05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

    らーめん HOME 

    前回訪問から約一ヶ月ぶりの『らーめん HOME』さんです。 実はこの4日前にもこちらを訪れていたのですが、臨時休業の憂き目に遭っておりまして、今日こそはとリベンジに参上した次第です(笑)

    home0785.jpg

    開店20分前に駐車場に到着しまして、見事この日のポールポジションをゲット。 と思えば、そんな優越感に浸る間もなく、その数分後には2番手、3番手と次々にファンが来店され、店前の駐車スペースはみるみるうちに埋まっていきました。

    開店までにはまだ時間がありましたので、車内で待つことにしましたが、「開店までもう少しだけお待ち下さい」と、女性スタッフがわざわざメニュー表を持って来て下さいました。 営業時間外にシャッターするのはお客さんの勝手なのですが、ファンに対しての細やかな気配りにも余念がありません。 

    わざわざお店の外まで運んできて下さったメニューに、本日所望する一品が挿し込まれていることを確認しまして、開店時刻ぴったしに暖簾を潜らせてもらいました。




    夏のつけ麺 ~辛味噌仕立て~
    830円

    home0780.jpg

    シャッターするほど切望していた意中の一杯は、こちらになります。 見た目の美しさも特筆すべきところですね。

    home0782.jpg

    つけダレは節系メインの魚介出汁と、会津地鶏を炊いた動物出汁の二つをマリアージュさせています。 

    辛味噌はなかなかの濃厚さでパンチも効いていますが、決してベーススープの良さを崩してしまうことはありません。 自家製の辣油が醸す辛味はあくまでも爽快で、ナッツ類の香ばしさも忍ばせているように感じました。

    また、つけダレの中には食感のアクセントとして細切りにしたキクラゲが入っていて、コリコリっとした小気味良い食感を響かせておりました。 

    home0783.jpg

    きっちりと冷水で締められた中細麺の心地良い噛み応えも然ることながら、麺の上に掛けられるやや甘めの肉味噌と、グレープフルーツの爽やかな酸味を混ぜ合わせることで成立する、技ありと思える巧妙な味の仕立てに思わず唸らされまてしまいした。

    home0784.jpg

    その麺を先程のつけダレに潜らせれば、高密度な旨味はより複雑さを増していきます。 

    辛味噌はわりと塩気も強めでシャープな印象にも感じられます。 辛味はピリ辛レベルながら、アクセントとして効果的に働いていおり、そこに種々の立体的な味重ねをしつつも、見事なまでに味の統一感を果たしています。 

    淡麗系のイメージが強いお店かと思いますが、侮れないほどのインパクトと力強さも併せ持っているところも見逃してはなりません。




    鶏そぼろごはん
    350円

    home0781.jpg

    前回はライス切れで頂くことが出来なかった品も忘れずにオーダーさせてもらいました。 琥珀と白銀の出汁で炊いたご飯に、鶏そぼろと会津地鶏の卵黄を載せたという、何とも贅沢な一品。 出汁の香りに鶏そぼろの旨味と濃厚な卵黄が混ざり合う深い味わいは、もはやサイドメニューの域を超越しています。

    食べ始めはそのままで食し、途中で卵黄を絡めて、更にはつけ麺のつけダレを掛けて頂いてみました。 正直に申し上げますと、もう笑っちゃうくらいの美味しさでしたww


    この夏、何度も通ってしまいそうな「夏のつけ麺」は、9月初めごろまでの提供を予定しているそうです。
    これを食べなきゃ、夏は始まりません♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ




    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2013/07/01 Mon. 18:17  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    理屈抜きにウマかったですねぇ~(〃∇〃) 単なるユニークさでは無くて、しっかりと美味しい! とても好きになりましたヨ♪

    無芸大食 #KVUpfCRI | URL
    2013/07/02 20:23 * edit *

    無芸大食さん

    お気に召して頂けたようで何よりです♪(*'▽'*)

    人気店のご店主の多くがそうであるように、こちらの神保店主もしっかりとご自身の世界観を持っておられる方なんですよね。
    通い詰めるほどにそのワールドの虜になっていくような気がしてなりません。

    郡山からだとちょっと距離がありますが、機会がありましたらまたご訪問下さいo(^o^)o

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/07/02 22:28 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/208-1421b934
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)