09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

    麺処 中華惣菜 若武者 

    ゴールデンウィーク直前にお邪魔して以来となります、二本松市本町の『麺処 中華惣菜 若武者』さんを訪問して参りました。 

    wakamusya0648.jpg

    この日は、前回訪問した際にリリースが予告されていた、新しい限定麺がお目当てです。 facebook限定だったプロトタイプの初期型を頂いたのが、およそ一ヶ月半ほど前のことで、その後ニューヴァージョンに進化したことは私の耳にも届いておりましたが、このたび5・6月の限定麺として正式にお目見えしています。




    うしそばんげりをん初(塩)号機
    850円

    wakamusya0649.jpg

    前回頂いている「試作零号機」は醤油ベースでしたが、この初(塩)号機は塩ラー仕立てです。 ベースの味が変更されているので「零号機」のブラッシュアップ版というよりは、新たに派生した別ヴァージョンとして捉えるべきかと思いますが、それに伴ってトッピング類も大幅に刷新されたようです。

    牛骨と牛バラのガラを2日間弱火で炊くというスープは、牛出汁ならではの旨味に、山形牛スジ肉と和牛脂を蒸して作られた牛スジ脂のコクが加わります。 香味成分にその存在と主張を感じますが、いわゆる獣臭さに通ずるようなクセなどは全くありません。  塩気のバランスもやや強めに効いており、清湯系にしてはわりと濃厚なお味に誂えられています。 

    wakamusya0650.jpg

    多彩な載せ物の中でも一際目を惹くのが、ご覧の炙り牛タンではないしょうか。  「ぷるん」とした食感は、もはや牛タンとは思えないほどの特筆すべき柔らかさ。 供される直前にバーナーで焼き目が入れられることで、香ばしさも纏わせています。 初期型に載せられていた牛タンもなかなかの逸品でしたが、これは更にその上をいく美味しさで、格段の進化を遂げていました。 

    wakamusya0652.jpg

    逆サイドには微塵切りされた玉葱と青ネギが敷き詰められ、糸唐辛子の下にはクレソンという、ラーメンのトッピングとしては珍しいアイテムが添えられます。 瑞々しい野菜の食感をリフレッシュメントツールとしてふんだんにあしらい、最後まで重たい印象を与えることなく楽しんでもらえるよう、細やかな配慮がなされております。

    wakamusya0657.jpg

    そんな中でも味変ツールとしてとどめを刺すのが、摺り下ろされたホースラディッシュでしょう。 ローストビーフとも相性の良い西洋ワサビですが、「半分ほど召し上がったところで溶いてみて下さい」とのレクチャーに従いまぜまぜしてみたところ、独特の爽やかな風味と辛味がきりっと味を引き締め、牛出汁の旨味のディテールを鮮明にしてくれました。 

    wakamusya0653.jpg

    コキコキっとした硬めの歯応えが心地良く響く極細麺は、際立つような個性こそ持ち合わせませんが、牛出汁スープの存在感を惹き立てつつ、さり気無く自身をアピールします。 大好評につき提供期間が再延長されている「青森シャモロック鶏中華」に使用されているものと同スペックの麺だと思われますが、この手の清湯スープとの相性は抜群の一言です。 


    牛骨出汁というレアさも勿論のこと、ラーメンのトッピングとしてはおおよそ珍しいと思われるアイテムを幾つも標準装備する辺りは、他に類を見ない個性派なラーメンと呼べるでしょう。 牛骨出汁の旨味に、多岐にわたる食材のエッセンスを巧妙に絡ませるという、計算し尽くされた美味さが存在している一方で、個人的にはもう少しだけシンプルに牛の旨味を味わってみたいという欲求も無きにしも非ず(笑) 

    ご店主山本さんも何か思うところがあるらしく、これはあくまでも私の推測の域を出ませんが、新たなエボリューションナンバーが与えられ新型機に発展する可能性も・・・?(笑) 



    つい先日は、千葉県で開催されたラーメンイベントに初めて単独でご出店され、大成功を収めてきたとのことで、ファンの一人として大変嬉しく思います。 今後、ますますのご躍進を心からお祈りしております。


    関連記事

    category: 二本松市

    Posted on 2013/05/21 Tue. 20:49  edit  |  tb: 0   cm: 4  

    コメント

    早~

    もう頂きましたか?
    早速のレポありがとうございます。
    チョコとっと連週で仕事が・・・
    その分、この味に遭遇すれば感動爆発ですね。

    sachs #- | URL
    2013/05/21 21:25 * edit *

    やっぱり真っ先に疾走りましたねヾ(^▽^* 期待の一杯ですので、こうして拝見するとワクワクしますねぇ~♪

    無芸大食 #KVUpfCRI | URL
    2013/05/22 12:32 * edit *

    sachsさん

    なんと言いますか、細部まで丁寧に作り込まれている個性的なラーメンです(^^)
    来月まで提供されるようですから、焦らず召し上がってみて下さいね♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/05/22 19:39 * edit *

    無芸大食さん

    もしかしてお見通しでしたか?( ´艸`)
    なにせ、首を長~くして待っていた一杯ですから感慨も一入ですね~( ̄∇ ̄)♪

    シャモロックのような直球勝負のラーメンから、このような変化球まで自由自在なんですから、誠にもって恐れ入ってしまいますw

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/05/22 19:46 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/198-d7590f31
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。