04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

    東京ラーメンショー2013 その2 

    前記事の『東京ラーメンショー2013 その1』からの続きになります。

    記念すべき1杯目に『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』が創作された " 福島黒中華そば " の美味しさに感動しまして、その勢いに乗って他の出店ブースも攻略してきました。




    saeki1505.jpg

    2杯目になりますのは、恐らく第二幕での一番人気だったと思われる『大分 佐伯ラーメン』です。 なんでも、「交通の便が悪い場所で独自の進化を遂げたラーメン」と称される一杯のようです。

    saeki1506.jpg

    スープは清湯の豚骨醤油で、なかなかこってりした味わいです。 濃厚と言えば濃厚ですが豚骨テイストと共に品の良い甘いニュアンスが含まれていて、どさっと振り掛けられるガーリックパウダーと胡椒が旨味のディテールを際立たせているようです。

    saeki1507.jpg

    モヤシやネギも多めに配され、シャキシャキした瑞々しい食感で味覚をリフレッシュしてくれます。 

    saeki1508.jpg

    麺は低加水系のストレート細麺。 豚骨テイストとの相性はテッパンとも呼べるもので、しなやかさとぷつっとした歯切れの良さを楽しませてくれました。

    屈指の行列が出来るのも大いに頷けるような、素晴らしい完成度でした。





    kanazawa1513.jpg

    3杯目は『濃厚味噌「炎炙」肉盛そば~加賀百年蔵出しバージョン~』です。 

    昨年のラーメンショーでも高い評価を得た一杯で、今年は創業百年の味噌蔵で作られた天然醸造味噌を用いてバージョンアップしてきたそうです。

    スープはこだわりの味噌の風味をがっつり強めに効かせた仕立てで、独特の甘みも特徴的です。 表層に張る油膜もぶ厚く、 " 濃厚味噌 " の名の通り強烈なインパクトで問答無用に畳みかけてきます。

    kanazawa1514.jpg

    バラチャーシューはブランド豚の能登豚を地元産の大野醤油で炙ったもので、チャーシューというより焼き肉です。 柔らかな食感と脂身の甘さが食欲をかきたて、思わず「白飯もちょうだい♪」って言いそうになりました(笑)

    kanazawa1515.jpg

    麺はご覧の通り、ぶるんぶるんの暴れん坊タイプw( ̄▽ ̄;)w その太さと良い、強靭な噛み応えと良い、濃厚な味噌スープにも負けない存在感を放っていました。





    toyama1516.jpg

    ブースの写真を撮り忘れてしまいましたが、4杯目は『立山ポーク豚肉(トンロー)麺』です。 昨年4連覇を果たされた『麺家いろは』さんを中心とした『富山麺遊会』さんの新作ラーメンになります。

    toyama1517.jpg

    こちらもブランド豚を使用しておられまして、富山県の立山ポークを柔らかく煮込んだ角切りチャーシューがご自慢の一杯です。 味付けは豚肉本来の旨味を引き立てるシンプルなもので、脂質の柔らかさは特筆レベル。

    スープは豚骨ベースだそうですが、隠し味に魚介系が加えられているのか、なかなか複雑味のある味に思えました。

    toyama1518.jpg

    麺はスープとの相性を最優先した多加水系の中細ストレート麺。 つるつるした舌触りとぷりっとした食感が楽しめました。 

    ややインパクトに欠ける気もしますが、盤石の安定感は流石の一言。






    aozora1481.jpg

    こちらもブース全景を撮影し忘れてしまいました( ̄▽ ̄i)ゞ
    昨年11月まで宮城県歌津町で営業されていた『あおぞら食堂』さんが、イベント限定で復活されました。

    震災復興で炊き出しに来られていた『ラーメン凪』さんのスタッフさんが現地に残り、地元の方々にラーメンを振舞われていたお店です。

    aozora1482.jpg

    地元で獲れた魚や野菜を使用して作られる『鮮魚のアラ炊き中華そば』は、その名の通り鮮魚のアラで出汁を採った魚介テイストが特徴。 煮干しや鰹節などの乾物系とは全く異なる味わいで、生姜のアクセントも絶妙にマッチしていました。

    ワカメや海藻に由来する磯の香りも旨味の幅を広げています。

    aozora1483.jpg

    合わせられる麺は多加水の中太縮れ麺。 多加水ならではのもっちとした歯応え、動的な食感など、塩味ベースの軽やかなスープにもかかわらず、絶妙の相性を楽しませてくれました。



    無芸さんとシェアしながら、ここまでで5杯。 
    もう少し続きます(* ̄∇ ̄*)


    関連記事

    category: 東京都

    Posted on 2013/11/27 Wed. 18:04  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    こんにちは。東京ラーメンショーのブログを読んでたらコチラのブログに辿り着きました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。羨ましいです

    萌音 #- | URL
    2014/04/16 20:15 * edit *

    萌音さん

    ご訪問、並びにコメント頂きましてありがとうございます(^^)

    写真に関しては全くの素人なのですが、出来るだけ美味しく見えるよう心掛けて撮影しておりまして、そのように仰って頂けますと記事挙げの励みにもなります( ̄▽ ̄)ゞ

    拙いブログでお恥ずかしい限りですが、また遊びに来て頂けたら嬉しく思います♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2014/04/16 20:56 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/254-ec97b2a0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)