05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

    支那そば左馬 中町本店 

    前記事と前後してしまいますが、2011年の最後の一杯を頂いたのは『支那そば左馬 中町本店』さんです。 以前からご高名は伺っていながらも、訪問する機会を逸していた一軒になります。 年の瀬も押し迫った先月30日に駅前で飲み会があり、これは千載一遇のチャンスとばかりに友人を ”道連れ” に暖簾を潜らせてもらいました。


    P1010095.jpg


    老舗百貨店やビジネスホテルなどの近代的なビルが立ち並ぶ ”中央通り” から一本西側に入り込んだ路地裏にひっそりと佇む姿にインパクトこそありませんが、夜の帳に浮かび上がる赤い看板が何とも言えぬ郷愁感を漂わせ、飲兵衛を招き寄せます。 


    P1010096.jpg


    時間帯が早かったせいか先客さんはお見えになっておらず、女将さんがカウンター席に腰掛けてテレビに見入っておられました。 その10席にも満たない程のカウンターが誂えられた店内は、こじんまりとした造りながらも窮屈に感じるようなこともなく、適度なタイト感が妙にしっくりきます。 ご高齢にもかかわらず女将さんお一人で全てを切り盛りされ、餃子やワンタンに至るまで全てお手製と仰いますから、恐れ入ってしまいます。 厨房内での女将さんの動きには一切の無駄がなく、”丹精を込める” という表現が相応しい丁寧な仕事ぶりにも好感が持てます。





    支那そば
    650円

    P1010097.jpg


    〆の一杯に相応しいシンプルなビジュアルながらも、2枚載せられるナルトが表情を豊かにしています。 

    やや醤油タレの存在を色濃く映していますが、そんな見た目に反して味わいは軽やか。 鶏ガラ、豚ガラ、8種類の野菜で焚かれるというスープは、敢えて一番出汁は全て捨ててしまうという徹底したこだわりぶり。 スッキリした口当たりに感じられるのは、この辺りの ”こだわり” に起因するものかと思われます。 但し、これは酔っている状態でのインプレッションでして、素面で頂いてみるとどのように感じられるかは定かではありません(汗) 


    P1010098.jpg


    モモチャーシューは適度な歯応えを残しつつも、決して硬過ぎることなく、香ばしい醤油タレの染み渡りもまさに絶妙といったところ。 脂っこいのは苦手と仰る女将さんらしい仕立てとも言えるかもしれません。


    P1010099.jpg


    加水率高めの細麺は、茹でる直前に軽く手揉みが加えられます。 しなやかでありながらも「ぷちっ」と噛み切れる歯応えがとても心地良く、麺に対する思い入れもも並々ならぬものであることを窺がわせます。 勿論、スープとのバランスの良さも申し分なく、気付けば私も友人も夢中でこの支那そばを啜っておりました。 


    女将さん曰く、なんでも〆にこのスープを飲むと二日酔いにならないのだとか・・。 この日は翌日に持ち越してしまうほど多量のアルコールは口にしておらず、その真意の程を確かめることは出来なかったものの、この地で40年以上も暖簾を掲げ続けてこられた背景には、そんな ”秘密” が隠されているのかもしれません(笑)

    一度お邪魔しただけでは探り切れぬ懐深い魅力に満ち溢れる老舗のご繁盛と、女将さんの益々のご健勝を心から願いつつお店を後にしました。


    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2012/01/12 Thu. 11:24  edit  |  tb: 0   cm: 4  

    コメント

    こんばんは!

    私も去年の暮れに発見して伺いました。堤から撤退して結構ブランクあったはずですが、相変わらず郷愁漂う味でした。
    再開してからかなり時間経ってたんてすか? 場所も以前営業してたとこと同じ記憶だったけど、微妙に移動してんのかなー。
    でんでんが駅前から移転してからは、郡山の駅前で旨い正統派の支那そばってなかなか出会えないから貴重なお店ですよね。この手のラーで〆ないと酒飲み終われません(^-^;

    babu69 #ACT9mxxA | URL
    2012/01/12 20:13 * edit *

    babu69さん

    こんばんは(^^)
    閉店された堤のお店は、こちらの女将さんご子息様が営まれていたと伺ったことがありますが、中町のお店はあの地で42年間暖簾を掲げてこられたそうです(^^)

    オーソドックスが故に、〆ラーにはもってこいの一杯ですよね。
    ワンタン麺やチャーハンも気になってまして、既に次回の課題メニューにリストアップしております(笑)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2012/01/14 21:48 * edit *

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    # |
    2012/01/15 21:21 * edit *

    鍵コメさん

    私はあの通りを確認したのも今回が初めてでした(^^;)
    1本奥に入っただけでディープなエリアもあるんですねw

    そちらも近々伺ってみようと思っていまして、その際はお言葉に甘えてみようかと・・・(笑)
    楽しみです♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2012/01/17 07:45 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/114-e4d0c9f1
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)