03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

    ボルドー 

    フレンチの世界で培った技巧を取り入れ、既存のスタイルに囚われない自由な発想で独自路線を突き進む『ボルドー』さんです。 ちょうど半年ぶりの訪問になりますが、気になる新作がリリースされているのことで調査してまいりました。

    borudo2236.jpg

    新作は夏期限定メニューになりますが、洋風センスでアレンジされた “ 変わり種 ” のようです。 昨年、一昨年と人気の品だった「冷や冷やしじみ麺」は、ついに頂く機会に恵まれないままメニュー落ちしてしまいましたが、そのリベンジの想いも込めてオーダーさせてもらいました。


    野菜クリームスープの冷やし麺
    750円

    borudo2237.jpg

    色彩感覚と美的センスに優れる華やかな盛り付けはさすがの一言。 いかにも夏らしい清涼感もたっぷり感じられますね♪

    borudo2239.jpg

    一見するとまるで野菜サラダのようなビジュアルにも見えますが、メンマや味玉、細切りチャーシューなどがラーメンであることのアイデンティティを訴えかけます。 もちろん見た目のみならず、納得の美味しさであることは言わずもがな。

    それら豊富な載せモノをかき分けますと、冷製野菜クリームスープに浸った多加水中細縮れ麺が出番を待ち構えています。

    borudo2240.jpg

    麺は通常の温かいラーメンと同様と思われますが、丁寧に冷水締めされることでコキュコキュとした小気味良い食感を手に入れます。 冷やされてもなお、麺そのものの美味しさが色褪せるようなことはなく、クリームスープとの相性もバッチリでした。

    とろみのある冷製野菜クリームスープは、まさにフレンチで言うところの “ ビシソワーズ ” で、ジャガイモなどの野菜を裏ごししたような独特の舌触りを持ちます。 ほんのりと動物系出汁の旨味を感じるところにラーメンらしさを見出すことも出来ますが、際立つようなアクセントや塩気は効かされておらず、野菜が持つ自然の旨味を最大限に活かした味作りがされているように思いました。


    アレンジの自由度が高いぶん個性やセンスが現われやすい冷やし系ですが、洋食のアプローチを巧みに取り入れた “ ボルドースタイル ” の真骨頂を楽しませてくれる一杯だと思います。 女性はもちろんのこと、独創性に富んだ美味しさに魅せられてしまう男性客がいたとしても、何ら不思議なことではないでしょう(〃∇〃)  





    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2014/06/02 Mon. 13:22  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/317-e499488b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)