07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    麺屋 信成 

    最近は諸事情でなかなか郡山方面に足を延ばす事が出来ない状況にありますが、この日は所用で日和田町におりまして、車で10分ほどの『麺屋 信成』さんを久しぶりに訪問してきました。

    shinsei1188.jpg

    郡山市内のお店で唯一『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』に名を連ねる同店ですが、今後はこれまで以上にお目に掛かる機会も増えるであろうことから、思い切って海野店主ご夫妻に素姓を明かしてみましたら、私のAuthor名を存じていて下さいました。

    軽く自己紹介をしながら所望品を告げてみたところ、9月に入ったこともあって既に提供は終えられていたようなのですが、無理言って作って頂いちゃいました( ̄▽ ̄i)ゞ




    冷やし麺・胡麻ダレ仕様
    800円

    shinsei1189.jpg

    ガラスの器に盛大に盛り付けされたカラフルなトッピングは、なかなかのゴージャスさです。 
    味の決め手となるタレは、黒酢ダレと胡麻ダレの2種類から選択可能で、今回は胡麻ダレ仕様でオーダーしてみました。

    shinsei1192.jpg

    特製の胡麻ダレは胡麻の香ばしさにキリっとした酸味も加えられ、ピリ辛のアクセントも絶妙に効いています。 もっと味濃いめで楽しみたいという方の為に、追加投入用のタレも共添えされまして、まさに至れり尽くせりです。 半分ほどはそのまま食べ進め、その後全投入して胡麻風味を思うさまに堪能させてもらいました♪ 

    shinsei1190.jpg
    shinsei1191.jpg

    相も変わらず『信成』さんの盛り付けの美しさは特筆レベルにあります。 カイワレの生ハム巻きをはじめ、蒸し海老、下味の付けられた鶏チャーシュー、トマト、パプリカ、キクラゲ、キュウリ、レタス、和辛子等々、多彩な布陣で楽しませてもらいました。 

    shinsei1194.jpg

    麺は平打ちフォルムの多加水中細縮れタイプで、入念に冷水で締められた弾力ある歯応えは実に小気味良いものでした。 胡麻ダレとの相性の良さは言うまでもなく、多種多様なトッピングと共に頬張る楽しさは、この一皿の大きな魅力とも言えるでしょう。

    shinsei1193.jpg

    「福島鶏白湯」用に誂えた会津地鶏の味玉をサービスして頂きました。 黄身の濃厚さが特徴の玉子ですが、海野店主の手に掛かって更に美味しさ倍増♪ 味玉ひとつ取ってみても、ご店主の器用さが滲み出てくるような絶品味玉でした。


    ランチには少々遅い時間の訪問だったこともありますが、他にお客様もおられなかったので多岐にわたるお話をさせて頂きました。

    『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』の結成の経緯に始まり、『麺屋 信成』さんの生い立ちや、この日一足違いでニアミスとなった某御大のことなど、時を経つのも忘れてお喋りしてしまい、気付けば1時間半以上もお邪魔してしまいました・・。

    ご自身のお店の他にコラボユニットも掛け持ちされてご多忙を極めておられますが、今回のプロジェクトで得られるであろう貴重な経験は、ご店主様にとりましても大きな財産となってくれることでしょう。

    今後、ますます目が離せないお店として、更なる進化を遂げてくれることに期待しております♪



    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2013/09/19 Thu. 21:28  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/233-b8ea2a1e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)