04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

    ふくしまラーメンショー2013 2日目 

    本日も『ふくしまラーメンショー2013』を訪問して参りました。 相変わらず風は強いものの、昨日とは打って変わって晴天に恵まれました。 

    ra-show0547.jpg

    本日もちょうどランチタイムの訪問となりましたが、近隣の官公庁にお勤めの方々もお昼ご飯の調達に、このイベント会場に足を運ばれておりました。

    ra-show0551.jpg

    ご承知の通り、今年のGWは前後半に分かれる分散型と言われています。 本日も暦の上では平日に当たりますが、昨日の人出を上回る大勢のお客さんが詰め掛けておられました。  


    二日目の今日は夕刻より富山県からお越し下さる大切なお客様を接待しなければならず、イベント会場に長居は出来ませんが、隙を狙ってピンポイント突撃です。



    enrakujirotyo0552.jpg

    まず一軒目は、北海道は函館からエントリーの『えん楽・次郎長』さんです。 函館を代表する塩ラーの人気店ががっちりタッグを組んだコラボ出店となります。 

    enrakujirotyo0567.jpg

    ブースの中にはご覧の可愛いイカさんがいて、オジサンの乾いた心を癒してくれました(笑)

    enrakujirotyo0554.jpg

    スープは北海道産の昆布や貝柱を贅沢に使用しているとの事。 魚介の旨味がぎゅっと凝縮されたようなテイストは繊細でありながら、きりっと強めに効かされた塩ダレが旨味の輪郭を鮮明に伝えてきます。 塩ラーとしてはスタンダード系の味わいながら、ポテンシャルの高さをうかがわせます。 

    enrakujirotyo0555.jpg

    チャーシュー、メンマ、半味玉と、載せ物も充実しています。 タンメンなどでは良く目にするキクラゲのトッピングですが、塩ラーの載せ物としてはちょっと目新しくも思えました。  

    enrakujirotyo0556.jpg

    麺は定番とも言える低加水の細ストレート。 しなやかな啜り心地にざっくりした噛み応えを持ち、小麦の風味も豊かです。 他のお店に比べて麺量も少し多めのようで、一杯目ですでに満腹感に襲われます(笑) 

    個性的なアクセントなどを用いない、王道系のシンプルな塩ラーといった印象でした。


    gyukotu0562.jpg

    続いてやって参りましたのは、『鳥取牛骨ラーメン応麺団』です。 鳥取県中部で半世紀以上にも亘って愛されるご当地グルメのようですが、驚くべきことにその牛骨ラーメンには系統があり、5つに分けられるのだそうです。 

    どのようなお味なのか興味津津で列に並んでいたところ、一緒にこのイベントのオフィシャルブロガーを務められる、ぐっぴょんさんとにくきゅうさんのお二方が真後ろに並んでおられました。 ぐっぴょんさんとは1年振り、にくきゅうさんとは初対面でしたが、僭越ながらご一緒させてもらうことにしました。 

    gyukotu0563.jpg

    さて、長い歴史を持つ鳥取のソウルフードは、中部地方の有志が立ち上げられた、この『応麺団』の手によって認知度を上げ、某テレビ番組にも出演されて脚光を浴びたとのこと。 ブースの前にも漂ってくる芳しい香りに再び食欲が湧いてきました。 

    gyukotu0564.jpg

    ふんだんにあしらわれた青ネギが色鮮やかな一杯。 その他、チャーシュー、メンマ、海苔、モヤシと、なかなか賑やかです。

    gyukotu0566.jpg

    香ばしい牛骨出汁の旨味は、やや甘いトーンを持っているようですが、後味はとてもすっきりとしたものです。  塩気は決して弱い訳ではありませんが、上質さの感じられる旨味は特筆レベルにあります。 サっと振り掛けられるブラックペッパーも味を引き締めるアイテムとして効果的に働き、良いアクセントになっています。



    gyukotu0565.jpg

    多加水系の中細縮れ麺が、これまたスープとべスマッチ。 コキコキっとした硬めの歯応えも心地良く、麺を手繰り寄せる手が止まりません。 リアルに歴史を刻んできたからこそ為し得る深い味わいに、感心しきり。 思わずリピートしたくなるお味です。


    まだ二杯目ですが、本日はここでタイムアウトとなり、お二方とお別れいたして帰路に着きました。
    明日、3日目も参戦する予定です。 明日はいよいよあの方と再会する予定です。


    関連記事

    category: ふくしまラーメンショー2013

    Posted on 2013/05/01 Wed. 16:08  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    二日目にして『ラーメンショー』に参戦です !(^^)!

    さんざん迷いましたが (;´∀`)

    今年の一杯は『鳥取 牛骨ラーメン』にロックオンです ('◇')ゞ

    ラーメンショーでしか出会えない味、堪能しました。

    『うしとしお』ってあいますね~ じつにうまい(^^♪

    連れは『家系』を所望したので、一口いただきました。
    こちらも濃厚な横道家系でおいしかったですよ~

    GUTTI #- | URL
    2013/05/01 23:38 * edit *

    GUTTIさん

    県内では牛骨出汁のラーメンは、なかなかお目に掛かれないですからね。
    深い歴史を持っているだけあって、良く出来ているラーメンだと感心させられました。

    武蔵家さんは本日頂いて参りましたが、家系の中でも特にバランスに秀でたお味だと思いました( ̄▽ ̄)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/05/02 17:49 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/193-d4f4677c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)