02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

    麺匠 ぼんてん 

    ここ数ヵ月ほどは休日でも自由になる時間が作れず、遠出もままならない状況が続いておりましたが、この日は久しぶりに終日フリーになれるチャンスが到来しました。 またとない絶好の機会ですから、かねてから訪問したいと思っていたお店を訪ねてみることにしました。 

    行き先に選んだのは、お隣宮城県の仙台市。 お目当ての品を食べ逃すまいと、シャッター狙いで早めに出立いたしました。  

    bonten0325.jpg


    山ほど存在する魅力的な候補の中から、まず初めにピックアップしたのが、仙台駅からもほど近い場所に店を構えられる『麺匠 ぼんてん』さんです。 専用の駐車場が設けられていないとのことで、お店の近くに多数あるコインパーキングを利用させてもらいましたが、実はこの段階で時刻は午前10時を少し回ったところ。 いくらシャッター狙いでも到着が早過ぎたようで、11時30分の開店まで付近をうろついて過ごしました(笑)

    この日は発達した低気圧の通過に伴い、市内は暴風荒れ狂う天候に見舞われ、純白の暖簾もご覧のあり様。 私が気合いを入れて食べ歩きに出掛けようとすると、高い確率でこのような悪コンディションに襲われるのは、どうしたことでしょう(笑) 

    しかしながら、このような状況を堪えてでもシャッターにこだわるには、理由があります。  

    bonten0331.jpg
                           <↑クリックで拡大↑>

    11時30分きっかりにお店の女性スタッフが暖簾を掛けられ、待ってましたとばかりに一番客として入店しました。 仙台市内でも屈指の人気店であることを示唆するかのように、どこからともなく後続のお客さんも次々に来店され、10席ほどのカウンター席はみるみるうちに埋まっていきます。  

    お店に入ってすぐの所に置かれる券売機を拝見しますと、醤油、塩、味噌、つけ麺、と味のバリエーションは一通り揃っているようです。 そんなグランドメニューにも心惹かれつつ、このお店を訪問した最大の目的を果たすべくオーダーしたのは、こちらになります。 




    鶏白湯らーめん
    800円

    bonten0326.jpg

    券売機には無い週末限定、売り切れ御免の一杯です。 「ざる中華セット」のボタンを押して、「限定で!」とスタッフさんに伝えるシステム。 更には醤油味と塩味の二種類から好みの方をチョイス可能で、今回は醤油味を頼んでみました。

    それにしても、なんとも美しい品のある顔立ちに目を奪われます。

    bonten0329.jpg

    眩いばかりに輝く金色のスープは、凝縮された鶏の旨味をストレートに伝えつつも、巧みに濃度コントロールをしているような印象を受けます。 濃度を上げようと思えばもっと濃くすることは可能と思われますが、敢えて一歩手前に落とし所を持ってくるような絶妙なバランスに、ご店主の抜群のセンスをうかがわせます。 ほんの少しばかりエッヂを残した醤油タレの風味も、鶏の旨味と実に巧妙にブレンドされ、その素晴らしい仕上がりに思わず惚れ惚れします。 

    bonten0328.jpg

    目にも鮮やかな色使いは、もはや芸術的ですらあります。 ラーメンにクコの実が載っていること自体も驚きながら、この実が持つ酸味が口の中をリフレッシュしてくれる重要なアイテムにもなっています。 旨味は濃厚ながらも、無化調ならではのスッキリ感が特徴的なスープですから、そのままでも諄さやしつこさを感じることはないと思われますが、魔法の赤い実で味覚をリセットしますと、旨味の輪郭が更に際立って感じられるようです。 

    bonten0327.jpg

    チャーシューは手前側がモモ肉で、その奥がバラ肉になります。 どちらも低温調理されているらしく、モモ肉はしっとりした食感、バラは箸で持ち上げることすら困難なほど柔らか。 これほどの絶品チャーシューは、そうそうお目に掛かれるものではなく、望外のハイクオリティに大満足。  

    bonten0330.jpg

    やや褐色掛かった独特の色味の中細麺は、歯を押し返すほどの弾力と、思わず目を見張るほどの豊かな小麦の風味を堪能出来ます。 今まであまり食べたことの無いような、個性的な食感を持つ麺に感じられましたが、もしかすると、こちらともご関係のある『麺や 七彩』さんから直送されているものなのでしょうか。 


    ご常連さん方を以ってして、 ” 鶏白湯の名手 ” とまで言わしめる実力の片鱗を実感できたことは、何よりの収穫となりました。 塩味の鶏白湯らーめん、更には金曜の夜に20食限定で提供されると言う「鶏白湯煮込みつけ麺」なる一品も味わってみたい欲求が沸々と湧きあがっています。

    聞きしに勝る逸品を頂きに、週末狙いでこちらを訪問してみるのも一興でしょう。





    関連記事

    category: 宮城県

    Posted on 2013/03/16 Sat. 19:29  edit  |  tb: 0   cm: 4  

    コメント

    僕もぼんてんは仙台でも好きな店のひとつです(^^)

    初訪で限定鶏白湯とは羨ましいですね!
    鶏白湯煮込みつけ麺も絶品ですが、とりあえずはデフォの醤油と塩をぜひ食べて頂きたいです!

    仙台にいらっしゃるのであれば、ぜひとも連絡ください!美味しいお店をご案内しますので♪

    さっとん #W6dwK.LI | URL
    2013/03/16 21:59 * edit *

    さっとんさん

    もちろん、グランドメニューの醤油や塩もいずれ頂くつもりでいますが、個人的に鶏白湯には強い思い入れがありまして、以前からずっと狙い続けておりましたww

    さすがに仙台でも屈指の人気を誇るお店だけあって、そのセンスと洗練度に並々ならぬものを感じます。 このようなお店がご近所にあるなんて、なんとも羨ましい限りですね(^^)

    実は今回の食べ歩きもそうなのですが、地元のエキスパートさんにご同行頂けますと、とても心強い想いです。 胃袋のキャパの関係上、あまり沢山のお店を回ることは出来ないかもしれませんが、その際はお世話になりますので宜しくお願いします♪(^^ゞ

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/03/17 13:01 * edit *

    なんと言いますか・・・モニターに手を伸ばして食べたいw
    これほどインターネットが進んで 色んなところからお取り寄せが出来る時代ですが 「そこに行かなきゃ食べられない」ってのがたまらなく嬉し楽し美味しい醍醐味ですね♪
    仙台かぁ〜 仙台かぁぁ〜(=v=)ムフフ♪

    ぐっぴょん #- | URL
    2013/03/17 13:16 * edit *

    ぐっぴょんさん

    そうそう、自宅でお気軽にってのも決して悪くはありませんけど、その土地ならではの風景や食文化にも触れたりして、そこに辿り着くまでのプロセスを楽しむことも、食べ歩きの醍醐味の一つですよね♪

    機会がありましたら、ぐっぴょんさんも是非!
    ってか、何か企んでますか?w( ̄▽ ̄;)w

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/03/17 15:34 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/176-8451d7c1
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)