07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    麺や うから家から 

    『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』メンバー店で絶賛発売中の “ 福島鶏白湯 ” ですが、『麺や うから家から』さんの仕立て上げる一杯を頂戴すべく突撃してまいりました。

    ukara1977.jpg

    こちらでも土日のみの限定10食とされておりますので、気合いを入れてシャッター訪問です。 11時の定刻前に女将さんが開けて下さり、早速お目当て品の食券を購入して席に着かせてもらいます。 

    開店に合わせて後続のお客さんも次々と暖簾を潜られましたが、その多くは私と同じ限定狙いのようで、高い人気ぶりをうかがわせておりました。



    福島鶏白湯 うから家からver.其の弐
    鶏白湯タンメン(味玉はご厚意で頂きました)
    850円

    ukara1979.jpg

    こちらでは早くも “ 其の弐 ” としてバージョン2に進化しております。  スープはほんのりとクリーミーで、クセやクドさを残さない品の良さが特徴的です。 鶏出汁感はややマイルドになるものの、野菜の甘み・旨味が加わるタンメン仕立てとすることで奥深い味わいが表現されていました。

    ukara1980.jpg

    モヤシ、ニンジン、白菜など、たっぷりお野菜以外に、葛打ちされたと思しき鶏モモ肉もトッピングされます。 ぷるんとした滑らかな食感と共に伝わる鶏肉の美味しさは格別でした。

    ukara1978.jpg

    バージョンアップ前の “ 其の壱 ” と同様、カスタマイズ用に天然塩とおろし生姜が共添えされます。 塩気を強めに効かすことで鶏の旨味の輪郭はより鮮明に際立ち、生姜の爽やかな辛味はアクセント付けとしても実に効果的でした。 

    全体的にややマイルドな味決めに感じるのは、カスタマイズの余地を残しているからに他なりません。

    ukara1981.jpg

    麺は多加水細麺が指定されています。 もっちりとコシのある噛み応えや小麦の香り立ちも然ることながら、スープとのマッチングにおいて自家製スペックの本領を遺憾なく発揮していました。

    贅沢な美味しさの余韻に浸りつつレンゲでスープをすくっていたところ、丼底に忍ばせられた柚子皮を発掘いたしました。  最後の最後で爽やかな柚子風味が清涼感を与える仕掛けになっていて、こんな気の利いた心遣いには感心しきりでした。


    白湯スープのタンメンは県内でも珍しい筈ですが、三種の地鶏を炊き上げる贅沢仕様は全国的にみても希少だと思います。 





    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2014/03/25 Tue. 09:15  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/294-f1a47c01
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)