05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

    東京ラーメンショー2013 最終回 

    前記事に続いて、『東京ラーメンショー2013』訪問記事の最終回になります。


    ここまで無芸さんとシェアしながら5杯の実食を済ませておりますが、6杯目となりますのはこちらです。


    garyu1509.jpg

    『我流麺舞 飛燕×麺匠 真武咲弥』さんの札幌味噌系コラボ。 新進気鋭の『飛燕』さんは、札幌でもニューウェーブの代表格と称される人気店。 一方の『真武咲弥』さんは、4年連続でこのイベントにご出店される実力店で、昨年の『ふくしまラーメンショー2012』で当地にご出店された経緯もお持ちです。

    garyu1510.jpg

    『我流あぶり味噌』と名付けられた一杯は、鶏白湯と豚骨白湯のブレンドに味噌ダレを溶き合わせます。 味噌風味はわりとマイルドですが、カタクチイワシとサンマ節の節系の香味が味わいに奥行き感をもたらしています。

    garyu1511.jpg

    挽き肉、青ネギ、穂先メンマ、サービスして頂いた味玉など、載せモノにも纏まり感がありますが、何と言っても荒微塵切りされた生玉葱が良い仕事してます。

    シャクシャクっとした瑞々しい食感のみならず、その甘さが味噌スープにとても良く合っていました。

    garyu1512.jpg

    麺はいかにも札幌らしさを思わせる黄色味の発色が強い麺で、濃厚スープとも相性抜群。 正統派で端正な味噌ラーメンとして、近所にこんなお店があったら思わず通い詰めてしまうような、完成された味噌ラーメンでした。







    akita1498.jpg

    さて、次なる一杯は、秋田県特産品コンクールで最優秀賞を受賞した『秋田 稲庭中華そば』です。 『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』のアドバイザーも務められる『麺や 七彩』の阪田氏も創作に携わっているようです。

    akita1499.jpg

    鶏出汁をベースとする醤油スープは、軽やかで極めてシンプルです。 我々日本人の味覚に馴染み易い和風仕立てを基本としており、ラーメンっぽさは希薄ながら、原点回帰ともとれる味の構築には唸らされるものがありました。

    akita1500.jpg

    ナメコ、筍、鶏肉などの具材もスープの旨味に自然に馴染んでいて、やはりどこか郷愁的な味わいです。

    akita1501.jpg

    麺は老舗『佐藤養悦本舗』さん謹製の稲庭中華麺。 乾麺ならではの歯触りと、滑らかな喉越しを堪能できます。 秋田の新ご当地ラーメンとして、今後の普及が楽しみな一杯でもあります。






    tibakiyaippudo1484.jpg

    閉幕時間も近づき、辺りも少しづつ薄暗くなってきまして、そろそろ終盤戦突入です。

    東京ラーメンショー2013第二幕の目玉と言って良いのが、『博多一風堂×ちばき屋』さんの最初で最後と言われる超強力タッグ。 

    tibakiyaippudo1485.jpg

    スープは豚骨+鶏白湯のクリーミーな動物系スープ。 クセや臭みを全く感じさせず、二つの出汁をクリーンに炊いているようなイメージで、濃厚なのに後味すっきり。 

    味変えツールの特製辛味噌を溶いてみるとピリ辛のアクセントが加わって、白湯スープの旨味の輪郭を鮮明に浮き上がらせてくれました。

    tibakiyaippudo1486.jpg

    載せモノはチャーシューと海老ワンタンのみの潔さで、コクのあるスープをた~っぷり纏った海老ワンタンの美味しさは悶絶級♪

    tibakiyaippudo1487.jpg

    「ぷつっ」と噛み切れる歯切れの良い中細のストレート麺が、思いっ切り濃厚スープを絡み上げてくれます。 さすがにラーメン界の大御所二人がコラボレートした一杯は、威風堂々たる存在感を放っていまして、閉幕間際になっても長い行列を成してりました。






    ここまでに2人で10杯をたいらげ、お腹もはち切れんばかりの満腹状態ですが、最後の〆を頂きましょう。

    ra-menkumi1496.jpg

    冴え冴えとした漆黒スープから漂う煮干しの風味は、心なしか朝イチで頂いた時よりも芳醇さを増しておりました。 他のブースのラーメンを頂いてからリピートしてみて強く感じたことは、他店にも負けていないどころか、インパクトの大きさ、バランス、味の纏まりなど、頭一つ抜け出た美味しさに感じたのは、同郷の贔屓というものでしょうか。

    少なくとも私個人的には、そう感じました。

    ra-menkumi1495.jpg

    午後二時頃のブース前です。 全国トップレベルのラー屋さんが集結する会場で、これほど大勢のお客さんが並んで下さったことに、感謝の言葉も見つかりません。 また、今回共にご出店された各社からも、極めて高い評価を頂いたそうで、福島ラーメン界のポテンシャルを見せ付けることが出来たものと思います。

    etc1525.jpg

    『東京ラーメンショー2013』は閉幕しましたが、『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』はまた新たな目標に向かって邁進されることでしょう。

    今回のご出店にあたり、お力添えを頂いた多くの方々への感謝の気持ちを忘れず、福島ラーメンシーンの起爆剤として ” 獅子奮迅 ” されますことを願うばかりです。



    関連記事

    category: 東京都

    Posted on 2013/11/27 Wed. 20:18  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    お疲れさまでした・・・
    もう レポ見ながら ウルウルもんですよ (TωT)ウルウル
    朝一に並んで頂いた方々から 最後のシメに選んで頂いた方々
    そして 開催中に食べて頂いた方々全てに感謝ですね
    「福島」というマイナスイメージがあった中 こんなにも受け入れて頂けたのは本当に嬉しい事ですね♪

    ことごとく・・・行きたかったぁ〜!!!
    健診のあとだったから 食べまくりたかった〜ww

    ぐっぴょん #- | URL
    2013/11/28 19:08 * edit *

    ぐっぴょんさん

    私も会場で何度目頭が熱くなる想いをしたか分かりません。
    会期中に獅子奮迅隊ブースに並んで下さった全てのお客さんに感謝したいですし、全国に福島ラーメンの素晴らしさをアピールしてくれたメンバーにも、心から労いの言葉を掛けてあげたいです。

    少なくとも、東京ラーメンショーでは福島に対するネガティブなイメージなどは感じられず、東北を応援する特産物販売ブースでも福島のものは売り切れに近い状態でした。

    訪問して本当に良かったです。
    やっぱりラーメンショーは素晴らしいイベントだと思いました。

    来年訪問する機会があれば、是非ご一緒しましょう!

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2013/11/28 22:01 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/255-7a2553f0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)