09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

    三春軒 

    昨年の暮れ以来、半年振りに訪問させて頂いたのは、大のお気に入りでもある『三春軒』さん。 一時は銀世界に映える老舗の黒暖簾を謁見すべく厳冬期の訪問を目論んでいたものの、実際にはなかなか赴くことが出来ず、気付けば6月も半ばを迎えておりました(汗) しかしながら、こちらには昨年から虎視眈眈と狙っていた課題メニューがありまして、千載一遇の好機到来とばかりに会津若松市は西七日町へと車を走らせました。  


    P1010611.jpg


    この日は梅雨の中休みといった陽気で、会津盆地も夏を思わせるような太陽が照りつけていました。 こんな日はさっぱりとした、つべたい食べ物が恋しくなるってものです(笑) お察しの通り、意中の一杯とはこの品になります。
     



    冷やし中華
    550円

    P1010616.jpg


    現代風のゴージャスな載せ物や、圧倒的ボリューム感を放つ爆盛り系とは趣が異なり、そこはかとなく素朴感が漂う一品。   


    P1010617.jpg


    載せられている具材は、細切りにされたキュウリ、チャーシュー、手作り感たっぷりの薄焼き卵、紅生姜、そして「冷や中」にはちょいと珍しいメンマもトッピング。 仕上げに刻み海苔と白胡麻を振り掛け、水溶き和辛しを添えて完成となります。

    タレはゴマ油の香りをほのかに漂わせつつも後味に残るような甘味は纏っておらず、適度に効かされる酸味がアクセントになり、さっぱりとした味に整えられます。 シンプルの極みとも言える素朴な味わいは、まさしく冷やし中華の原点を思わせる味とでも言えば良いのでしょうか。 どこか懐かしさを感じさせるような、老舗に相応しい一杯に仕立てられておりました。 


    P1010620.jpg


    何と言ってもこの品のハイライトは、こちらで毎日麺打ちされるという自家製麺でしょう。 女将さんに伺ったところに因りますと、製麺してから数日間寝かせたものを使用しておられるとのこと。 絹のように滑らかな舌触りはそのままに、冷水締めされることで弾力を増した多加水麺は、口の中で踊るような食感をもたらしてくれます。 すっきり系のシンプルなタレ作りは、きっとこの自家製麺との調和を考えてのことなのでしょう。 


    お店毎に趣向を凝らし、ラーメンとはまた違う独自の進化を辿って来た「冷やし中華」。 情緒的な佇まいと共に日本の夏の風物詩を味わいたいなら、こちらの一軒をお勧め致します。    


    P1010614a.jpg


    今回もお目通りが叶わないのかと肩を落しかけていたところに、突如として勝手口から姿を現してくれた猫店長。 年齢を感じさせぬ毛並みの良さと、その麗しき美貌は相変わらずでした。 



    関連記事

    category: 会津若松市

    Posted on 2012/06/24 Sun. 22:17  edit  |  tb: 0   cm: 8  

    コメント

    No title

    マヨネーズなど添えられていない、ベーシックな冷やしは昭和末期の懐かしい味がするのでしょうか?
    それにしてもこの建物、銀世界の時に撮影したいものです。

    sachs944 #- | URL
    2012/06/25 05:17 * edit *

    No title

    かれこれ半年ほど暖簾を潜っておりませんでしたが、ボクも冷や中が課題に残っていたところです( ̄▽ ̄i)ゝ やはりと言うべきか、昭和クラシックな風情ですねぇ~ いや、こりゃあイイわぁ~( *´艸`)

    プ~ちゃんも元気なんですね(*^▽^*) 今度はプ~ちゃんにも手土産を持って行かなくちゃww

    無芸大食 #KVUpfCRI | URL
    2012/06/25 15:02 * edit *

    こんにちは

    反省会以来 ご無沙汰しております。

    ここ「三春軒」・・・とても気になっているお店です。
    昨年「渋川問屋」に泊まった時に見つけ 風貌から気になるものの 時間の関係上入れなかったお店です。
    店内に入り時間の確認だけしましたが かわいらしいおばあちゃんがいらしてお答え頂きました。
    ネコのプリンちゃん♪
    うちの子と同じ名前なのも知り 余計に興味津々です。

    ぐっぴょん #- | URL
    2012/06/25 19:41 * edit *

    No title

    おーーーーーーーーーっ!

    プリンちゃーーーーーーん!

    すっかりご無沙汰です。三春軒。。。

    プリンちゃんと一緒にラーメン食いてーーーーーーよーーーっ!

    ニャンダホ~ #- | URL
    2012/06/25 20:44 * edit *

    sachs944さん

    オーソドックスながら、大女将と若女将の優しさがそのまま滲み出ているような、味わい深さが感じられる一品かと思います(^^)

    雪深い時期に会津へ足を延ばすのは容易なことではありませんが、きっとそれに見合うだけの素晴らしい一枚を収めることが出来るのではないでしょうか♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2012/06/25 22:34 * edit *

    無芸大食さん

    クラシカル且つ、王道的とも言える冷やし中華ですよね(* ̄∇ ̄*)

    記事にも書いた通りですが、冷水で締められた自家製麺の「ぷりぷりっ」とした食感が実に素晴らしくて、夏場の人気の一品であるというのも納得です。 無芸さんが綴っておられる ” 冷や中アーカイヴ ” に是非加えて頂きたいですね♪

    プリンちゃん、前回逢えなかったぶんも撫でくり回してきました(笑)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2012/06/25 22:47 * edit *

    ぐっぴょんさん

    ご訪問、並びにコメント頂きましてありがとうございます♪
    こちらの方こそ、大変ご無沙汰してしまいました(^^ゞ

    風情のある建物が軒を連ねる七日町通りのなかでも、一際目を惹く外観が特徴的ですね。 老舗と称されるお店は沢山存在しておりますが、ここまでリアルに古き良き昭和な世界を感じさせてくれるお店は数少ないのではないかと思われます。 訪問の機会を待つまでもなく、このお店とプリンちゃんに逢いに会津へ足を延ばしてみるのも一興かと思われますww

    ラーメン好き、ニャンコ好きには堪らないお店だと思います(^^)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2012/06/25 23:11 * edit *

    ニャンダホ~さん

    でしょ、でしょーーーー(^^)

    たまには浮気して外猫さんと密会するのも良いんでないですか?ww
    そんでもって、たまにはモヤシの入ってないラーメンを頂いてみるのも良いんないですか?(〃 ̄ω ̄)σ

    あ、カレーライスもオススメですよーーーーー♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2012/06/25 23:20 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/153-a6cbd324
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。