07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    郡山 大勝軒 

    前回からかなり久しぶりの訪問になります。
    たまには違うメニューも食べてみようかと思うのですが、なぜかいつも同じ物をオーダーしてしまいます。


    あつもり+味玉
    700円+100円

    Maverick Ramen Blog-101108_1509~01.jpg


    食べ進むうちにつけダレが冷めるのがイヤなので、決まってあつもりです。小麦の風味も豊かなモッチリ太麺はツルリとした喉越しで、スルスルっと入っていきます。

    節はガツンと効いていますが魚粉は投入されずサラっとしたつけダレに酸味+辛味+甘味が加わり、複雑且つ重厚な旨味が形成されます。
    最近、超濃厚ゴッテリ系つけ麺を食べ慣れたせいか以前より軽やかに感じましたが、この店ならではの絶妙なバランスとインパクトは健在。

    トッピングの中では地味な存在ながらも細めでしなやかなメンマを麺と一緒に頬張り、麺のモッチリとメンマのコリコリした食感を同時に楽しむのが私のお気に入りです。

    以前は味付けがあまり感じられない煮玉子でしたが、現在は格段にクォリティーアップしていました。


    『ウマい』の一言に尽きます。


    大勝軒はここでしか食したことがないので他店との比較は出来ませんが、東池袋大勝軒系の中でもレベルが高いと伺った事があります。


    そんなお店が郡山に存在することを幸せに感じます。




    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2010/11/09 Tue. 11:11  edit  |  tb: 0   cm: 4  

    コメント

    No title

    こんにちは、初めまして(^^) 「郡山大勝軒」は私にとっても、非常に重要なHOMEと言うべきお店です。

    Reverse Icemanさんの捉え方は、本当に的を射ておられますね♪ ってか、私も同じように感じています。 もしかすると感性が近いかも知れません(^^)

    大勝軒の麺の在り方には、皆さん様々な捉え方をなさっていますけど、アレは決してオーバー・ボイルなんかでは無いんですよね。 麺と正しく向き合えば、ソレは適正な茹で上げ方であるのは、実力派のラ~屋さん店主様方も認めておられます。

    歯応えのある麺(しっかりとグルテンが活性している)と、単なる茹で不全の固茹では全く別なのですが、それに気付かずにしゃにむに「歯応え、歯応え」と囚われている方が多いと思います(^^;)

    店主・阿部君が仙台店に行っている間も、お弟子さん達はストイックに「もっと美味しく!」を懸命に模索しておられます(^^) 既に人気店ではありますが、お弟子さん達を応援して行きたいですね。

    無芸大食 #KVUpfCRI | URL
    2010/12/02 22:08 * edit *

    無芸大食さん

    ご訪問、そしてコメントして頂きましてありがとうございます。

    実は、無芸さんのブログは毎日欠かさず拝見させて頂いておりますが、まさかに無芸さんの方から訪問してもらえるとは夢にも思いませんでした。

    > Reverse Icemanさんの捉え方は、本当に的を射ておられますね♪ 

    いえいえ、無芸さんのブログを参考にさせて頂いているからだと思います。
    大勝軒さんは大好きなお店です。無芸さん同様、これからもずっと応援していきます。
    こんなブログですが、またお暇な時にでも覗きに来ていただけたら幸いです(*^_^*)


    Iceman #- | URL
    2010/12/02 23:26 * edit *

    No title

    本日、○○ち○(自己規制)で魚豚つけめん大盛を食べましたが、あつもりはありません。ゆであがった麺を冷水で締めると歯ごたえは良いのですが、スープの温度は格段に冷却されてしまいます。その他、雑感は沢山ありますが、此処では触れません。とにかく、全てにおいて、大勝軒さんの質を感じずにはいられませんでした。

    ヤス #- | URL
    2010/12/07 23:32 * edit *

    ヤスさん

    まいど、どうもです。

    私もつけダレが冷めるのは、ちょっと…というタイプです。
    温かいのも冷たいのも両方選べるのがありがたいですが、お店の都合もあるのでしょうね
    (^^;)

    Iceman #- | URL
    2010/12/08 17:58 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/25-c1ac3046
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)