06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

    手打ち中華そば 和屋 

    昨年暮れ以来の訪問となります福島市飯坂町の『手打ち中華そば 和屋』さんです。 

    初夏を思わせるような陽気となったこの日ですが、冷水でキリっと締められた麺が食べたくなり、真っ先に頭に浮かんだお店がこちらです。

    お昼時とあって店先の駐車スペースはほぼ満車でしたが、サクランボ畑の奥側には広い第二駐車場が設けられていますから、車の取り回しで苦労させられるような心配も不要です( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ 少しづつ色付き始めているサクランボを一瞥しつつ、縄暖簾を潜らせてもらいました。

    nagomiya2219.jpg

    さすがにまだ夏メニューの提供は始まっておりませんで、秋冬の期間限定となる雲呑麺もメニュー落ちしています。  “ 天女の羽衣 ” とも称される逸品を食べ逃してしまったのは悔やまれますが、次のシーズンのお楽しみにしましょう。 

    さて、初志貫徹でお目当てをオーダーしようと思ったのですが、思いの外にお店の中が涼しかったことと、更にはお隣にいらした先客様の所望品がとっても美味しそうで心変わりしてしまいました・・・( ̄▽ ̄i)ゞ


    炭火焼焼豚麺+半熟煮玉子
    850円+100円

    nagomiya2220.jpg

    内モモ、カブリ、バラの3種類の燻製チャーシューが丼を埋め尽くすゴージャスな一杯です(〃艸〃) 

    スープは旨味調味料に頼らない自然派仕立てとされていて、醤油ダレの主張はしっかりとしていても、キレの良さは意図的に抑えられております。 丸鶏の旨味を豊潤に引き出しながら、無化調ならではのすっきりとした味わいに仕上げているところが大きな特徴です。 

    nagomiya2221.jpg

    白河の伝統スタイルに沿って誂えられたチャーシューは、キリっとした生醤油系の風味に香ばしいスモーキーフレイヴァーを纏わせます。 どの部位をとってもしっとりと柔らかく、噛めばお肉の旨味がジュワっと染み出す美味しさで、更にはこれだけの枚数が載せられていますから食べ応え満点です。

    nagomiya2222.jpg

    見た目の美しさのみならず、品良く味付けされた半熟煮玉子の出来映えもお見事♪  チャーシューの下に隠れてしまっていますが、これ以外にもメンマや青菜、刻みネギ、海苔などの具材も配されていて、箸休めとしての役割をきっちり果たしてくれました。

    nagomiya2223.jpg

    スープとともに主役としての存在感を放つのが、伝家の宝刀・多加水系の自家製手打ち麺。 やや太めの麺線が功を奏しているのか、歯を押し返すようなもっちりとした噛み応えを伝えます。 不揃いな縮れがスープをたっぷりと纏い上げ、跳ねるような啜り心地で手打ち麺の面目躍如たる魅力を楽しませてくれました。


    消費税率改定により商品の値上げを余儀なくされるお店も多いなか、こちらは全品お値段据え置きで頑張っておられます。 ご店主様の心意気に感謝を申し上げるのみです(〃∇〃)

    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2014/05/23 Fri. 15:48  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    # |
    2014/05/23 17:48 * edit *

    鍵コメさん

    時間帯によってスープの味わいも微妙に変化しますが、無化調誂えのスープはより顕著にその傾向が表れるかもしれませんね。

    お店で頂いたのはもう少し早い時間だったように思います( ̄∇ ̄;)
    でも、いつもと変わらぬ盤石の美味しさに満足です。

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2014/05/24 12:06 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/315-b539c107
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)