03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

    麺家 銀二 

    郡山市堤の『麺家 銀二』さんを再訪いたしました。

    先月中旬にオープンされてからひと月足らずですが、ブログをはじめSNS等での反響も大きく、すでに人気店の仲間入りを果たされています。

    ginji2265.jpg

    開店当初は土・日曜日は通し営業とされていましたが、あまりの人気に仕込みが追い付かないのか、一ヶ月ほどは中休みを頂きながらの昼夜二部制を採られているようです。   

    14時頃でも店内には大勢のお客さんがおられ、会計の際にポイントカードを提示される方も多いことから、早くも固定客をがっちり掴んでおられるご様子ヽ( ̄▽ ̄) 


    味噌ラーメン
    780円

    ginji2266.jpg

    清湯系と白湯系のベーススープを揃えるこちらですが、味噌ラーは動物系に煮干しなどの魚介テイストをブレンドさせるダブルスープ仕立て。 味噌風味もしっかり活かしていますが、数十種類にも及ぶ食材を重ね合わせる旨味・風味は極めて複雑で濃厚です。  

    ほんの少しだけ感じる辛味と酸味がアクセントとなり、穏やかに味幅を広げてくれます。

    ginji2267.jpg

    大ぶりなバラ肉チャーシューは、食感の柔らかさと溶け出す脂身の甘みを味わえる逸品。 良質なお肉の美味しさで満足感を高めてくれるハズです(〃∇〃)

    ginji2268.jpg

    下茹でされたモヤシと粗微塵の玉ネギはシャキシャキっと瑞々しく、スープのオイリー感を和らげてくれるリフレッシュツール。 脇役的存在ですが、確実に一杯の完成度を押し上げているのです。  

    ginji2269.jpg

    滑らかな舌触りでスープを持ち上げる多加水中太麺。 咀嚼に疲れるようなごりごり系の噛み応えではなく、もっちりとした弾力が心地良い食感です。 特注スペックだけあって、適度にマイルド感を持つ味噌スープに寄り添うように調和します。 

    味噌+ニンニク風味で押し切るような古典的タイプとは相反するような今風の美味しさで、目を惹くような個性も充分感じさせる味噌ラーメンでした。


    さて、早くも夏季メニューが数量限定でリリースされているようですから、そちらも頂いてみようと思います。



    関連記事

    category: 郡山市

    Posted on 2014/06/11 Wed. 10:06  edit  |  tb: 0   cm: 0  

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/320-2f289aae
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)