07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    ふくしまラーメンショー2014 第二日目 

    開成山公園自由広場にて絶賛開催中の『ふくしまラーメンショー2014』ですが、二日目は天候にも恵まれ早い時間から多くの来場者で賑わっておりました。

    ra-show2132.jpg

    初日の昨日は4杯をクリアしていますが、本日もお仲間のブロガーさんらと共に快調に食べ進めてまいりましたので、その様子をご紹介させて頂きますヽ( ̄▽ ̄)ノ

    wapokai2137.jpg

    本日の1杯目は『日本のラーメンを変える若手っぽい会』さんの一杯を頂くことにしました。

    wapokai2138.jpg

    日本のラーメン業界を盛り上げるべく都内の新進気鋭店がコラボした、通称 “ わぽ会 ”ですが、このイベントの為に新作を引っ提げてご出店下さいました。


    しお煮干し肉そば+ゆず(100円)

    wapokai2139.jpg

    煮干しを効かせたラーメンは県内でも珍しくはありませんが、塩ラーメンとなると話しは別です。 淡麗な塩ベースとすることで、芳醇な煮干し風味はダイレクトに伝わってきます。 がっつりニボニボしていながら、エグ味や生臭さは感じさせないすっきりした味に仕上げられています。 

    wapokai2140.jpg

    オプションの柚子皮を載せてみましたが、柚子の風味が爽やかなアクセントとなり、煮干し風味はより上品さを増します。 載せモノはご覧のシンプルさですが、薄切りロースチャーシューの美味しさは絶品です。

    wapokai2151.jpg

    つるんと滑らかな中細ストレート麺はコシのある食感が与えられ、ぷつぷつっとした歯切れの良さも感じさせます。 生七味やあおさなどの個性的なオプションも用意されていますので、味変えアイテムとして加えてみるのも面白そうです。





    muteppo-2141.jpg

    続いての2杯目は、『無鉄砲』さんです。 『2013-2014 TRYラーメン大賞』では、豚骨部門で3連覇を果たしている名店中の名店が本イベントに初出店です。

    muteppo-2142.jpg

    ブース内ではご店主の赤迫重之氏自らが陣頭指揮を執られ、丁寧かつ迅速にラーメンを作り上げていました。 既に実食を済まされた方のお話によると、一撃必殺の超重力級パンチを秘めていると伺っていますが、一体どれほどのものなんでしょうかw( ̄▽ ̄;)w



    黒豚骨ラーメン

    muteppo-2143.jpg

    スープはまさしくドロポタ系で、実店舗同様に24時間体制で昼夜炊き続けると言いますから、圧倒的な高粘度スープをウリにしておられるようです。 それでいて脂っこさや豚骨の臭みは全く感じさせないのですから、豚骨を知り尽くしたご店主の熟練の技が光っているのでしょう。

    muteppo-2144.jpg

    マー油や揚げニンニクのアクセントも加えられていますが、ひたすら濃厚さで押し切るようなタイプなので、無料でトッピング出来る紅生姜や摺り胡麻は必須アイテムとも言えます。 

    muteppo-2145.jpg

    この手の豚骨系にはわりと珍しい多加水の中太縮れ麺は、凝縮された旨味を余すことなく纏い上げてくれます。 これだけの特濃スープに合わせても、バランス負けしていないところに注目です。
     





    iroha2133.jpg

    続きましてご存知富山ブラックの名店『麺家 いろは』さんです。 ふくしまラーメンショー2012、2013の覇者でもあり、3連続出店を果たされている唯一の出店社です。

    本イベントのレベルの高さを認識しておられる栗原会長は、「他所のイベントはスタッフに任せても福島には俺が行く」と、初日から最終日までずっと会場に詰められ、自らお客様の案内係りを務めておられます。



    富山ブラック

    iroha2134.jpg

    見た目にはそれほどの違いは見て取れませんが、実は毎年味を変えてきています。 2014年バージョンは魚介を少し抑えて、野菜の旨味と甘みを引き出したスープに進化させているとのことです。 

    iroha2135.jpg

    はっきりとした甘みが口中に広がり、その後に魚醤の深いコクが追いかけてくる味わいは、スープをひと口含めば明らかに昨年までとは別モノであることがお分かり頂けるでしょう。 

    iroha2136.jpg

    加水率高めの中太麺は今までのものと同スペックでしょうか。 徐々に漆黒スープの色香を移していきますが、ぷりっとした弾力ある歯応えは食べ終えるまで見事に持続されていました。 

    インパクトは穏やかになり、よりソフィスティケートされた味に整えられているような印象です。






    hien-shinbu2146a.jpg

    二日目最後のラーメンは『飛燕・真武咲弥』さんの札幌コラボ。 こちらも昨年の東京ラーメンショーにご出店されておりまして、『真武咲弥』さんは2012年のふくしまラーメンショーにも参加されたお店です。

    hien-shinbu2147.jpg

    『真武咲弥』さんの奥村店主は新店準備のためお出で頂けないようですが、信頼できるスタッフさんの手によってお店では頂けないイベント限定のコラボラーメンが作られています。


    札幌濃厚味噌ラーメン

    hien-shinbu2148.jpg

    味噌スープはベースに鶏白湯スープを用いているそうですが、動物系の旨味よりも味噌テイストの主張に特徴があります。 

    hien-shinbu2149.jpg

    味噌はシャープな効かせ方で、摺り下ろし生姜を溶き入れると更にスパイシーな味わいに昇華します。 長ネギと玉ネギのダブル薬味で濃厚スープのリフレッシュメントを図っているようです。

    hien-shinbu2150.jpg

    パンチのあるスープを真っ向から受け止める麺は、逞しい噛み応えを伝える中太縮れ麺。 いかにも札幌ラーメンらしい色味と風味は、味噌ラーファンのハートをズバッと打ち抜いてくれることでしょう。 

    hiyoko2152.jpg

    残り2杯で全制覇ですが、明日は所用のためお休みして4日から再び参戦する予定です。





    関連記事

    category: ふくしまラーメンショー2014

    Posted on 2014/05/03 Sat. 00:02  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    # |
    2014/05/03 01:11 * edit *

    鍵コメさん

    もちろん、参戦予定です(〃∇〃)
    ご来場お待ちしております♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2014/05/03 08:32 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/311-6826ba11
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)