06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

    みたか食堂 

    「今頃かよっ! ゞ( ̄∇ ̄;) 」ってツッコミが、あっちの方から聞こえてきそうな気もしますが、念願かなってようやく辿り着いた郡山市本町の『みたか食堂』さんです。

    mitaka0627.jpg

    既にご承知のことと思われますが、郡山駅からもほど近い場所にお店を構えられることもあって、こちらの真正面には東北新幹線の高架橋を望むことが出来ます。 E-5系やE-6系といった現代テクノロジーの粋を結集して作られた最新型新幹線が疾走する傍らで、ご覧のような昭和風情を漂わす食堂がまだまだ現役で繁盛しておられますことは、この上なく喜ばしいことです。 

    そんなお店のお昼時は、ちょっと尋常ではないほどの大賑わいとなります。 近隣には無数のオフィスビルが立ち並んでいることもあって、お昼休憩に入ったサラリーマンがどやどやと大挙して来店され、一頻り食事を楽しまれたのち、波が引くように一気に捌けていきます。 その光景は、さながらどこぞの ” 社員食堂 ” といった様相を呈しております。
     
    自分は訪問しておきながらこのようなことを申し上げるのも何ですが、写真撮影や落ち着いて食事を楽しまれたい方には、オフィス勤めされる方々の休憩も終了する13時以降のご訪問を強くお勧めいたします。 繁忙時間帯にお邪魔することで特に不愉快な想いをするようなことはありませんが、コンデジ片手にのこのこと暖簾を潜ったりしますと、一人で完全に浮いた存在になります(笑)

    mitaka0633.jpg

    さて、お品書きを見渡せば、食堂にはお馴染の顔ぶれがずらっと並びます。 どの品もリーズナブルなお値段に抑えられているところは老舗の良心と言うべきもので、目移りしそうなほど豊富なお品の中から、迷うことなく選んだのはこちらになります。




    らーめん・半カレーセット
    850円

    mitaka0628.jpg

    お店の魅力を語る上で外せないであろうお品を二枚抜きしてみました。 望外のボリュームになることも全て覚悟の上で、いざチャレンジです。

    mitaka0630.jpg

    まずはラーメンから。 スープは、清湯ベースながら若干の濁りが見られます。 鶏ガラや豚ガラといった動物系をしっかり炊き上げている証しでしょうか。 濃厚さやインパクトで押してくる味ではないものの、食堂系ラーメンの軽やかなテイストのなかにも、体幹のしっかりとした旨味を感じることが出来ます。 

    mitaka0631.jpg

    トッピングされる具材は、チャーシュー、なると、ワカメ、ネギ、メンマと、定番系で揃えられます。 チャーシューは脂身の少ない部位ですが、薄くスライスされているおかげでサクッと噛み切れます。 甘めの味付けがされたメンマは、コリコリっとした小気味良い歯応えを重視したタイプ。 ラーメン好きにはあまり受けの良くないワカメですが、磯臭さなどはほとんど感じられることは無く、むしろ載せてくれてありがとうと言いたくなるほど、このラーメンにはマッチしています。

    mitaka0647.jpg

    多加水の中太麺は一見柔らかめにも思えて、きちんと歯応えを残しております。 ツルっとした舌触りと滑らかな啜り心地は加水率高めの麺ならではのもの。 特筆するようなキャラクターこそ持ち合わせてはいないものの、醤油タレが円やかに効いたスープとの組み合わせは、まさしく ” テッパン ” と呼ぶに相応しいマッチングを楽しませてくれました。

    mitaka0629.jpg

    一般的な成人男子でも、この一品だけでそこそこの満腹感を味わえるほどの半カレーは、高濃度の個性的な味わいに仕立てられています。 はじめに強めの甘味が舌の上で広がり、次いでスパイシーな辛味が追いかけてきます。 甘さと辛味のハーモニーが絶妙で、とても食堂系カレーとは思えぬ味わい深さを堪能させて頂きました。 ちなみに辛味を苦手とされる方は、もしかしたらご遠慮頂くのが無難な選択かもしれません。   

    ラーメンを2/3ほど、カレーライスを半分ほど食べた時点で、早くも満腹シグナルが点灯し、その後は意地と気合で完食に持ち込みましたが、暫くは苦しくて身動き出来ないほどでした(笑)  


    お昼休みの限られた時間に来店して下さるお客様に、少しでも早く注文の品をお届けしようと、ご店主夫妻は戦場のような慌しさの中で厨房をフル回転させておられます。 長年にわたって修羅場を乗り越えられ出来上がったであろう百戦錬磨の鉄壁のフォーメーションは、誰にでも真似の出来る芸当ではないでしょう。 

    半世紀に亘ってご常連様方に愛されてきた老舗の妙味に酔いしれると共に、もっと早く暖簾を潜れば良かったと後悔させられるほど魅力的なお店でした。 


    mitaka0634.jpg

    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2013/05/16 Thu. 12:32  edit  |  tb: 0   cm: 4  

    コメント

    至極満足頂けたようで、みたかファンとしては嬉しいところですヾ(^▽^* このお店にハマってしまった方には“たみかスイッチ”というのが出来まして、スイッチが入ってしまうと、頭の中はみたかメニューで埋め尽くされるらしいですww

    こういった食堂がお客様方に愛され、そして永らく暖簾が掛けられ続ける事を願って止みません。 もう地元の食文化の一端ですから♪

    無芸大食 #KVUpfCRI | URL
    2013/05/16 13:46 * edit *

    無芸大食さん

    無芸さんが足繁く通い詰めるお店ですから、当然の如く期待感MAXでお邪魔しましたが、まさかこれほどのお店であったとは思いもよりませんでしたw( ̄▽ ̄;)w

    あ~、そう言えば、帰りしな女将さんに ” みたかスイッチ ” 取り付けられたかもしれませんww 
    次なるターゲットは、あれとこれと・・・(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/05/16 19:15 * edit *

    あ〜あ ここにも"みたかスイッチ"入れられちゃった人がww

    しかもOFF無しなんですよね〜(´∀`*)ヶラヶラ

    ぐっぴょん #- | URL
    2013/05/18 19:24 * edit *

    ぐっぴょんさん

    遅ればせながら、ようやく訪問して参りました( ̄∇ ̄)ゞ

    たしかに、このテのスイッチは一度ONしたら入りっ放しだから厄介なんですよねー(^^;)
    要領は押さえたので、次回はゆっくりと楽しんで来ようと思ってます♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/05/19 17:50 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/197-0149d570
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)