09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

    らー麺堂 飯馳停 

    郡山市日和田町の「オリエントパーク日和田」内に店を構えられるの『らー麺堂 飯馳停』さんを数年振りに訪問しました。 


    P1010170.jpg


    所用で来ていた日和田町で入手した某フリーペーパーにこちらのお店が掲載されておりまして、久しぶりに暖簾を潜った次第です。 店内はシックで落ち着いた雰囲気作りがなされており、お昼時で混み合う時間帯でも雑多な空気を漂わせない丁寧な接客は毎度の事ながら感心させられます。


    P1010171.jpg
                     <↑クリックで拡大>


    「白湯」「醤油」「味噌」の三本柱がこちらの基本メニューで、それぞれに焼豚や味玉をトッピングしたバリエーションが揃えられ、比較的シンプルなメニュー構成ながら並々ならぬ食材へのこだわりを窺がわせます。   




    味玉白湯らー麺(背脂入り)
    770円

    P1010174.jpg


    今回は、お店の看板メニュー「白湯らー麺」の味玉トッピングバージョンを所望しました。 豪勢なビジュアルを形成するトッピング達も然ることながら、背脂が振られることに因るインパクトの増大は計り知れません。


    P1010177.jpg


    豚ゲンコツと鶏ガラ、更に数種類の香味野菜で炊かれるという白湯スープは、それほど乳化していないせいか醤油タレのテイストもしっかり活かされておりまして、その見た目に反するようなミディアムライトな仕上がり。 勿論、背脂の甘味やコク味も伝わってきますが、やはり食べ易さに重きを置いたタイプなのは間違いありません。 厚めの油層からは想像も出来ないほど後味はクリアで、どこか上品にすら感じられます。   


    P1010176.jpg


    地元の田中養鶏場から仕入れられる、「さくら玉子」を使用して作られる味玉は若干小ぶりではあるものの、黄身の半熟具合も味の浸み込みも申し分ない出来栄えで、味玉好きを魅了してくれます。 ここまでパーフェクトな味玉には、そう滅多にお目に掛かれないかもしれません。 


    P1010178.jpg


    柔らかさと共に「むっちり」とした弾力ある食感に仕立てられる大ぶりなバラロールチャーシューは、丁寧な下処理が施されている事は明らかで、その存在感の大きさは目を見張るほどです。    
     

    P1010179a.jpg


    適度な硬さに茹で上げられる多加水中細麺は、オーソドックスなフォルムながらスープの旨味や表層の背脂をしっかり纏い上げてくれます。 抜きんでるような個性は見当たらないながらも、老若男女を問わず食べ手に安心感を与えてくれるトータルバランスに優れたタイプとも言えるでしょう。    




    辛味
    50円

    P1010175a.jpg


    こんなトッピングがあったことに今回初めて気付きまして、何となく気になったので追加オーダーしてみました。 「コチュジャンベース」と記載されておりますが、ニンニクの風味がほど良く効かされた、所謂「辛味噌」のようです。 


    P1010181.jpg


    全部溶いても辛味自体はそれほど強くないものの、それまでの円やかなテイストを一変させるほどのパンチ力は秘めていますから、途中で味の変化を楽しまれたい方にはうってつけのアイテムになってくれることでしょう。


    突出した何かが主張するような押しの強さは感じられませんが、とても丁寧に作り込まれていることがひしひしと伝わってくるような一杯は、スタイリッシュな店内の佇まいと共に女性客のハートもギュッと掴んでおられるようです。 


    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2012/02/14 Tue. 23:06  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    No title

    以前から味玉の卵にはずいぶん拘ってますよね。ライトテイストのとんこつではありますが、春先頃欲しくなりますね。(冬季間はヘビーに拘ってますので)

    ただ、何で土曜日が休業になってしまったのか?

    sachs944 #- | URL
    2012/02/15 20:41 * edit *

    sachs944さん

    仰る通り、上品さが感じられるライト仕立てと言えますね(^^)
    ヘビー級を好まれる方には若干物足りなく感じられるかもしれませんが、敢えてその領域に踏み込まないのがこちらのスタイルですし、女性客の比率が高い理由は、まさにそこにあるのではないかと・・・。

    あれだけの集客力を持つ複合商業施設内に店を構えられながら、土曜定休なのは確かに不思議な感じもしますが、いろいろ事情がおありなのでしょう。 

    今や、あのエリアには無くてはならない存在になっておりますから、案外何曜日に休んでも然したる問題ではないのかもしれませんね(笑)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2012/02/17 09:31 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/122-7381530f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。