07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    食菜酒楽 Fu-Ro-Ya 

    前回3年半ぶりに暖簾を潜らせて頂いた『食菜酒楽 Fu-Ro-Ya』さんですが、今回はひと月足らずでのりピートとなりました。

    furoya1889.jpg

    短いインターバルでの訪問の理由は、『Fu-Ro-Ya』さんには前々から気になっていたお目当てがありました。 つい先日のことですが、お仲間さん達がその品の魅力を改めてご紹介しておられ、頂いてみたい欲求で居ても立ってもいられなくなり再訪を決意しました( ̄▽ ̄i)ゞ

    木村店主とのご挨拶もそこそこに、ソッコーで所望品をオーダーさせてもらいます。



    汁なしマヨ支那
    800円

    furoya1893.jpg

    濃いめの醤油ダレと、もっちもちの多加水中太麺、その上に載せられる多種多様な載せモノをたっぷり掛けられたマヨネーズと共に豪快にまぜまぜして楽しむ “ ジャンク系汁無しまぜそば ” です。

    furoya1894.jpg

    小口ネギ、微塵切りされた福神漬け、ロースチャーシュー、半味玉、カイワレ、天かすなど、豊富な具材が丼一面に敷き詰められますが、実はこの下の階層にもメンマや薄切り豚しゃぶなどが潜んでおります。 

    furoya1938.jpg

    多加水ならではのもっちりした噛み応えの麺に、醤油ダレの甘しょっぱさとマヨネーズのコク・酸味が合わさった濃厚な味はクセになる美味しさですが、想像していたようなクドさは感じられません。 インパクトのあるジャンキーさのなかにも、食べ易いとさえ思わせる予定調和的な美味しさも存在しているように感じました。

    furoya1895.jpg

    共添えされる辛味ソースで辛みを加えたり、生卵を溶いてすき焼き風にして頂いたりと、飽きさせずに最後まで楽しめるようなお膳立てもバッチリ整っています。 天かす、福神漬け、メンマなど多彩な食感のアクセントにもご注目。




    ミニ馬刺し丼
    500円

    furoya1891.jpg

    本場・会津から取り寄せる馬刺しを使った馬刺し丼ですが、ほのかにニンニク風味を纏わせた醤油ベースのタレが馬肉の旨味を引き立て、お値段以上の美味しさを堪能させてくれました♪

    サイドメニューとしてはちょいと値が張りますが、たまにならこんな贅沢も許してもらえるでしょう(〃艸〃)

    furoya1890.jpg

    昭和レトロな空間に包まれ、木村店主のこだわりの酒肴も頂いてみたいものです。


    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2014/03/13 Thu. 17:10  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    どちらも酒のつまみに合いそうですね。
    会津産馬刺しは色艶がソソりますね。

    馬刺しも最近は買い忘れ気味でした。

    sachs #- | URL
    2014/03/15 05:26 * edit *

    sachsさん

    馬刺しや前回訪問の際に頂いた豚角煮など、本来は夜の部の酒肴として用意されたものですから、お酒との相性は悪かろうはずもありません(〃∇〃)

    もちろん、ラーメンも専業店のそれを凌ぐほどのクオリティですから、訪問する楽しみは尽きないですね♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2014/03/15 14:24 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/289-76b4e13c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)