07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    麺処 若武者 

    この日は日頃から親しくさせて頂いているブロガー仲間からお誘いがありまして、『麺処 若武者』さんで落ち合うことにいたしました。

    wakamusya1896.jpg

    つい先頃、お仲間さんは大坂に一人旅をされてきたそうで、そのお土産も頂戴しつつ、今年もご一緒させて頂くことになる『ふくしまラーメンショー2014』の話しなど、束の間の四方山話に興じました。

    今回のお目当ては、少し風邪気味だったのでスタミナ補給すべく、未食だった一杯を大盛りコールで頂いてみることにしました。



    こってり醤油ネギラーメン・大盛り(味玉1個はご厚意で頂きました)
    800円+100円

    wakamusya1897.jpg

    動物系ベースのスープは粘性を感じるほど濃厚で、芳醇な煮干し風味と共に醤油ダレの力強い存在感を伝えてきます。 こってり系のパワフルな仕立ては、『若武者』さんらしい魅力を存分に楽しませてくれるところでしょう。

    なかなかの高濃度スープですが、リフレッシュメントに小口ネギと白髪ネギの瑞々しさをあしらい、上手くバランスを図っているところはさすがです。

    wakamusya1950.jpg

    所狭しと載せられる豊富なトッピングも必見です。 大将のご厚意で半味玉は3個に増量され、メンマは大ぶりな穂先メンマが奢られます。 

    更に、ロース&バラチャーシューは圧巻の一言。 スープ表面から見えている部分はあくまでも氷山の一角で、お箸で持ち上げてみれば望外の大きさに驚かれることでしょう。 大きさのみならず、蕩けるような食感を楽しませてくれるのは言わずもがな。

    wakamusya1900.jpg

    多加水の中細縮れ麺はコキコキっと硬めに茹で上げられ、濃厚でパンチの効いたスープをどっぷり纏い上げてくれます。 大盛りの麺量はどれほどのものになるのか、食べ応えでも高い満足感を味わえるハズです。


    濃厚でパンチの効いた味わいは、まさに『若武者』さんの得意とされるところで、ファン垂涎の的と言える一杯に仕上げられています。 
      



    関連記事

    category: 二本松市

    Posted on 2014/03/15 Sat. 09:58  edit  |  tb: 0   cm: 4  

    コメント

    ピカイチ☆・・・

    若武者さんの濃厚スープはピカイチです。
    たまに補給しないと、体が欲します。。
    こちらのスープではおなかはピーチクしませんよ♪

    katsu-you #FlgaJB1g | URL
    2014/03/15 13:48 * edit *

    katsu-youさん

    『若武者』さんの濃厚系は、無性に食べたくなる中毒性も擁していますよね(* ̄ρ ̄)”
    淡麗系、濃厚系、中華系と、バリエーションに富んだ品揃えを前にして、毎回オーダー決めに悩んでしまいますw

    日ごろの鍛錬の成果なのか、私も最近はほとんどピーチクしなくなったんですよ( ̄▽ ̄i)ゞ

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2014/03/15 14:34 * edit *

    やっぱりコッテリ

    まるで味噌の様なビジュアル、コッテリに限りますと思いつつも、次回は青森シャモの塩に決めています^-^

    幻となってしまた塩のカムバックを祈り続けてます。

    sachs #- | URL
    2014/03/20 04:18 * edit *

    sachsさん

    軽やかな味噌ラーなら、軽く凌駕してしまうようなこってり感です(〃∇〃)

    それってムール貝を使った塩ラーでしょうか?
    現在のラインナップを維持するにも相当ご苦労されていますから、復活させるとなると大将も究極の選択を迫られることになるでしょうね・・( ̄∇ ̄;)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2014/03/20 16:40 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/290-01df6152
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)