05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

    福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊 始動! 

    昨日のことになりますが、以前にも当ブログでお伝えさせて頂いた『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』のイベントが開催されました。 今回はその模様を記事としてご紹介させて頂きたいと思います。

    F-ramen1149.jpg

    ご承知の通りかと思いますが、本イベントは様々なメディアを通して紹介されていたうえに、限定100食という高いハードルもクリアしなければいけません。 

    事前に打ち合わせしていた『エリーゼのぶらぶら日記』のエリ-ゼさんと合流し、早速会場となった『たなつものSHOKUDOU』さんに向かいます。
     
    すでに並んでいる方もおられるだろうと予測していたら、期せずしてポールポジションゲット♪  開店まで1時間以上はありますが、時折獅子奮迅隊のご店主方が様子を見に出てきて下さり、早くから並んでおられるお客さんにお声掛けされていました。 

    F-ramen1148.jpg

    イベント開始10分前となった辺りで、各店のご店主様が我々の前に勢揃いされました。 

    初めにこのコラボユニットの発起人で、同会の代表も務められる『麺処 中華惣菜 若武者』さんの山本一平氏がご挨拶された後、『麺屋 信成』さんの海野信一氏、『自家製麺 えなみ』さんの江南太郎氏、『たなつものSHOKUDOU』さんの廣田裕介氏、『麺や うから家から』さんの菊池久枝氏が、それぞれにこのプロジェクトとイベントに対しての熱い想いを述べられました。

    こうして超豪華な布陣が揃うドリームチームは、記念すべき第一歩を踏み出されました。 





    福島鶏白湯(限定品につき、現在は提供終了しています)
    1000円

    F-ramen1150.jpg

    厳選された素材を惜しげもなく使用して創り上げられた、まさに究極とも呼べるスペシャルラーメンの威風堂々たる存在感に圧倒されます。 

    F-ramen1156.jpg

    福島の三大地鶏、川俣シャモ、伊達鶏、会津地鶏を9時間にも亘って炊き上げる白湯仕立てのスープは、贅沢かつ濃厚でありながら後味スッキリで、とてつもなく洗練された味わいに仕上げられていました。

    いたずらに濃度ばかりを追求していないのは、喜多方や白河といった端麗な清湯系スープが当たり前の当地において、知名度の低い「鶏白湯ラーメン」という新たなジャンルの確立と今後の普及も見据え、ある程度の食べやすさにも気を使われたのかもしれません。

    とは言いながらも、ブロイラーの比ではない地鶏の濃厚な旨味は、相当なインパクトがあります。

    F-ramen1152.jpg
    F-ramen1153.jpg

    載せ物のゴージャス感も見逃せません。 

    特にチャーシューは、炙りロースチャーシュー、鶏チャーシュー、そしてエゴマ豚の低温調理チャーシューの豪華三種盛りです。 それぞれに異なる旨味や風味を味わわせてくれましたが、事前告知の段階ではトッピングされていなかった筈の炙りチャーシューの搭載は、思わぬサプライズとなりました∑( ̄ロ ̄|||)!? 

    この前特別に頂いた試作品にも炙りチャーシューが載せられておりましたが、焼き目による香ばしい風味と濃厚白湯スープとの相性は抜群です♪

    F-ramen1154.jpg

    メンマ、味玉といった載せ物系全般に言えることですが、鶏の旨味を最大限に引き立てるため、極力薄味に仕立てられていたのが印象的でした。 各パーツの素晴らしい出来栄えは言うまでもありませんが、自己主張し過ぎるようなことはなく、トータルバランスを最優先に統一されていたのが興味深いところでもあります。

    F-ramen1155.jpg

    『うから家から』さん特別誂えの多加水ストレート麺は、数種類のこだわりの小麦を独自の配合でブレンドしています。 鶏白湯の旨味を最大限に引き立てながら、小麦の香り立ちの豊かさと適度に弾力のある歯応えを楽しませてくれました。


    「福島鶏白湯」の特筆すべき点は、ギュッと濃縮された旨味もさることながら、クセや臭味といったもの全くを感じさせずに、ここまでクリーンに仕立て上げた職人たちのプロデュースの凄さにあると思います。

    福島ラーメン界に一石を投じる新たなスタイルとして、皆さんに受け入れられて頂けることを期待します。

    4709a6_5a663b7f32a65157f9fb0fb74492a388_jpg_srz_400_580_75_22_0_50_1_20_0.jpg

    『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』の今後のご活躍と発展をご祈念申し上げますとともに、福島のラーメンシーンの更なる活性化を願ってやみません。 

    今回に続く第二弾、第三弾のイベントも企画されているようですし、全国のラーメン業界が注目するビッグプロジェクト「東京ラーメンショー2013」でも大暴れしてきて欲しいところです。

    微力ながら当ブログでも全力で応援するつもりでおりますので、皆様方の温かいご支援を賜りますようお願いいたします。




    関連記事

    category: 福島ラーメン組っ!

    Posted on 2013/09/05 Thu. 11:43  edit  |  tb: 0   cm: 6  

    コメント

    レポ乙です!ヾ(^▽^* いやぁ~、是非とも参上したかったですねぇ~ ラーメン喰いとしては、軽く嫉妬を覚えるほどですww

    ともあれ、実食レポートを拝見すると、口中に唾液が湧いてきますヽ( ̄▽ ̄i) 当県内では、濃厚な鳥白湯をレギュラーメニューに据えているお店は、なかなかお目に掛かれないだけに、市場に一石を投じるものとなれば良いですね♪

    無芸大食 #KVUpfCRI | URL
    2013/09/05 13:37 * edit *

    美味しそぉ~・・・

    なんとも美しい色合いのスープですね~♪
    早く食べたいっ!!

    katsu-you #FlgaJB1g | URL
    2013/09/05 14:11 * edit *

    無芸大食さん

    今まではテレビ局が取材に来るような大きなイベントでは、必ず無芸さんがいらして下さったのでのほほ~んとしてられましたが、今回はかなーり心細かったですww

    エリーゼさんと二人でTVカメラを向けられ冷や汗ダクダク状態でした・・・。

    第二弾も企画されるようですから、その時は拉致ってでもお連れ致しますので、よろしくお願いいたします( ̄▽ ̄i)ゞ

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/09/05 19:40 * edit *

    katsu-youさん

    鶏出汁100%黄金色のスープが綺麗ですよねヽ( ̄▽ ̄)ノ

    東京ラーメンショー出店も控えておりますので、時期に関しては何とも申し上げられませんが、山本店主にプッシュしておきますねww

    首を長~くして待ってて下さい♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/09/05 19:45 * edit *

    行きたかったな〜ε=( ̄。 ̄;) 食べたかったな〜(*´Д`)
    ずっこいな〜ww

    第二弾もあるんですね♪ 私も拉致られたいww

    ぐっぴょん #- | URL
    2013/09/05 21:51 * edit *

    ぐっぴょんさん

    エヘヘ~♪( ̄∇ ̄)

    とにかく、もうこれ以上は有り得ないでしょってくらい、豪華でスペシャルなラーメンでした(*0ω0从*)

    遅かれ早かれ、頂ける機会は訪れるハズですよ♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/09/05 22:44 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/231-902dc356
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)