07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    ふくしまラーメンショー 2012 開幕 

    「ラーメンで福島を元気に!」のキャッチコピーを掲げ、福島の復興を支援する一大イベント『ふくしまラーメンショー2012』が、遂に開幕の日を迎えました。


    P1010421.jpg


    今にも降り出してきそうな生憎の空模様ではありましたが、私が開店1時間前に入場した時点で、既に大勢のお客さんがお見えになっておられました。 


    P1010417.jpg


    監修の大崎裕史氏もこの日は終日会場に詰めておられるようで、ご挨拶がてら色々とお話させて頂きました。 ちなみに、最終日の5月6日もご来場されるとのことです。


    P1010420.jpg


    開店に先立ち、主催者側との最終打ち合わせがありまして、出店各社の代表の方は緊張した面持ちで担当者の説明に耳を傾けておられました。 

    その後、9時50分から開会のセレモニーが行われ、定刻の午前10時に一斉に開店となりました。


    P1010407.jpg


    まず初めに私が向かったのは、地元福島から唯一出店されている『郡山一麺会』さんです。 先月中旬にお招きに与かった試食会からどのような進化を遂げたのか、大変気になっていた一杯です。
     

    P1010423.jpg


    一麺会会長の柴原氏が調理のイニシアティブを握られ、一杯づつ丁寧、且つ迅速に作られていきます。


    P1010424.jpg


    これが「大地の麺・絆」の完成形になります。 プロトタイプと比較しても、明らかにスープの色合いに深みが増しています。 味の方も、魚介の主張が控え目になった代わりに、豚ガラなどの動物系出汁が前面に感じられるテイストに仕上がっております。 出汁の進化に伴い、醤油タレの方も所謂 ” 郡山ブラック ” と称される一杯に通ずるコクと円やかさを兼ね備えるものが合わされ、試作品とは比較にならない高い完成度を誇ります。 


    P1010425.jpg


    米粉配合のオリジナル麺「大地の麺」は、そのポテンシャルの高さは折り紙付きながら、この麺の美味さを如何に活かし切るかが一つのポイントになると予想しておりましたが、「ぷりぷりっ」とした食感や、滑らかな舌触りは言うまでもなく、スープとのマッチングも素晴らしいの一言。 勿論、前回も好評だったチャーシューも絶品です。 こんな美味しいラーメンが5日間限定なんて、余りにもったいないと思うんですけど・・・(笑)

    FCTの事業推進部ご担当の方からお聞きしたところでは、大崎裕史氏も絶賛されていたそうで、地元一麺会 ” 頑固おやじ ” の面目躍如といえるでしょう。


    P1010405.jpg


    二軒目に選んだお店は、前日もお会いしている重松裕志氏がおられる『博多だるま』さんです。 県内でも豚骨ベースのラーメンはポピュラーになりつつありますが、豚骨ラーの代名詞とも言える本場博多のその味や如何に。


    P1010427.jpg


    「厨房の中に入って好きに写真撮ってもらっても良いですよ」なんて、我々オフィシャルブロガーへの心遣いまで見せてくれる海外事業部長の重松氏。 まさしく ” 太っ腹 ” の対応に感謝しつつ、本場の一杯を所望します。


    P1010428.jpg


    美しいほどに白濁としたスープは、一体どれほどの時間をかけて炊き上げているのかと思ってしまうほど濃厚で、トロンとした粘性すら見て取れます。 濃厚でありながら臭みなどは微塵も感じさせず、豚骨の旨味のみをギュギュっと濃縮したようなテイストは流石に県内でも類を見ない一杯かと思われます。 豚骨好きのみならず、その芳しい豚骨フレイバーに心を鷲掴みされた方も大勢いらっしゃることでしょう。  


    P1010429.jpg


    麺は低加水タイプの極細ストレート麺。 これほどにスリムでありながら、先述したスープのトロミも相まってスープを存分に纏い上げ、コツコツとした独特の歯応えで楽しませてくれます。 また、豚骨ラーには欠かせぬアイテムであるキクラゲのコリコリした食感も心地良く、追加料金で多様なトッピングを楽しんでみるのも面白いでしょう。 


    P1010409.jpg


    まだまだいきます(笑)

    三軒目に選んだのは、信州のカリスマと呼ばれる塚田兼司氏がプロデュースする『信州鶏白湯 気むずかし家』さんです。 


    P1010432.jpg


    このGW中は松本と金沢のラーメンイベントにも同時出店されているらしく(驚)会場入りが遅れておりましたが、会場に入られたとの情報を傍受して早速ブースに出向いてみたところ、宮城県の超人気店『五福星(うーふーしん)』さんのご店主、早坂雅晶氏(左側)と一緒におられました。 塚田氏とは先の出店社説明会でたった一度だけ、しかもほんの僅かな時間しかご一緒していないにもかかわらず、私をちゃんと覚えていて下さったようです(嬉)


    P1010433.jpg


    『気むずかし家』さんは県内では珍しい「鶏白湯ラーメン」を引っ提げてのエントリーです。 鶏ガラを16時間も煮込んだ白湯スープに節系の風味をブレンドした味わいは「魚介豚骨」とはテイストが異なり、旨味そのものが柔らかいような印象を持ちました。 節の効かせ方もどこか洗練されたものが感じられ、そのハイレベルな仕上がりにはご一緒させて頂いたよはんさんも感心しておられるご様子でした。


