらったような気分に浸れました(笑)

    ”最高級食材” なだけに、容易く入手出来ないジレンマも感じながら、お客様のリクエストに最大限応えようとしてくれるご店主の心意気も素晴らしいですね。

    一度食べただけではあの美味さは味わいきれないです。
    ってことで私も当然リピートさせて頂きますww

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2011/12/27 22:35 * edit *

    おでんのさん さん

    数量限定の品ではありますが、この一杯を召し上がる為だけでも、二本松まで来る価値は充分にあると思います。(先日出張で来られた矢吹町より随分近いですから・・ww)

    二本松インターを降りてからお店までは5~6分程です。
    遅れをとりますと、ありつけない可能性もありますから、11時30分のシャッター狙いでレッツゴーです!(笑)

    道中お気を付けてお越し下さいませ♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2011/12/27 22:53 * edit *

    No title

    今年1年すばらしい情報をきめ細かにありがとうございました。
    大変、参考になりました。来年も楽しみに期待してますよ~
    では、よいお年を・・・

    maxmax #nirwQam2 | URL
    2011/12/31 08:41 * edit *

    No title

    2011年、お疲れ様でした!

    誘発され、若武者の伺いましたが、やはりつけ麺で今年を締めてきました。

    ICEMANさん、よいお年を!

    ヤス #- | URL
    2011/12/31 11:12 * edit *

    maxmaxさん

    こちらこそ、大変お世話になりました。

    今年の初めには、これほど充実した食べ歩きが出来るとは夢にも思っておりませんで、これも一重にmaxmaxさんのご指南のお陰と存じます。

    来年もどうか宜しくお願い致します(^^)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2011/12/31 17:32 * edit *

    ヤスさん

    1年間、拙ブログを応援して下さいまして、ありがとうございます(^^)

    心惹かれるメニューがテンコ盛りのこちらのお店ですが、来月は是非ともこの「極上上湯麺」を召し上がってみて下さい。 きっとヤスさんのハートのど真ん中を射ぬいてくれることと思います。 

    ヤスさんも良いお年をお迎え下さい。
    来年も宜しくお願いします♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2011/12/31 17:38 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/112-a4209d61
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)