07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    割烹 京枡 

    facebookに投稿されたレポを拝見して以来、ずっと気になっていた『割烹 京枡』さんを初めて訪問しました。 福島市方木田の閑静な住宅街で、実に30年以上にわたってご贔屓様に愛されてきた老舗割烹のようです。

    kyoumasu2389.jpg

    普段なら敷居の高さに尻込みしてしまうようなお店ですが、火曜~土曜日のランチタイムに限り、ちょっと珍しい麺料理が提供されているとお聞きして暖簾を潜る決意をした次第です(〃∇〃)

    kyoumasu2395.jpg

    こちらがそのちょっと珍しい品のお品書きになります。 食材は全て国内産の天然物にこだわっているそうですが、これら贅沢な魚介を用いた一杯が如何なる味なのか、私には想像すら付きませんw( ̄▽ ̄;)w 

    あれもこれも片っ端から頂いてみたい欲求に駆られつつ、まずは私の大好きな食材が使われているこの品を所望してみました。


    生うにワンタンメン(塩味)
    1080円

    kyoumasu2391.jpg

    お品の出来上がりを待っている間に、厨房から何かを炒めるような音が聞こえてはいたのですが、よもやのお野菜たっぷりタンメン仕立てでした∑( ̄ロ ̄|||)オオツ!?

    kyoumasu2392.jpg

    スープは動物系や乾物などを一切使わない魚介出汁だそうで、そこに炒められた椎茸、もやし、ニンジン、キャベツなど種々の野菜が投じられます。 塩仕立ての五目タンメンに近い味わいにも感じられますが、繊細で上品なお出汁の旨味に和食料理人の技が冴え渡っていました。

    ちなみに、出汁はその日仕入れた魚介によって毎日味が変わると言いますから、まさに一期一会の味わいですね♪

    kyoumasu2394.jpg

    麺は汎用の中華麺かと思いきや、特注スペックが奢られているようです。 強烈な個性を放つタイプでこそないものの、パツンとした弾力ある噛み応えも上々で、その存在感をしっかりと伝えてくるものでした。

    kyoumasu2393.jpg

    肝心のウニワンタンは、皮はやや厚めのものでツルンとした滑らかな舌触りはありません。 これは中に包まれている生ウニの風味を活かす為、あえて茹で時間を短めに抑えているからと思われます。 

    熱せられたせいか、さすがにウニの甘みまでは感じられませんでしたが、濃厚な風味はちゃんと残されていて、なんとも豪華なワンタンを心ゆくまで楽しませてもらいました。  


    和食の世界で培ったノウハウが惜しみなく注ぎ込まれた一杯は、おおよそ一般的なラーメンとは趣を異にしますが、滋味溢れる鮮魚出汁の美味しさは格別でした。 またいつか再訪してみようと思います(〃∇〃)


    関連記事

    category: 福島市

    Posted on 2014/07/19 Sat. 20:31  edit  |  tb: 0   cm: 2  

    コメント

    あ、ココ

    方木田公園の近くにあるお店ですネ。
    十数年前に4,5回程、宴会で利用しましたが
    店名が思い出せず(汗

    以前は「割烹」の肩書はなかったと思いますが、
    福島市北部で寿司店を経営されていたとか。

    魚介系は鮮度良く、特にトロには大将の
    拘りがあったと記憶してます。

    機会あれば行ってみます♪

    sachs #- | URL
    2014/07/20 09:29 * edit *

    sachsさん

    sachsさんもご訪問済みだったんですね(〃∇〃)
    いやいや、たまのご褒美に贅沢ラーメンも良いでもんですね~。
    機会があればランチの部にもお邪魔してみてください♪

    Iceman #Q.zvybpY | URL
    2014/07/20 21:58 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://eudaimonia.blog102.fc2.com/tb.php/331-b70aceb0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)