    P1010434.jpg


    スープも特徴的なら、麺も存在感をアピール。 褐色のツブツブが見られるところから全粒粉ブレンドと思われる平打ち多加水麺は、啜り心地から、スープの持ち上げ、「ぷつん」とした噛み応えに至るまで実に秀逸。 青菜や海苔といった載せ物も効果的な味変ツールとして活躍してくれます。

    この次塚田さんにお会いしたら、福島にも支店出してくれるように頼んでみようかと・・・(笑)


    P1010410.jpg


    『ふくしまラーメンショー2012』第一日目のラストを飾る一軒は、札幌に本店を構え、渋谷にも支店を出しておられる『真武咲弥』さんです。


    P1010435.jpg


    熱気ムンムンの厨房で汗だくになりながら指揮を執られる、ご店主奥村宗弘氏に我儘を申してパチリと一枚。 同性ながら、相変わらずのイケメンぶりに惚れ惚れします(決してその気はございませんww)


    P1010436.jpg


    十数種類にも及ぶスパイスや食材を使って作られる特製味噌ダレがこの一杯のハイライト。 とにかく味噌テイストは濃厚で、どっしり重厚な旨味が押し寄せてきます。 県内味噌ラーには定番のニンニク風味はほぼ感じられず、代わりに投下される摺り下ろし生姜のテイストが一際シャープな印象を与えます。 この押しの強いダイナミックな味わいは、今まで私が食したどの味噌ラーも比較になりませんし、シェアしたエリーゼさんも同様に面食らったご様子でした。


    P1010437.jpg


    札幌の「小林製麺」さんの特注麺は、如何にも札幌ラーメンらしい黄色味の強い太縮れ麺。 加水が幾分控え目なのか、「ワシワシ」っとした弾力ある噛み応えがスープに負けじと応戦してきます。 インパクトの強さでは本日頂いたラーメンの中でも最強でした。 


    まだ6店舗を残してはいるものの、どちらのお店にも共通して言えることは、福島の皆さんにラーメンで元気になってもらいたい、どこのお店にも負けない美味しいラーメンを提供したいという、強い意気込みを持って参加しておられるのがひしひしと伝わって参りました。


    普段書き上げないようなハイペースで書いているので、支離滅裂な記事になってしまっておりますが(あ、普段と一緒でしたw)、取り急ぎ初日の報告とさせて頂きます。


    ご同行頂いた、よはんさん、エリーゼさん、ありがとうございました。
    またお会いしましょう♪





    関連記事

    category: ふくしまラーメンショー2012

    Posted on 2012/05/02 Wed. 19:36  edit  |  tb: 0   cm: 8  

    コメント

    No title

    お疲れ様でした~
    自分は、何とか天気も持ってくれました。
    次もよろしく!

    maxmax #nirwQam2 | URL
    2012/05/02 21:08 * edit *

    No title

    私が到着したのは15時過ぎでした。
    探して下さったよはんさん、エリーゼさんに申し訳ない事してしまいましたね・・・。

    私も何とか5杯食べましたが、元々文章書くのが遅いので、レポ揚げるのに4時間くらい掛かってしまいました(^^;;;

    yao #OD1pUsXY | URL
    2012/05/02 22:18 * edit *

    maxmaxさん

    折り畳み傘とカッパを持参で行きましたが、会場にいる間はなんとか持ちこたえてくれました。

    次回は何日頃の訪問になるのでしょう?
    先輩と一緒にラーメン啜って、ラーメン談義に花を咲かせてみたいものです。

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2012/05/03 00:39 * edit *

    yaoさん

    事前情報に因れば「2日は都合が付くならば・・」とのことでしたので、来場されても夕刻以降ではないかと踏んではいたのですが、やはり情報が錯綜していたようです(^^;) 

    私も記事挙げには相当時間が掛かるタイプでして、日付を跨ぐこともしばしばなんです(笑) 

    ともあれ、明日の更新を楽しみにしています♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2012/05/03 00:47 * edit *

    No title

    初日から行かれるのはうらやまし限りですね。
    連休たった1日時間をとれた本日、雨、風に負けず行ってきます。
    胃袋のキャパと時間との戦いになりそうです。

    sachs944 #- | URL
    2012/05/03 05:54 * edit *

    No title

    さすがだ! Mr.Iceman!(^o^) 短時間でこれだけ緻密なレポを書き上げるられるなんて(*^_^*)

    無芸大食 #KVUpfCRI | URL
    2012/05/03 16:11 * edit *

    sachs944さん

    せっかくの訪問日が生憎の天気になってしまいましたね(>_<)
    さて、どのお店を巡られて来たのでしょう。

    お聞きした話に因りますと、15時までに10店全制覇された猛者もおられたとか・・(驚) とても真似なんか出来ないですよねww

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2012/05/03 23:09 * edit *

    無芸大食さん

    お師匠様のその一言で、どれほど救われたか・・(^^;)

    本日は所用で訪問出来ませんでしたが、明日は夕方頃にお邪魔してみるつもりでおります♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2012/05/03 23:14 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/144-2f8871e8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)