05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

    正月屋分店 支那そば やまき 

    遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。
    本年も当ブログをよろしくお願致します。


    新年最初の記事になりますお店は『正月屋分店 支那そば やまき』さんです。 
    ”ベタ” かもしれませんが実は狙っておりました(笑)


    P1010107.jpg


    実は、新年最初の営業が1月3日からであることを知らずに前日にも訪問しておりまして、いつもの暖簾が掲げられているのを確認してホッと肩を撫で下ろします(笑) とうにお昼時を過ぎているのにもかかわらず、後から後から傾れ込むようにお客さんが来店され、午後2時を過ぎても客足が途絶えることはなく、新年早々なかなかの賑わいを見せておりました。 ご店主と新年の挨拶を交わしカウンター席に着くと同時に、昨年末から ”初ラー” として照準を定めていたお目当ての一杯を所望します。    




    塩そば+半熟煮玉子
    650円+100円

    P1010101.jpg


    郡山の本店も含め、「塩そば」を頂くのは久しぶりです。 箸やレンゲで盛り付けを崩す事を躊躇してしまうほど、細部に至るまで気を抜くことなく丁寧に盛り付けられた一杯は、どこから拝見しても一切の死角を見せません。 


    P1010106.jpg


    ”和” のテイストをふんだんに散りばめながらも、どれか一つの素材が突出して主張するようなことのない味作りは、シンプルな「塩そば」でも本領を発揮します。 伊達鶏をベースとした動物系出汁と、煮干しや鰹節などから採られる魚介系出汁をブレンドするダブルスープは、二つの出汁の旨味を見事にマリアージュさせたリッチで滋味深い味わいが特徴。 雑味を一切感じさせないクリアさは、極めて丁寧な出汁引きを窺わせ、油層がもたらす上質なコク味を重ね合わせることで、計算され尽くした緻密な味に奥行きが加わります。


    P1010103.jpg


    干しエビと焦がしネギはスープにアクセントを付け加えてくれるトッピング。 食べ始めは ”素 ” の状態のスープを楽しみ、ある程度食べ進んだところでミックスして風味の変化を楽しむのがベターかと思います。 


    P1010102.jpg


    私的にはこのビジュアルポイントに一番の『正月屋』らしさを感じます。 ハーフカットされたシャープな断面も美しい半熟煮玉子、その真ん中に添えられるカイワレの一糸乱れぬさまに、師匠である本店の親方への畏敬の念が観て取れるような気がします。 

    その他、むっちり食感の肩ロースチャーシュー、丁寧に下拵えされたコリコリのメンマが、各々に ”名脇役” を演じながら、この一杯の後ろ楯になります。 


    P1010105.jpg


    今回は敢えて「中太麺」をセレクトしてみました。 これがデフォと言われても何ら違和感を覚えぬ相性の良さは、自家製麺の面目躍如といったところ。 噛み締める度に漂う豊かな小麦の風味や、「コキコキっ」とした心地良い歯応えは言うに及ばず、麺とスープが互いに惹き立て合うハイレベルな ” シナジー” を醸し出しています。 


    恐るべき完成度を誇るこの一杯を考案された親方の料理人としての才覚は今更述べるまでもないことですが、その親方の教えを頑なまでに守り抜いてこられ、『正月屋』のブランドイメージを更なる高みへと昇華させたのは、実はこの『分店』の存在も大きいのではないかと思っています。

    錚々たるブロガーの皆様も挙って絶賛され、あの本店をもスルーさせて二本松の地へと誘う、『支那そばやまき』至高の一杯。 若くして既に ”匠” の域に達しておられるご店主の確かな技が光ります。






    関連記事

    category: 二本松市

    Posted on 2012/01/07 Sat. 19:09  edit  |  tb: 0   cm: 10  

    コメント

    No title

    すみません。全く関係ないんですが、
    半熟煮玉子が"恋人同士のふたり"に見えて仕方ありませんw

    ちなみに右が男で、頭ポリポリ掻いてます^^
    もう見れば見るほど・・(笑)


    きりん #- | URL
    2012/01/08 00:35 * edit *

    No title

    さすが~と思わせる丁寧な仕上げ・・・
    今年も行かなくちゃ~♪
    しかし↑の煮玉子のコメント、なるほど言われれば・・・(笑)

    maxmax #nirwQam2 | URL
    2012/01/08 10:28 * edit *

    きりんさん

    確かに、右側の男味玉クンが (・・*)ゞ ←こんな感じで照れながらポリポリしてるように見えますww  カイワレの1本にまで気を配るお店だからこそ、絵になるんでしょうね(^^)

    それにしても、写真撮影をご趣味にされる方の鋭い着眼点は流石です。
    やっぱり、”絵心” をお持ちですよね(笑)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2012/01/08 11:39 * edit *

    maxmaxさん

    「塩そば」以外の品もそうですが、「やまき」さんのラーメンって全く隙を見せませんよね。

    ご自身が惚れ込んだラーメンの美味しさを、どこまでも追及されるストイックさすら見て取れるような気がします。

    私も、もっともっと通わなくては・・(^_^;)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2012/01/08 11:53 * edit *

    No title

    やまきの塩そば、そうですお休みの日には郡山をスルーしちゃいますよ。

    でも明日は旗日だから行かないと思います。

    フォワードサークル #- | URL
    2012/01/08 18:31 * edit *

    No title

    この計算しつくされ提供される1杯に
    辛味噌を別皿でオーダーしてます。店長は一瞬?顔になりましたが、
    取り合えづ受けて頂きました。

    sachs #- | URL
    2012/01/09 20:30 * edit *

    フォワードさん

    「二本松へと誘う」の件は、実はフォワードさんのこと書いちゃいました(^^ゞ

    私も普段は平日狙いで、混雑する休日に訪問することは滅多にありません。
    美味しい一杯は、ゆっくり味わって頂きたいですもんね(^^)

    いつかお会い出来たら嬉しく思います♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2012/01/09 20:32 * edit *

    sachsさん

    繊細なテイストは辛味噌に支配されてしまうかもしれませんが、「味変」のアイテムとして途中で投入するのはアリだと思います(^^)
    グッとパンチが効いた「塩そば」も美味かったのではないでしょうか(^^)

    ただ、オーダーするのに勇気は必要かもしれませんね(笑)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2012/01/09 20:44 * edit *

    No title

    今年もよろしくお願いします。

    塩ラーメンに限らずですが、やまきさんでは、自分は干しえび、焦がしねぎ付近のスープが好きです。
    もちろん海苔付近も・・・。

    つまらないことかもですが、子供と一緒に食べるときは、いつも〝そこ飲んでみて〟と強制してしまいます。そして、スープが麺とヒタヒタくらいになったら、一気に麺をすすってと・・・。

    最近、そんな食育にはまってます(笑)

    ヤス #- | URL
    2012/01/09 22:29 * edit *

    ヤスさん

    こちらこそ、よろしくお願いします(^^)

    確かに、”その辺り” のスープは一際風味も豊かですよねww
    ちょっとした小技かもしれませんが、ホントに効果的なアクセントになっていると思います。

    それって、所謂「英才教育」ってヤツじゃないですか?(笑)
    食育と共に、こっちの世界の楽しさも是非教えてあげて下さいww
    今から将来が楽しみですね♪ 

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2012/01/11 09:02 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/115-78c5c8e7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)