03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

    五福星 

    この日は、アート、音楽、食を通じて、塩竈の魅力を伝え、塩竈復興を支援するイベント『GAMA ROCK FES 2013』に参加するため、塩釜市みなと公園を訪れておりました。 

    様々なグルメが頂けるフードコートに、博多の豚骨ラーメン店『秀ちゃんラーメン』さんが昨年に引き続いてご出店されると伺いまして、同ブースの陣頭指揮を執られる重松裕志氏にお会いし、本場博多の豚骨ラーメンを所望すべく駆け付けた次第です。 

    重松氏が自ら作って下さった豚骨ラーメンは、言うまでもなくパーフェクトな美味さでした♪ 私がデジカメさえ忘れなければ、画像でその美味しさを紹介することも出来たのですが・・・orz

    先月初めにも陸前高田市の『うごく七夕まつり』でお会いしていますが、ことある度に遠く離れた九州から東北復興に継続的ご支援を賜っておりますことを心から感謝申し上げます。 いつかまた、どこかでお会い致しましょう。 

     

    さて、前置きが長くなってしまいましたが、そろそろ本題に入ります。

    イベント会場を後にし、今年5月の初訪以来になる仙台市泉区の『五福星』さんを目指しました。 

    u-fu-shin1239.jpg

    ご承知の方も多いことと思いますが、『五福星』さんは来月10日から開催される『大つけ麺博 日本一決定戦2』にご出店されます。 全国から投票で選りすぐられた猛者達が新宿歌舞伎町の特設会場に集結し、日本一美味しいつけ麺を競うというイベントで、こちらのお店は第三陣となる10月24~30日の日程で参戦されます。 

    期間中に会場に足を運べるかは未定ですが、『大つけ麺博』ご出店に肖って以前から狙っていたこちらをオーダーしました。



    つけ麺(小)
    899円

    u-fu-shin1242.jpg

    つけ麺は、大・350g、中・300g、小・250g、全て同一料金で提供されます。 本日は既に2杯目なことと、欲張ってサイドメニューも頼んでしまったので、慎み深く冷や盛りの小を頼みました( ̄▽ ̄i)ゞ

    u-fu-shin1243.jpg

    つけ汁は節系に豚骨出汁を合わせるダブルスープで、醤油ベースのサラッとした和風な仕立てを基本としています。 低温焙煎された桜エビの香ばしさもプラスされ、更に背脂のコクと旨味も重なり合って、複雑で立体的な味わいを構築していました。 

    u-fu-shin1245.jpg

    つけ汁の中にはブロックチャーシューが忍ばせてあります。 表面は炙ってあるのかカリッと香ばしく、噛み締めれば肉汁がジュワっと染み出してきます。  

    u-fu-shin1244.jpg

    麺の方にもかなり凝った仕掛けがされていました。 全粒粉に食用シルクを練り込んだ多加水の太縮れ麺には大量の刻み海苔以外にも、パルメザンチーズとタバスコが塗されています。 つけ汁に漬けずにそのまま頂いてみたところ、つけ麺なのにつけ汁が無くても成立してしまうほどの美味しさにびっくりw( ̄▽ ̄;)w

    麺肌はまさしくシルキーそのもので、外側は優しい歯触りなのに、麺芯に行くつれてコシのある食感に変化します。 噛み切る瞬間には「ぷちん」という歯切れの心地良さまで楽しめてしまうという、親方のこだわりがひしひしと伝わってくるような素晴らしい出来映えの自家製麺でした。 

    u-fu-shin1246.jpg

    先述したつけ汁の複雑な旨味に、麺に塗されたチーズの濃厚さ、タバスコの辛味と酸味、海苔の香りが加わりますと、味わいはより奥深いものへと変貌を遂げます。 これだけ沢山のアイテムをブレンドしながら、カオス的な美味しさでなく、収まるべきところにきちんとピースが埋まっていくような精密な味重ねに瞠目させられました。

    最後の〆は、鰹とするめで出汁を取った割りスープをつけ汁に加え白飯に掛けて頂く ” スープ割りおじや ” でフィニッシュ。 お腹いっぱいで一人前は食べ切れないだろうと極小盛りライスにしてもらったのに、あまりの美味しさにお代わりを欲したくなったという・・・( ̄▽ ̄i)ゞ



    餃子・赤
    210円

    u-fu-shin1247.jpg

    欲張って頼んだ餃子です(笑) 餃子の上には酸味を感じるピリ辛のソースと節粉が振ってあり、ニラやニンニクを使用していなくともその美味しさは特筆レベル。 かなり大ぶりなうえに、みっちりと餡が詰まっていますから、食べ応えでも満足頂けるでしょう。

    u-fu-shin1240.jpg

    このようなつけ麺があったのかと、その完成度の高さに目から鱗が落ちる思いでしたが、『大つけ博』ではこの品が更に進化して化けると仰られます∑( ̄ロ ̄|||) どのような秘策を繰り出されるのか興味は尽きないところですが、お時間の許される方は歌舞伎町のイベント会場へ足を向けてみて下さい。 


    同イベントのご健闘をお祈りしています。


    関連記事

    category: 宮城県

    Posted on 2013/09/28 Sat. 21:33  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/236-a17591f7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)