09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

    食菜酒楽 Fu-Ro-Ya 

    実に3年半ぶりに暖簾を潜らせて頂いた、安積町荒井の『食菜酒楽 Fu-Ro-Ya』さんです。

    お邪魔した日の前夜のことですが、ご店主を務められる木村さんとご一緒させて頂く機会がありまして、久しぶりに個性派スタイルの漆黒系ラーメンを所望してみたくなり、さっそくの翌日訪問と相成りました( ̄▽ ̄i)ゞ

    furoya1814.jpg

    お店の混み合う時間帯は前日に確認済で、客足も一段落するお昼の部終了間際を狙ってピンポイント突撃です。 木村店主に昨日のお礼を申し上げながら、昭和レトロな雰囲気たっぷりの店内カウンター席に着かせてもらいました。 

    furoya1816.jpgfuroya1815.jpg
                            <↑クリックで拡大↑>

    復習も兼ねながらお品書きチェックをしてみれば、前回所望した看板メニュー「黒支那」以外、全て入れ替わっているという “ プチ浦島太郎状態 ” ・・・∑( ̄ロ ̄|||)!? 木村店主の研究決心さと弛まぬ研鑽がもたらした成果ですが、メニュー表上段の支那そば系と下段の中華そば系の二本柱を主体とする構成のようです。

    あれもこれもと片っ端から頂いてみたいところですが、まずは先月ラインナップされたばかりという最新作を頂いてみることにしました。



    極上黒支那
    800円

    furoya1817.jpg

    動物系ベーススープに、鰹、鯖、アゴの3種の節粉をたっぷり加えたスープですが、魚粉による粉っぽさを軽減する一手間が功を奏していて、口の中に残るざらざらっとした感じは希薄です。 

    専用スペックとされるたまり醤油の重厚な旨味と、グッと押してくるような豊潤な節テイストを伴って、極めて力強く濃厚な味わいが表現されています。

    furoya1818.jpg

    「極上黒支那」は看板メニューでもある「黒支那」の上位グレードという位置付けだけあって、載せモノも盛り沢山。 写真には写っておりませんが、スープ中にはむっちり柔らかなロースチャーシューも潜んでいて、贅沢な美味しさを楽しませてくれました。

    その他にも、細切りメンマ、蒲鉾、海苔、半味玉、2種類のネギ、カイワレ、そしてこちらでは定番アイテムとなる、天かすも浮かべられております。

    furoya1821.jpg

    麺は2種類から選ぶことが出来て、お店オススメの細麺をお願いしました。 多加水麺はコキコキっとした歯応え、ぷっつり噛み切れる歯切れともに小気味良く、インパクトのある濃厚節系スープとも申し分の無い相性です。 盛りも良いようで、食べ応えの点でも満足させてくれることでしょう。  



    日替わりミニ丼
    300円

    furoya1819.jpg

    furoya1820.jpg

    この日の日替わり丼は「豚角煮丼」でした。 脂質のとろけるような柔らかさを堪能させてくれ、味付け加減もまさに絶妙。 サイドメニューの域を超えるような美味しさにご飯が進むこと進むこと・・♪ 


    居酒屋さんとして営業される夜の部にもお邪魔してみたいところで、その訪問機会を密かに画策しているところです(〃∇〃)


    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2014/02/24 Mon. 19:04  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/282-5fd6739e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。