07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    手打ち中華そば 和屋 

    昨年7月の初訪以来となります『手打ち中華そば 和屋』さんです。 前回訪問した際、夏季限定品の「トマトつけ麺」と、お店イチオシの人気メニュー「炭火焼焼豚麺」を頂き、見事一発で心を鷲掴みされまして、再訪の機会を狙っておりました。 


    nagomiya0288.jpg


    正午過ぎ頃にお店に到着して駐車場の空きを探すも、案の定すでに満車でした。 混雑時の車の取り回しには、それなりのスキルが要求される店先の駐車スペースですが、実はその南側奥にも第二駐車場が設けられたことを事前に伺っておりましたので、躊躇することなくそちらを選択いたしました。 店前の駐車に四苦八苦されるくらいなら、思い切ってそのサブ駐車場に向かわれるのが賢明かもしれません。  

    さて、今回のお目当ては、秋冬の寒い季節にしか提供されないという一杯です。 期間も限定なら一日に提供出来る数にも限りがあるようで、品切れの憂き目に遭われたお客さんも、決して少なくはないでしょう。




    雲呑焼豚麺
    1000円

    nagomiya0289.jpg


    数量限定の雲呑と、異なる部位のスモークチャーシューをふんだんにあしらった、『和屋』さんのトップレンジに君臨する一品。 ゴージャスなビジュアルに表情も綻んでしまいます。


    nagomiya0291.jpg


    白河ラーメンの特徴の一つでもある燻されたチャーシューは、内モモ肉、カブリ肉、バラ肉の三種類になります。 スモーキー感はやや控えめであるぶん、お肉そのものの旨味がダイレクトに伝わってきます。 浸み込んだ醤油タレの香りもほど良く、部位ごとに異なる食感を楽しめるのが嬉しいところ。 また、大盤振る舞いとも取れる盛りの良さで、食べても、食べても、食べても、次々に現れる絶品チャーシューに、望外の満足感を味わえることでしょう。


    nagomiya0290.jpg


    炭火焼チャーシューも絶品なら、もう一方の主役であるこのワンタンも、それと肩を並べる極上品。 中の具は僅少で、一枚一枚丹念に手作りされた皮の、ふわふわっとした食感を楽しむタイプになります。 丸鶏を炊いたコク味豊かなスープを纏い上げる役目も担ってくれていて、後述する手打ち麺との波状効果は計りしれません。 それにしても、向こう側が透けて見えるほど極薄であるにもかかわらず、スープの熱に晒されても自壊しないのが不思議でなりません。 聞きしに勝る逸品とは、まさにこのこと。


    nagomiya0292.jpg


    言わずと知れた大御所、『とら食堂』の系譜を受け継ぐ多加水の手打ち麺ですが、お店によって麺の太さや縮れ具合など、それぞれに個性が表れるところかと思います。 『和屋』さんの麺は、やや太めで縮れ感は控えめ、多加水ならではのもっちりした噛み応えが特徴のように思えました。 スープとの相性の良さについては、いまさら言うまでもないことでしょう。

    スープは、いわゆる ” とら系 ” の面影を残しつつも、醤油タレの主張は少しばかり抑制され、鶏出汁の円やかな旨味が主体となっているようです。 決して物足りないという意味ではなく、よりマイルドで柔らかなニュアンスに誂えられている点は、本家筋のトラディショナルなテイストとは若干の方向性の違いが感じられますが、これもまたお弟子さん達の個性と言うべきものなのかもしれません。 


    今回は初めてカウンター席に案内されましたので、真柄店主の仕事ぶりをつぶさに拝見することが叶いました。 手際の良さも然ることながら、平ザル捌きにしても、レードルの扱いにしても、一挙手一投足が至極丁寧で、こちらの人気の秘訣をうかがい知ることが出来たように思います。 どこまでも真摯にラーメンと向き合う職人肌タイプの方(に見えました)だけに、「花嫁募集中」と書かれたオリジナル前掛けをされているお姿がとってもキュートでした(笑)  


    一杯でお財布の中から野口英世さんが一人いなくなってしまう贅沢なラーメンになりますが、お値段以上の満足感と何物にも代え難い至福の一時が味わえることと思います。 お召し上がりになられたい方は、どうぞお早めに足をお運びください♪ 


    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2013/02/23 Sat. 13:19  edit  |  tb: 0   cm: 6  

    コメント

    それなりに値は張りますが、積み上げられているコストを思い、その味わいの満足度を鑑みれば、自分へのご褒美ラーメンとして存分に納得できますよね(*^▽^*)

    この手延べワンタンも精々夏前まで提供かと思います。 ご本尊でさえ自家製では無いのですから、その手間暇も含めて、麺生地との調和の良さは、とら一門の中にあっても白眉かと思います。

    あぁ、味は結構ユラギがありますよww 日によって、時間によって、その変化も丸ごと楽しむのが和屋ファンの醍醐味です♪(゚▽^*)ノ⌒☆

    無芸大食 #KVUpfCRI | URL
    2013/02/23 20:47 * edit *

    無芸大食さん

    ラーメンとしては高額な部類に入るかと思いますが、実際に頂いてみて感じたのは、実はとんでもなくリーズナブルってことでした。 あのクオリティとボリュームで、他のお店が同じ一杯を提供したとしたら、この価格に納めること自体が無理かもしれませんねw( ̄▽ ̄;)w

    お値段のことはさて置いても、まさしく ” ご褒美ラーメン ” だと思いました♪

    あ、そういえばこちらは、旨味調味料に頼らない自然派なんですもんね。その日その日のちょっとした表情の違いを楽しむのは、私も大好きです。 これは、もっともっと通い込まないといけませんね~♪(* ̄ー ̄)v

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/02/24 09:25 * edit *

    初めまして・・・

    初めまして。
    katsu-youといいます。
    いつもブログを拝見させて頂いています。
    和屋さんのラーメンが大好きで、こちらの1杯を頂く為だけに高速を飛ばします。
    麺・スープ・チャーシュー・ワンタン・煮卵・・どれも手が込んでいて美味しいです。
    それとお母様お手製と思われるお新香も♪
    やはりカウンターは特等席で、真柄さんのお仕事ぶりを見られるのがいいですね♪
    平ザルを使ってお湯を切る回数もだいたい同じ数だったり、厨房がピカピカなのも流石です。
    Icemanさんのリンク、貼らせて頂いてもよろしいでしょうか。
    それとTwitterの方もフォローさせて下さい。
    よろしくお願いします。

    katsu-you #FlgaJB1g | URL
    2013/02/24 11:16 * edit *

    katsu-youさん

    こちらこそ、初めまして(^^)
    ご訪問、並びにコメントを頂きまして、ありがとうございます。
    実は私もkatsu-youさんのブログは、以前から拝見させて頂いておりました。

    『和屋』さんですが、katsu-youさんが仰られますように、ラーメンのお味は勿論のこと、ご店主の丁寧な仕事ぶりや、店員さんの接客、隅々まで手入れの行き届いた店内の清潔感など、そこにいること自体がとても心地良く感じられました。 高速代を払ってでも訪れる価値のある、魅力的なラーメン屋さんですよね。 
    最後の砦となった「温玉つけ麺」も、頂いてみたくて仕方ありません(笑)

    ブログのリンクとTwitterの件、もちろん大歓迎です。 
    これからも宜しくお願い致します♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/02/24 12:22 * edit *

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    # |
    2013/02/24 13:54 * edit *

    鍵コメさん

    ご丁寧に、ありがとうございます(^^) 

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/02/24 15:53 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/173-f7c7280d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)