07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    三春軒 

    中通りの桜が軒並み満開を迎えピークに差し掛かったころ、その暖かさに誘われるようにふらっと出掛けてみたくなり、東北自動車道から磐越自動車道を乗り継ぎ、会津若松市へ足を伸ばしてみました。 

    miharuken0463.jpg

    観光名所にもなっている「七日町通り」をぶらぶらと散策したのち、昨年6月以来となる『三春軒』さんの暖簾を潜らせてもらうことにしました。 開店前にこちらの店先を車で通過し、「今日のランチはここ♪」と連れに申したところ、全くの冗談だと思っていたらしく、再びこの建物の前に連れて来られ目が点になっていました(笑) 

    お昼時には少し早かったせいか、先客さんはまだお見えになっておらず、この日の一番客となりました。 真冬ほどではないにしろ、まだ風が冷たく感じられるなかを散策したせいか、すっかり体が冷えてしまいまして、だるまストーブに当たりながらお店のアイドルでもある猫店長を撫でくりまわし、お目当ての品の出来上がりを待ちます。 



    チャシューメン
    500円

    miharuken0487.jpg

    今回は、久しぶりなのでチャーシュー増しにしてみました。 動物系をベースにしながら、軽く煮干しの風味を漂わせるスープは、口当たりの柔らかなすっきり系。 ブレンドされる醤油タレも薄口醤油と思われ、あくまでも穏やかにその風味を伝えてきます。 凝縮されたような押しの強い旨味感は希薄ながら、永代に亘ってファンを魅了し続けてきた一杯には、毎日でも通って食べたくなるシンプルな美味しさが存在しています。 

    miharuken0491.jpg

    バラ肉チャーシューは、もしかしたら出汁取りにも使用されているのでしょうか。 味付け自体は控えめながら、パサツキを感じさせるようなこともなく、脂身のぷるぷるした食感とお肉の旨味はちゃんと残されています。 ボリューミーでこそありませんが、スタンダードな中華そばでは物足りないような時は、こちらがお勧めです。  

    miharuken0490.jpg

    麺は毎日お店で作られる自家製麺で、加水率高めの平打ちスタイル。 多加水麺ならではのこの上なく滑らかな舌触りと、丹念な手揉みで付けられた縮れがもたらす「ピロピロっ」とした啜り心地を楽しめます。 歯応えや小麦感はさほど強くないものの、スープとの相性の良さに、老舗の安心感を見出す事が出来ることでしょう。   




    カレーライス
    450円

    miharuken0488.jpg

    お連れ様には、半ば強制的にオーダーさせたさり気無くお勧めしておいた一皿を召し上がって頂いて、私もついでにご相伴に預かります(笑) 作り置きされたものではなく、一点仕上げでちゃちゃっと手際よく作って下さるカレーは、玉葱と豚肉のみのシンプルな具材。 市販の業務用カレー粉を使われながらも、カレーマニアですら思わず納得させられるほどの味わい深さを持ち合わせます。 ラーメンのお供として、是非とも召しがって頂きたい一品です。     





     
    この記事を最後までご覧頂いた皆様に、残念なお知らせをしなくてはなりません。
    長きに亘って会津の歴史を紡いでこられたこちらのお店が、5月末をもって伝統の暖簾を畳まれることになったそうです。 初めて暖簾を潜ってからわずか二年ほどの短いお付き合いでしたが、素晴らしいお店との出会いに恵まれたことに心から感謝します。


    ファンの一人として、『三春軒』さんのフィナーレを見届けたいと思います。



    関連記事

    category: 会津若松市

    Posted on 2013/04/23 Tue. 19:35  edit  |  tb: 0   cm: 8  

    コメント

    カレーに惹かれてしまう私です (*^▽^*)

    カレーにオン・ザ『グリーンピース』色合いがいいです ((笑))

    セットにしていきたい気分ですね ( *´艸`)

    GUTTI #- | URL
    2013/04/23 21:32 * edit *

    GUTTIさん

    カレーもラーメンと同様にそのお店の個性がありますから、色々と食べ比べされたら、その奥の深さを実感出来るでしょうね。

    記事でも触れさせて頂きましたが、こちららは来月末をもって長い歴史に幕を下ろされます。機会がありましたら、是非ご訪問なさってみて下さい。
    きっと、心に響くものを感じ取れると思います。

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/04/24 21:14 * edit *

    チョッと残念ですね。
    建物が渋くいつかは、白銀に浮かぶこれをショットしてみたいと思っておりました。

    sachs #- | URL
    2013/04/24 23:18 * edit *

    閉店してしまうのはとても残念ですが 1度でも行けた事が よかったと思っています。
    出来れば もう1度・・・

    ぐっぴょん #- | URL
    2013/04/25 21:03 * edit *

    sachsさん

    いつかこんな日が来ることを予期しなかった訳ではありませんが、もうすぐ現実のものになってしまうのかと思いますと、何とも名残惜しい気持ちで一杯になります。

    後世に語り継がれるべき会津の名店です。暖簾が掲げられる姿を、この目に焼き付けておきたいと思います。

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/04/26 10:07 * edit *

    お店の佇まいが素晴らしいですね!

    こういった歴史のあるお店が無くなってしまうのは非常に寂しいですよね。。。
    5月末であればチャンスがありそうなのでどうにか最初で最後の一杯にありつきたいです!!

    さっとん #W6dwK.LI | URL
    2013/04/26 10:19 * edit *

    ぐっぴょんさん

    古き良き昭和をリアルタイムで経験してきた我々の世代にとっては、何か一つの時代が終わってしまうような、一抹の寂しさを感じてしまいますね。

    ラーメンショーが終わったら、もう一度訪問させて頂くつもりでいます。 
    再訪希望される方同士で乗り合わせて行くってのもアリかもしれませんね。

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/04/26 10:22 * edit *

    さっとんさん

    長年続いてきた歴史に終止符が打たれてしまうのは寂しい限りですが、今までご苦労されてきた女将さん方のお気持ちを察すれば、これも致し方ない選択であろうと思います。

    まだ一ヶ月ほど猶予期間は残されておりますから、是非ともお時間を作ってご訪問なさってみて下さい。

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/04/26 10:32 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/186-26b332a8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)