07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    正月屋分店 支那そば 石川屋 

    当ブログ初登場になります福島市南町の『正月屋分店 支那そば 石川屋』さんです。 

    郡山市桑野の『郡山本店』と二本松市若宮の『分店 やまき』さんには時折訪問していますが、こちらのお店は開店された直後にお邪魔したきりで、実に4年間もご無沙汰しておりました(汗)  

    ishikawaya0862.jpg

    この前の3連休最終日に当たるこの日の福島市は、30℃を超える真夏日となりました。 お昼の書き入れ時とも言える時間帯にもかかわらず、思いのほか混雑が見られなかったのは、まさにこんな暑さが影響していたものと思われます。

    ishikawaya0869.jpg

    店内はウンターとテーブル席がメインで、キャパシティは20席を若干超える程度ですが、席間が広く取られているお陰で窮屈感などは感じないように配慮されています。

    品揃えはご承知の通り本店に準じたものとされており、夏の人気メニューで私もお気に入りの一杯「冷やし支那そば」も提供が始まっていました。 昨年夏は食べ逃しているだけにそちらと最後まで迷いつつ、この日の気分で選んだ品はこちらになります♪





    温玉柚子つけ麺
    850円

    ishikawaya0863.jpg

    和食の世界で培った技巧が遺憾なく活かされた、個性派のつけ麺です。 品の良い佇まいを含め、正月屋さんのアイデンティティが随所に散りばめられています。 

    ishikawaya0866.jpg

    つけ汁は節系の風味を纏った和風テイスト。 醤油ダレはエッヂこそ削ぎ落されていますが、わりと強めの主張を伝えてきます。 表層に浮かぶ鶏油の油膜もたっぷりめで、なかなか押しの強い味わいに仕上げられているようです。

    柚子皮がもたらす爽やかな風味も実に上品で、アクセント効果として申し分ありません。 

    ishikawaya0865.jpg

    美しく盛り付けられるトッピング達は、味そのものよりも、瑞々しさや食感、香ばしさなど、つけ汁の風味を損ねることなく、味わいに花を添えてくる引き立て役です。 

    ishikawaya0864.jpg

    適度にウェーブが掛けられた自家製の多加水麺は、冷水で締められ一段と弾力の増した噛み応えを楽しませてくれます。 小麦の豊かな風味から、滑らかな食感まで、非の打ちどころの見当たらないお手本とも言えるような麺は「正月屋分店」の名に恥じない秀逸な出来栄えです。

    ishikawaya0867.jpg

    こだわりの国産小麦や正月屋独自のブレンドで得られる麺の美味しさは、和風仕立てのつけ汁とも素晴らしい相性を見せてくれます。 節系の風味と鶏油のコクが織り成す深い味わいは、繊細さの中にも厚みを感じさせてくれますが、個性溢れるつけ汁の魅力をより一層際立たせてくれているのが、この麺の存在と言えるでしょう。


    事前にお聞きしていたのですが、こちらのお店は『正月屋』さんの初期の頃の味にこだわっておられるとのことで、娘が頼んだ「味噌そば」がまさしくそうでした。 写真こそ取り損ねてしまったものの、ヴィジュアルからして本店で現在提供されているものとは明らかに異なるのです。     

    お客様のニーズに応え、より高い完成度を目指しながら進化を遂げたてきた一杯と、正月屋さんを一躍人気店へと推し上げた、そのルーツとも言える味にこだわった一杯のどちらが美味しく感じられるかは、食べる側の好みもありますので何とも申し上げられません。 作り手の追い求める理想をどこに置くかという、価値観の問題になるのかと思います。

    ただ、昔からの ” 正月屋ファン ” でしたら、間違いなくお気に召して頂けるのは間違いないでしょう。 

    お品を食べ終える頃、気付けば店内はほぼ満席に近い状態で、人気店の面目躍如たるご繁盛ぶりを拝見しつつ、お店を後にいたしました。 こうなりますと、看板メニューの「支那そば」「塩そば」も頂かずにはいられません(笑)


    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2013/07/21 Sun. 21:52  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    大好き

    問答無用で素材のレベルが高く旨さを実感できるお店です。
    記事にはしませんが、福島では結構通っているお店です。
    たまに記事にしてみましょうか?。
    そのまえに「やまき」さんの記事が埋もれてました^・^

    sachs #- | URL
    2013/07/24 21:00 * edit *

    sachsさん

    今までは本店かやまきさんにばかり行ってしまって、こちらはご無沙汰になってしまいました。

    味も勿論のこと、盛り付けの美しさなどでも、兄弟子に引けを取らないハイクオリティさですね。
    次回はインターバル空けずに、支那そばや塩そばも頂きにあがりたいと思います( ̄▽ ̄i)ゞ

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/07/25 21:28 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/215-0b7dd53e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)