03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

    支那そば 山岸家 

    ここ数ヵ月、福島市内のラーメン屋さんを全く訪問していない事に気付きまして、久方ぶりにお邪魔したのは南矢野目の『支那そば 山岸家』さんです。 


    P1010127.jpg


    正午前の入店で、先客さんはカウンター席にご常連らしき方がお一人。 どことなく店内の雰囲気が変わったような気がして何気に見渡してみますと、店内奥に設けられていたテーブル席スペースがカーテンで塞がれております。 更には、ご店主をサポートしておられたスタッフさんの姿も見られず、ご店主お一人で切り盛りされておりました。

    写真は撮り漏らしてしまいましたがお品書きにも変化が見られ、「しょうゆらーめん」と「塩らーめん」の二本柱を主体とするメニュー構成に簡素化された模様。  どういった事情があったのかまでは存じませんが、大町に店を構えられていた頃と同じスタイルでご商売されておられる姿は、あたかも ”原点回帰” されたような印象を受けました。






    塩わんたんめん(大盛り)
    890円+100円

    P1010129.jpg


    今回は未食の ”塩” に照準を合わせましたが、味玉などの追加トッピングも姿を消してしまったので「わんたんめん」にグレードアップしてみました。 一見、醤油ラーメンにも見えそうな琥珀色のスープは動物出汁と魚介出汁のダブルスープで、動物系は地鶏のガラや豚ゲンコツから、魚介系はサンマ、エビ、煮干し、昆布などで出汁引きされるとのこと。 動物出汁に由来するはコク味は驚くほど豊かで力強く、魚介出汁は其れと悟られない程度の柔らかな香味と共に旨味の味幅を広げてくれます。 二つのスープの巧妙にして絶妙なブレンドバランスこそがこの一杯の真骨頂であり、他の追随を許さぬ唯一無二の存在へと推し上げる精巧な味作りは、もはや溜息もの・・・。


    P1010130.jpg


    まるで ”落し蓋” が如き、丼を覆い尽くすドデカいバラロールチャーシューは面積のみならず、ご覧の通りのぶ厚さ。 脂身は蕩けるような食感を見せるものの、ただ柔らかいだけではなく、繊維質は「むっちり」した噛み応えを敢えて残して、肉を頬張った満足感へ繋げているようにも思えます。 スープの風味とぶつからないよう、緻密に計算された味付けも見逃してはならぬポイント。


    P1010131.jpg


    サクっと軽快な歯触りでありながら筋っぽさは微塵も感じさせず、「コリコリ」と小気味良い歯応えを見せるメンマ。 地味な存在のトッピングにも一切の抜かりはありません。 


    P1010133.jpg


    透けて見えそうなくらい極薄のワンタンは具無しタイプで、どちらかと言えば具材としてではなく、スープの旨味を運んでくれるツールとしての役割を担っております。 シルキーな口当たりと滑らかな喉越しが特筆レベルであるのは、敢えて言うまでもないことです。


    P1010132.jpg


    角断面の中細ストレート麺は低加水特有のポキポキした歯応えが心地良く、噛む度に鼻腔に抜ける小麦の風味も大変に豊かで、その存在感を遺憾無く発揮します。 大盛りコールすればボリューム面でも高い満足感が得られることは間違いないでしょう。

    麺、スープ、トッピング、個々が素晴らしいパフォーマンスでアピールしながらも、一杯の丼の中で見事に調和させるのはご店主の卓越したセンスと鋭いバランス感覚の為せる業。 

    そんなご店主にお話を伺えば、もうじき創業14年目を迎えられるとのこと。 老舗と呼ぶにはまだまだ時期尚早かと思われますが、一杯から漂う風格は既にその域に達しているのは、火を見るよりも明らかです。


    P1010126.jpg


    近年は台頭著しいニューウェイブに目を向けてしまいがちですが、恐るべきその実力のほどを目の当たりにすることで、福島のラーメンシーンを牽引してきた立役者が誰であるのかを思い知らされる筈です。




    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2012/01/26 Thu. 21:28  edit  |  tb: 0   cm: 8  

    コメント

    No title

    んんん・・・昔から難しいようですね。
    味は賛否両論あっても実績は確かなんですけどね。
    自分は古いお店しか知りませんが、コチラの場所の前店舗も
    良かっただけに・・・複雑ですね。また1人でやってるんですか?
    頑張ってほしいですね。

    maxmax #nirwQam2 | URL
    2012/01/27 21:30 * edit *

    こんばんは!

    やはり一人スタイルで営業する為にテーブル席無くなりましたかー。だったら大町から移転する必要無かったですね。以前のお弟子さんの山東神もターゲットがあやふやだったから、あの箱のキャパでは回せなかったのにどうなんだろう?って思ってました。店主ももう少し柔らかく頭を使えば、もっと集客出来る位の味は作ってるとは思うんだけど・・・。
    頑固さとストイックは別物だから。心地良い店ってピンでも家族連れでも同じく感じられないと駄目かなーって思うんだよね。

    babu69 #ACT9mxxA | URL
    2012/01/27 22:25 * edit *

    No title

    Icemanさんベタほめ過ぎ、近年じゃ石川屋はじめ他のラーメン店のレベルが上がってますよ。
    未だ、この店子供入店お断りなんですかね?

    郡山から福島に来る場合、強い意志をもって行くべき店をインプットしないと、二本松でつかまいっちゃいそうな、この頃です。

    sachs #- | URL
    2012/01/28 07:51 * edit *

    今日行ってきました。

    Icemanさんに感化されて行って参りましたw
    否の部分も理解できなくないですが、
    ひさしぶりに行って、いいお店だなと感じました。
    詳しくは後日、当ブログでw

    よはん #- | URL
    2012/01/28 14:53 * edit *

    maxmaxさん

    賛否両論分かれるのであれば、私は間違いなく ”賛” の方でして、高次元でバランス取りされたハイクオリティな一杯という印象は変わりません(^^)

    私も足繁く通い詰めている訳ではありませんが、「また来よう♪」と思わせる魅力を持っておられるのは間違いないと思います。

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2012/01/30 10:20 * edit *

    babu69さん

    現在の場所に移転された最大のメリットは、車でのアクセス向上にあるような気がします。 車社会の福島に於いては、店先に専用駐車場があるのと無いのでは大違いですもんね(^^)

    仰る通り、ご家族連れ様には向かないお店だと思いますが、それはこのお店のスタイルでもありますから致し方のないことかと・・・ww 

    今時珍しい ”頑固” なお店が一軒くらい存在しても良いような気がします(笑)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2012/01/30 11:35 * edit *

    sachsさん

    ここ数年で福島市内のラーメン勢力図も大きく塗り替わりましたね(^^)

    sachsさんと同じように、ニューウェイブの活躍は大歓迎でありますが、”先駆者” が切り開いてくれた道の上に現在が成り立っていることを忘れてはならないような気がします。

    二本松で寄り道してから福島入りするって手もありますよ(^◇^) 

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2012/01/30 12:02 * edit *

    よはんさん

    よはんさんにそう仰って頂いてホッとしました(^^ゞ

    私も正直に申せば、「否」の部分を存ぜぬ訳ではありませんが、旧店舗時代ならまだしも、味も接客も申し分ない現在に於いて入店を躊躇う理由など一つも見当たらないというのが私的な見解です。 客入りが寂しかったのが唯一の気掛かりですが、このまま埋もれさせてしまうには余りにも勿体無さ過ぎるのでは・・・。

    ともかく、レポ楽しみにしてます(*^_^*)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2012/01/30 12:39 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/118-9ee9b56d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)