02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

    北方らーめん 

    郡山でこってりしたラーメンと言えば、個人的にまず真っ先に思い浮かぶのがこちら 『北方らーめん』 さんです。 巷には、一昔前ならまず見られなかったような濃厚なラーメンが溢れ返る昨今ですが、郡山市内における ” こってり系 ” の最右翼としてお客様から愛され、一時代を築いておられました。 一旦は25年と言う長い歴史に終止符が打たれはしましたが、初代の味を引き継いだ二代目が並木に店を移し、心機一転新たな船出を切っておられます。

    hoppou0637.jpg

    初代が腕を振るっておられた虎丸時代には何度かお邪魔していますが、こちらは今回が初めてになります。 駐車スペースが限られているところがやや難点かもしれませんが、タイミング良く店先に1台分の空きを見付けましたので、躊躇することなく車を滑り込ませました。

    今まさにランチタイムのピークを迎えようとする時間帯にお邪魔する形となり、私が席に着いてから程なくして満員御礼となりました。 客層は若い男性が圧倒的に多いようで、二代目店主のご贔屓さんと思しきご常連さん方も多数おられました。 

    hoppou0638.jpg

    品揃えは以前と同様でしょうか。 しょうゆ系のラーメンを基本としますが、隠れた人気商品である「セロリタンメン」も昔と変わらずラインナップされております。 前述の通り、久しぶりの訪問ですから定番メニューを頂くことにしましょう。


     
    北方肉そば・大盛り
    800円+100円

    hoppou0639.jpg

    圧倒的なオーダー率を誇るこちらの看板メニューです。 初代の修業先である喜多方市内でも同様のラーメンを見ることは出来ますが、圧倒されるような存在感はこの店ならではのものでしょう。 

    hoppou0642.jpg

    豚骨などの動物系をメインとするスープは、さすがにぶ厚い油膜と背脂のおかげで相当オイリーですが、ベーススープそのものはすっきりとしたライト系の旨味だと思います。 醤油タレの風味もマイルドで、かすかにその存在をうかがわせる程度。 しかしながら、ふところに忍ばせた懐刀をチラつかせるかのように、時折きりっとした鋭い塩味が伝わって参りまして、これが背脂の甘みを最大限に引き立ててくれます。   

    hoppou0640.jpg

    載せ物はいたってシンプルで、刻みネギ、メンマ、バラチャーシューのみ。 シンプルなトッピングがゆえに刻みネギの薬味としての働きは大きいもので、脂っこさでやや一本調子になりがちなお味に、わずかながら味の変化と瑞々しさをもたらしてくれます。 

    濃いめに味の染み入ったメンマは、コリコリっと歯応えの良い食感のアクセントとしても楽しめます。

    このラーメンの主役とも言える ” 肉 ” は、蕩けるような柔らかさを味わうタイプとはいささか異なります。 ぶ厚くカットされているにもかかわらずス~っと歯が入り、その後噛み締めるごとに肉汁が染み出してきて、少しづつ消えていきます。 味付けはやはり濃いめに誂えられているのが特徴的です。 

    hoppou0643.jpg

    多加水の太縮れ麺は硬過ぎず柔らか過ぎずで、もっちりした食感を楽しめます。 縮れが背脂とスープの旨味を絡め取ってくれたところを一気に啜り上げれば、それはもう至福のひとときを味わえます。 喜多方ラーメン然り、白河ラーメンもまた然り、当地は言わずと知れた多加水麺文化圏ですから、慣れ親しんだものが与えてくれる安心感は格別なものと言えましょう。  






    北方タンタンメン
    750円

    hoppou0644.jpg

    こちらはお連れ様がご所望された一杯になります。 注文する際に「かなり辛いですけど大丈夫でしょうか?」と店員さんが親切に確認してくれたにもかかわらず、虎丸時代に何度か頂いているからと、たいして気にも留めずオーダーなさったようです。 以前のタンタン麺もこんなに真っ赤っ赤でしたかね?w( ̄▽ ̄;)w 

    一口目に花椒の香りが鼻腔に抜けたような気もしましたが、「麻」特有の痺れる感覚はあまり感じられず、ひたすら「辣」のシャープな辛味が押し寄せてきます。 額の毛穴が開き一気に汗が噴き出してくるほどHOTな辛さではありますが、幸いにして翌朝に持ち越すようなレベルではなく、ほっと胸を撫で下ろしました。 

    全くもってとんだ伏兵がいたものです(笑)


    こんな遊び心もうかがわせつつ、基本路線は質実剛健なまでに初代の味筋を守り通しておられます。 ここ郡山になくてはならぬ老舗ラーメン屋さんとして、ますますご繁栄されますことをご祈念しております♪





    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2013/05/25 Sat. 17:28  edit  |  tb: 0   cm: 4  

    コメント

    あれ~?

    1年ほど前に(ダンナが)食べたタンタンメンとだいぶ色味が違うのはカメラのせいでしょうかね?w
    しかもその時の私の感想が『ちょっぴりピリ辛』(`・ω´・ ;)

    これは近々検証しにいかねばなりませんw

    にくきゅう #mQop/nM. | URL
    2013/05/25 21:24 * edit *

    にくきゅうさん

    画像は少しだけ補正をかけてはいますが、元からこんなんでしたよw( ̄▽ ̄;)w
    まぁ、辛いとは申しましても、私ですら翌朝にツラい思いをせずに済む程度ですから、にくきゅうさんなら朝飯前の楽勝レベルかと思われますw

    そいえば、このタンタンメンを味見したお陰で、肉そばの背脂が殊更に甘みを増して感じられると言う想定外の特典も付いてきましたww( ̄▽ ̄)ゞ

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/05/26 12:38 * edit *

    北方肉そば

    このオイリーさは十分背脂を堪能できるものですよね。しかもチャーシューも旨し(^o^) タンタン麺はチョイと気になりました。

    実は2月頃、新記事UPのためお邪魔し、やっとの思いで駐車できましたが、あまりの客の多さでコンデジ撮影を控えてしまいました(汗

    sachs #- | URL
    2013/05/26 20:12 * edit *

    sachsさん

    たしかに大勢のお客さんがいらっしゃる時は、撮影するのを躊躇ってしまうときがありますね(^^;)
    この前の「みたか食堂」さんの時が、まさにそれでしたw

    次回は是非リベンジを!(笑)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/05/27 19:05 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/199-72706f8d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)