04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

    食堂 ひまわり 

    ひと月ほど前に偶然お店の前を通り掛かり気になっていた『食堂 ひまわり』さんを訪問してみました。 JR安達駅から徒歩1分ほどのところに店を構えられながらも、人通りの少ない路地裏に面しているこちらを知っておられるのは、恐らく地元の方のみではないかと思われます。 


    P1010536.jpg


    もう、この素敵過ぎる店構えに釘付けです♪ 我ながら良さげな一軒を見つけたもんだと自画自賛しつつ、店舗裏手の駐車スペースに車を停めせてもらっていざ入店。

    暖簾を潜れば、すぐ真正面には5席ほどの小さなカウンターがあり、その右手には広々とした座敷席も設けられております。 お一人でこのお店を切り盛りされるという女将さんが新参者を、快く出迎えて下さいました。 お邪魔したのはちょうどお昼時でしたが、先客様は女将さんと同世代くらいの女性がお一人。 お茶を飲みながら世間山話に花を咲かせている辺りは、この手の食堂にありがちな光景かと。

    席に着いて頭上のメニュー札を見渡せば、麺類、定食、丼物といったお馴染の顔ぶれが並びます。 ちょいと珍しそうなところでは、 ” 昔懐かしい ” と銘打った「だんご汁」なんてお品も用意されているようで、どこか家庭的な雰囲気が漂うお店に相応しいラインナップにも思えました。 





    チャーシューメン
    650円

    P1010537.jpg


    チャーシューメンにしてもリーズナブルなこのお値段。 そしてお値段以上に豪勢な載せ物があしらわれております。

    クリアな清湯スープは鶏ガラや野菜などを炊いていると思われますが、突出した何かが存在を示すタイプではなくて、少し濃いめに効かされた醤油タレが味の主導権を掌握しているようです。 油層もほとんどみられず、どこまでも淡麗でシンプルに仕上げられたその味わいは、昔懐かしい王道系ラーメンにも通ずる郷愁感を漂わせています。


    P1010538a.jpg


    チャーシューは適度に脂身の入った部位を使用されています。 ほど良く脱脂されているので蕩けるような食感こそ感じられないものの、噛み締める度に良く浸み込んだ醤油タレが染み出して食欲を刺激します。 若干の筋っぽさを感じはしましたが、あと数年で創業40年を迎えられる ” 老舗の味わい ” と言ったところでしょうか。 

    これ以外にも、海苔、青菜、ナルト、更にはハーフカットの半熟茹で玉子まで載せられ、老舗の底力を発揮します。 


    P1010539a.jpg


    平ザルを使って茹で上げられる中細縮れ麺はスープとの相性もすこぶる良好で、多加水ならではの「つるっ」とした滑らかな舌触りと「ぷりぷりっ」とした心地良い食感を伝えます。 女将さんの手に因る絶妙な茹で加減が、この麺のオイシイところをきっちりと引き出しているようです。 


    話は前後しますが、ブログ用にお品の撮影許可を願い出てみますと二つ返事でご快諾して下さいまして、計らずもそれがきっかけとなり、女将さん、ご常連さん、私の三人で、異色のラーメン談義に興じることと相成りました(笑) 人当たりの良い女将さんを慕って来店されるご常連さんもまた大変にお優しい方でして、気付けばお二人から持て成されているような感覚すら覚えるほどでした。 


    P1010536a.jpg


    一見さんが感じるようなアウェイ感どころか、一杯のラーメンを通じてお店と一体感を味わえる、「ひまわり」の如く素敵なお店でした。 



    ちなみに私が訪問した翌日、ある大御所ブロガー様も電撃訪問されていたようです。
    一体何を召し上がられたのでしょうね(笑)




    関連記事

    category: 二本松市

    Posted on 2012/05/31 Thu. 20:33  edit  |  tb: 0   cm: 6  

    コメント

    発見されましたか。

    この道は余程でないとないと通ることないですよね。
    何にも無い安達駅前(失礼!たまに行くベイシアありました、ちょっと遠いけど
    駅前に唯一ある食事処の存在は知ってましたが、暖簾をくぐる度胸は無く未訪でした。
    リーズナブルなチャーシューメンの発見も、偉大な成果でしたね。

    sachs944 #- | URL
    2012/06/01 04:43 * edit *

    こんばんはー。

    実はだんご汁が一番気になりましたw

    よはん #- | URL
    2012/06/02 19:47 * edit *

    sachs944さん

    あらら、こちらをご存知でしたかw

    仰られます通り、駅に直結している訳でもなく、ショートカット出来る訳でもなく、微妙な通りですよね(^^;

    でも、そんな立地が魅力の一つであることは確かですね(^^)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2012/06/02 22:46 * edit *

    よはんさん

    やっぱり・・・ww
    どんなカンジなんでしょうね。

    もう少し通って他の品も調査してみます(笑)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2012/06/02 22:51 * edit *

    いいなぁ~!

     そういう素敵なお話はやっぱり長年やっているからこその雰囲気ですよねぇ~

     大好きですそういうお店、ほんといいとこ見つけてますね( ´艸`)

      mimizoも行って見たいですわぁ~(・∀・)ニヤ

    mimizo #- | URL
    2012/06/04 16:20 * edit *

    mmizoさん

    その土地に根差して長年暖簾を掲げ続けてこられたのには、それなりの理由が存在してるんですよね。 

    至ってオーソドックスな味わいの中にも、女将さんの真心がたっぷり込められている、そんなふうに感じられる一杯でした♪

    機会にがありましたら、ご訪問なさってみて下さいね(^^)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2012/06/05 07:53 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/149-b9ffb693
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)