08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

    東京ラーメンショー2013 その1 

    全国から選りすぐりの人気店を一同に会し、10日間に亘って開催された『東京ラーメンショー2013』。 
    狭き門を潜り抜け、見事に出場チケットを手にされた『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』の活躍を見届けるべく、会期最終日にあたる11月24日に会場を訪ねて参りました。

    フレキシビリティに勝るブロガー仲間さん方はこの前日に訪問されていて、一刻も早く会場入りしたいという逸る気持ちを抑えながら、『今夜も無芸大食』の無芸大食さんとご一緒させて頂き、早朝の新幹線に掛け込みました。

    etc1520.jpg

    駒沢大学駅からてくてくと20分ほど歩きまして、開演時間前に駒沢オリンピック公園中央広場に到着です。 開店を待ち切れないファンが続々と来場し始めておりまして、ガイドブックやスマホ片手にお目当てのブースを物色されていました。 

    etc1519.jpg

    出店各社の代表が揃ってのブリーフィングの様子です。 画像のほぼ中央に獅子奮迅隊代表の山本店主と、東京ラーメンショー実行委員長の大崎さんが確認出来るかと思います。 

    開幕から4日間、午前10時から午後9時まで、フルスロットルで駆け抜けてきた疲労もピークに達している筈ですが、代表者の最終日にかける意気込みが伝わってくるようでした。

    ra-menkumi1523.jpg
    ra-menkumi1489.jpg
    ra-menkumi1490.jpg

    拝見出来る日を心待ちにしていた『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』のブースです。 高橋わな美さんが手掛けられたメイン看板と幟は、見る者を引き付ける抜群の存在感を誇示しておりました。 ラーメン屋さん同士のコラボに終わらない、今までに無かった新たな試みとして、その可能性を全国に発信出来たのではないでしょうか。

    ra-menkumi1524.jpg

    ラーメン提供開始前のわずかな時間を割いて頂いて、メンバーの記念撮影などをしていますと、獅子奮迅隊ブースの前にも行列が伸び始めていました。 全部で20もあるラーメンブースのなかから、いの一番に福島ブースの前に並んで頂けるなんて、メンバーでもない私でも感極まってしまいました\(*T▽T*)/

    ra-menkumi1491.jpg

    午前10時を迎え、いよいよ配食が開始されました。 我々が列に加わった時には20名ほどのお客さんが並んでおられましたが、あまりの客捌きの早さに瞠目させられました。 ラーメンが美味しいことも重要ですが、より多くのお客さんに食べてもらう為には、オペレーションの善し悪しも問われるのがこの手のイベントです。

    初出店でありながら、たった数日間で全国トップレベルのオペレーションを習得されたのでしょう。

    ra-menkumi1492.jpg

    東京ラーメンショーの記念すべき第一杯目 " 福島黒中華そば " です。 温泉玉子はプラス100円のオプションになりますが、それ以外は全て標準装備される大盤振る舞い!!

    ra-menkumi1493.jpg

    もち豚&エゴマ豚のダブルチャーシューは、脂質の甘みも感じられる肉質の良さで、口の中でとろ~っと蕩ける美味さ。 合計6枚も載せられていますから、心ゆくまでその美味しさを堪能することが出来ます。

    ra-menkumi1494.jpg

    お披露目イベントでは賛否が分かれた温泉玉子ですが、黄身がしっかりとした硬めのものであった為、漆黒スープをニゴすようなことはありません。 スープそのものをマイルドにするような味変えツールではなく、味覚をリフレッシュしてくれる箸休め的な存在に思えました。 もちろん、スープの温度低下などの懸念も見事に払拭されておりました♪

    ra-menkumi1497.jpg

    ニボ系漆黒スープを纏った多加水の中太縮れ麺は、抜群の噛み応えと跳ねるような啜り心地が相変わらず秀逸で、茹で時間などもしっかり計算しておられたのでしょう。 

    この一杯の味の特徴とも言える煮干し系風味ですが、あのイベントの時よりも洗練感が増していたように思います。 エグ味などがないのは当然として、福島三大地鶏を炊いたスープとのマッチングを向上させてきたのでしょうか。

    ともあれ、この手の屋外イベントで提供されるラーメンのクオリティを超えるような会心の美味しさだったことは間違いなく、無芸さんも私も心底感動してしまいました(*TーT)人(TーT*) 

     


    次号へ続きます。

    関連記事

    category: 東京都

    Posted on 2013/11/27 Wed. 16:36  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    行ったんですね

    どうやら成功の様ですね、良かった。

    アレ?大将が言ってた最終のデチューンが見られない。
    コレはコレで良しで、レギュラーにノミネートする時、
    それが味わえるのか楽しみデス^^

    sachs #- | URL
    2013/11/27 21:49 * edit *

    sachsさん

    はい、お陰さまで大盛況でした♪

    福島黒中華そばのデチューンですか?
    少なくとも私が会場で頂いた限りでは、あれ以上イジる必要性は感じられないくらいの素晴らしい完成度でしたよ。

    今週末まで1日20食限定で頂けるようですから、どうぞお早めにヽ( ̄▽ ̄)ノ

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/11/28 08:30 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/253-051f16a1
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。