06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

    麺処 中華惣菜 若武者 

    およそ一ヶ月半ぶりの『麺処 中華惣菜 若武者』さんです。

    梅雨明けを思わせるほど、連日のように暑い日が続いていますが、そんな時期ならではの一品として、各店それぞれに趣向を凝らした夏季メニューが提供されています。 こちらのお店でも新作の夏季限定麺がリリースされているとのことで、早速訪問してきました。

    wakamusya0814.jpg

    つい最近まで提供されていた月替わりの限定麺が予想以上に好評だったこともあって、夏メニューに切り替えるタイミングを逸していたという裏事情もあったようですが、今年の夏季限定となる品は青森シャモロックをベースにした冷やしラーメンで、塩、味噌、醤油の3種類がラインナップされています。

    wakamusya0819.jpg

    それに伴い、グランドメニューの方も ” サマーバージョン ” としてリニューアルされております。 「野菜味噌ラーメン」「辛肉味噌ラーメン」「香辣坦々麺」は、夏季メニューが終了するまで一時的に提供休止となっているようですので、ご注意ください。


    さて、本題に戻りまして、この日のお目当てです。 3種類ものヴァージョンが取り揃えられていることから察しても、山本店主の冷やし系に対する力の入れようが窺えるというものです。 

    それぞれに個性的なアレンジメントを施してありますので、三者三様に楽しめることは間違いありませんが、そのなかでもこれが一番ベーシックな仕立てではないかと思われる、醤油ベースをオーダーしました。 



    冷やしシャモロック鶏中華
    750円

    wakamusya0815.jpg

    見た目的には通常の「シャモロック鶏中華」に準じたスタイルですが、冷製仕立てならではのアプローチはどういった手法が取られているのか、お手並み拝見といきましょう。

    wakamusya0816.jpg

    デビュー以来、高い評価を得ているロール状に成形した鶏チャーシュー、メンマ、青菜、刻みネギは、温かい鶏中華同様ですが、花麩と輪切りのすだちが添えられることで、彩りの美しさと清涼感が加わります。 

    ちなみに、半味玉は大将からのサービスでして、デフォには載せられておりませんのでご了承ください。  

    wakamusya0817.jpg

    スープは「弓削多純生醤油」を用いる醤油タレのふくよかな香味が先行し、シャモロックの旨味は油脂分が取り除かれるお陰なのか、とてもすっきりした印象です。 動物系の脂は冷たく冷やされることで白っぽく凝固してしまいますので、冷やし系には適していません。 

    その代役を務めてコクをプラスしてくれるのが、「太白ゴマ油」というゴマの香りを一切纏わないゴマ油です。 全体を胡麻の風味に支配されることなく、ゴマの旨味だけがしっかり付与されるというシロモノだそうで、今回初めて耳にするアイテムでした。     

    大きめの氷が幾つか浮かべられていますが、溶け出しても味が薄まるような気配は感じませんでした。 醤油タレの主張がやや強めに思えたのは、この辺りの変化を予め計算しての調合なのかもしれません。

    wakamusya0818.jpg

    塩、味噌、醤油の ”冷やし3兄弟 ” に使用される麺は、大将とも深い交流を持たれる『正月屋分店 支那そば やまき』さんの八巻店主が製麺するものをコラボレートします。 

    スペックは『やまき』さんで使用している麺と共通とのこと。 もともと歯応えの良い麺ですが、しっかりと冷水に晒されたことで、コッキコキの食感の心地良さは飛躍的にアップします。 小麦の香り立ちの豊かさや、滑らかな麺肌などにおいても、 ” やまきクオリティ ” の格の違いを見せ付けます。 

    スタイルや方向性の異なる二つのお店ですが、両方のファンでもある方に取りましては、何とも嬉しいマリアージュに感じられるのではないでしょうか。 これに限らず、今後も何らかの形でこんな合作が見てみたいものです(笑)


    このように見所満載の「冷やしシャモロック」ですが、私の勝手な憶測では、恐らくこの夏もっともブレイクする夏メニューではないかと見ています。 3種類を味比べして好みの一杯を見付けるも良し、訪問の度にローテーションしてみるのもまた良し。 

    大将が自信を持ってお勧めする冷やしラーメンを、是非お召し上がり頂きたいと思います♪


    関連記事

    category: 二本松市

    Posted on 2013/07/11 Thu. 12:38  edit  |  tb: 0   cm: 4  

    コメント

    この醤油仕立てだけを食べ逃しておりました( ̄▽ ̄i)ゝ レポーとを拝読すると、やはり三種一網打尽にしておくべきだったと・・・(;´艸`)ぁぁぁ

    無芸大食 #KVUpfCRI | URL
    2013/07/11 13:56 * edit *

    無芸大食さん

    えっ、ってことは、もう実食を済まされてたんですか?
    なんという電光石火の早業でしょうw( ̄▽ ̄;)w

    醤油仕立てはシャモロック三部作の最初の布石として、塩、味噌へと続く進化の軌跡を辿ってみようと、順番立ててみましたw

    次回の訪問も楽しみで仕方ありません♪(* ̄ー ̄)v


    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/07/11 21:01 * edit *

    製麺機がある「やまき」さんとのコラボ麺と輪切りのすだちに太白ゴマ油、想像するだけで気増すね。

    「牛そば」は逃しましたが、「野菜味噌」を食い納めておいて良かったと思います。

    sachs #- | URL
    2013/07/12 05:09 * edit *

    sachsさん

    記事中でも触れましたが、この冷やしシャモロックは間違いなく大ブレイクするハズです。
    苦手な鶏チャーシューを味玉に代えてもらってでも、召し上がってみる価値のある一杯ではないかと♪(^^)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/07/12 23:05 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/212-1f49722d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)