04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

    自家製手打ち麺 中華そば屋 佐藤 

    4ヶ月ぶり2度目の訪問になります、福島市小倉寺の『自家製手打ち麺 中華そば屋 佐藤』さんです。

    昨年10月の開店以来、着実にリピーターさんを増やし続け、いまや堂々たる集客力を誇る人気店へと成長されております。

    satou1968.jpg

    お昼時のピークも落ち着いた13時頃の訪問となりましたが、ご家族連れや昼休み中のサラリーマン客で大いに賑わっており、繁盛店としての片鱗をうかがわせていました。
     
    郡山市大槻町の『手打ち中華 麺民ことぶき家』さんで修業されたご店主をはじめ、女性スタッフさんの明るくアットホームな接客も心地良く、気持ち良く食事が摂れるような環境もしっかりと整えられております。 



    ワンタン麺+半熟味付玉子
    800円+100円

    satou1969.jpg

    スープはキレのある醤油テイストがやや強めで、鶏出汁の旨味はライトな印象です。 鶏油もそれほど多くは配されていないようで、全体的に軽快感の感じられる仕立てですが、白河の伝統スタイルを踏襲する味わいは実に奥深いものがあります。

    satou1970.jpg

    適度に燻製臭を感じさせるスモークチャーシューは、モモ肉とバラ肉の合い盛りとされています。 薄くスライスされたそれはサクッとした歯切れの良さで、生醤油っぽい風味の浸み込み加減も上々です。

    satou1971.jpg

    “ ちゅるっ ” と滑らかなワンタンは、鶏挽肉を用いた餡を包み込んでいます。 出汁の旨味とも統一感が感じられ、後述する麺とは異なる食感でスープの魅力を味わわせてくれました。

    satou1972.jpg

    伝家の宝刀・自家製の多加水手打ち麺は、独特の不規則なウェーブが躍動的な啜り心地を生み出します。 歯応えは前回よりも若干ソフトに感じられましたが、スープの絡みがより一段と向上していました。

    “ とら一門 ” にも各店の個性が存在しておりますが、こちらはオリジナリティの追求よりも、自身の惚れ込んだ味を忠実に再現することをアイデンティティとしているように思えます。

    現在は醤油味のみの提供ですが、味のバリエーションやサイドメニューの拡充にも期待したいところです(〃∇〃)




    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2014/03/24 Mon. 09:19  edit  |  tb: 0   cm: 4  

    コメント

    アハハッ・・・

    私も先日、これと全く同じ内容のものを頂いてきました。
    いや~、美味しかったですね~♪
    この一杯を作り上げる1つ1つすべての出来栄えが素晴らしかったです。
    次回は全部のせ&麺固めで注文しよと思います。

    katsu-you #FlgaJB1g | URL
    2014/03/24 11:57 * edit *

    katsu-youさん

    あれま、ホントですね・・・( ̄∇ ̄;)
    個性とかは希薄ながらも、白河の王道をいくようなスタンダード系で、全体のまとまり感は素晴らしいと思います。

    ここだけの話しですが、実は私も全部載せを狙ってたりしますww(〃∇〃)

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2014/03/24 17:09 * edit *

    素敵!

    このチャーシューも旨そうですね。
    ココ最近、白河ラーメンを見るとチャーシューしかチェックしてませんが、
    全体的にとら一門のレベルの高さを感じさせますね^・^

    sachs #- | URL
    2014/03/25 20:54 * edit *

    sachsさん

    県北エリア在住の者にとって、本場・白河まで足を伸ばさなくても、美味しい白河ラーメンが頂けるのはありがたいことです♪(〃∇〃)

    とら系のお店に共通して言えることは、ラーメン作りに対してストイックな職人気質のご店主が多いということです。
    どちらのご店主も師匠を目標として、日々研鑽に励まれていますよね。

    素晴らしい一門を築き上げられたと思います。

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2014/03/25 21:29 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/292-d86a8e8e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)